初めて自動給餌器でご飯を食べた、ロシアンブルーのロシ子。


自動給餌器に興味を持つロシ子。今日は、水曜日という事で、ロシアンブルーのロシ子の体重測定の日で、その通り、体重を測ったのですが、今日は、もっと、大事なイベントがあったので、そちらを掲載します。

ロシアンブルーのロシ子に、初めて、自動給餌器で、お昼ご飯をあげてみました。

写真は、ロシアンブルーのロシ子が、早速、自動給餌器に興味を持っているシーンです。

自動給餌器を分解しました。この前も掲載しましたが、これが、自動給餌器で、セッティングをする為に、バラバラにしました。
自動給餌器の全貌直径約30cmと、かなり、でかいのです。

今日は、動画を、3本、準備しました。

まずは、この、自動給餌器のセッティングを終え、回転させている所です。

タイマーをONにした後の行動なので、ご飯をあげる時の様な回転ではなく、1回転していますが、まず、きちんと動くのか、確認をしてみました。

まずは、ちゃんと動いたので、ホッと、一安心…。

ご飯の時間になった時に、音声で、ロシアンブルーのロシ子に知らせる機能が付いていて、私の声で、「ロシ子ー、ご飯だよー、ロシ子ー、ご飯だよー」と呼びかけて、ご飯を知らせる様、私の声も、録音済みです。

そして、次は、ロシアンブルーのロシ子に、自動給餌器に慣れさせる為、持って上がったのですが、早速、「何者だッ???」と言う感じで、クンクンしたり、回りを観察したりする、ロシアンブルーのロシ子の様子です。

基本、ロシ子は臆病で、警戒心がすごいのですが、好奇心も旺盛で、見てると面白い、ロシアンブルーのロシ子です。

そして、最後は、実際に、自動給餌器が、設定時間に動作し、それに対して、ロシアンブルーのロシ子が、どんな反応をするのか、を撮ってみました。

午後1時に、お昼ご飯の時間を、セットしたのですが、今日は、私も用事があって、外出していたので、これも、初の試みなのですが、Webカメラのスケジュール機能で、12時50分から1時20分までの間を、撮ってみました。

6分程にまとめてみましたが、ちょっと、暗い為、見にくく、また、長いですが、良ければ、見てみて下さい。

ちょっと、恥ずかしいですが、私の声で、「ロシ子ー、ご飯だよー」って、ちゃんと、言ってくれてますね…

ちょっと、動画の編集の仕方が悪くて、私の声が、途中から始まっていたので、もう少し、前から、動画を始めればよかったと、残念でしたが、ちゃんと、音声で、ご飯の時間を知らせて、そして、見にくいですが、自動給餌器も、回転して、ご飯が出て来ているので、まずは、「良し」、です。

やはり、初めの数分は、ロシアンブルーのロシ子も、「何事が起こったー???」と、疑心暗鬼な感じが、面白いのですが、なかなか、適応力も高く、ご飯を食べる様子が見れて、良かったです。

そして、その内に、調子に乗って来て、カリカリを手で、皿から外に出し食べる、という、悪戯心まで発揮して、まずは、自動給餌器に慣れてくれた様で、良かったです。

私が帰ってから、自動給餌器を見てみると、ちゃんと、食べてくれていました。

なかなか、この自動給餌器、使えます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です