ロシアンブルーのロシ子の爪切りをしても...。


ロシ子に引っ掻かれた私の左手これは、私の左手なんですが、常に傷跡があるのです…。

この傷も、当然、ロシアンブルーのロシ子に、付けられた傷です。

傷跡のある、私の右手これは、私の右手…。

私は、コンタクトレンズをしているので、1日に、10回とか20回とか、もしかしたら、もっと、手を洗っているのかも知れないのですが、その為に、こんな風に、「あかぎれ」みたいになってしまっているのですが、この傷も、もともとは、ロシアンブルーのロシ子に付けられた傷から、こんな感じにまで、なってしまっているのです。

うちのロシ子は、本当に手間の掛からない子で、昨日も、書きましたが、尻尾をブラッシングすると、嫌がるのですが、その他の場所のブラッシングや、爪切りなんかも、嫌がる事なく、させてくれるので、少なくても、1週間に1回は、爪切りをしているのですが…。

という事で、ちょっと、ロシアンブルーのロシ子の爪を、チェックしてみました。
おとなしく爪を見せてくれるロシ子。ちょっとは動きますが、基本、おとなしく、爪を見せてくれる、ロシアンブルーのロシ子…。

昨日の昼間に、ちょっと、殴ってやって、シュンとしていたロシ子ですが、晩になったら、ほぼ普通の状態…。

本当にロシ子は、いい子です。
ロシアンブルーのロシ子の爪。「はーい、ロシ子、爪を見せてよー。」

これは、ロシアンブルーのロシ子の、左手の人差し指の爪です。

きっちり、爪は切っているので、先は尖っていないのですが…。
爪の角が尖っているロシ子。この矢印の部分の角っこが、鋭くなっていて、ここで、引っ掻かれている感じ…。

ロシ子が故意に、私を引っ掻く事は、まず、なくて、例えば、私を踏み台にして、他の場所へジャンプする時に、爪が引っかかったり、私の肩に登る時に、爪が引っかかったり…。

ほぼ、不可抗力なので、ロシアンブルーのロシ子は、悪くないのですが…。
ロシ子の左手の中指の爪。これは、ロシアンブルーのロシ子の、左手の中指の爪…。

やっぱり、角が尖っています。

角は、やすりでこすった方が良いのかなー?

でも、そこまでしたら、猫でなくなってしまって、どこにも登れなくなってしまいますよねー…。
ロシ子の左手の薬指の爪。これは、ロシ子の左手の、薬指の爪です。

どっちにしても、尖っているから、まぁ、引っ掻き傷を作られるのは、仕方がないと、あきらめないとダメですね…。

まぁ、ロシアンブルーのロシ子は、かわいいから、良いのですが…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です