我が家の猫たちの「ペットくぐ〜る」の通り方比較。

かわいいロシ子。まずは、我が家のロシ子の癒しの写真の数々から…、これは、おとといの晩のロシ子ですが、かわいくお座りをしていたロシ子ちゃん。

この日は少しだけ蒸し暑かったのか、エアコンの除湿を付けていたので、戸を閉めて「ペットくぐ〜る」状態にしていたのです。

3年以上の付き合いのロシ子。もうロシ子とも3年以上の付き合いになるので、たまに私に話しかける様に鳴いてくれたりと、すっかり、私に対して信用を置いてくれているロシ子なのです。

小さいロシ子。こうして転がると、ロシ子も大きく見えますが、しかし、やはりロシ子は小柄なロシアンブルーの女の子で、とってもかわいい…。

男の子のアビのすけは大きいし、骨ばっているし、風貌的には、やっぱりロシ子の方がかわいいなぁ〜…。

昨日の晩のロシ子さん。これは、昨日の晩のロシ子ですね…、私がいない時には、もう一つのソファーの上にある猫ベットで寝ている事が多いロシ子ですが、私がいる時は、私がそのソファーにもたれている事が多いので、ロシ子はこっちのソファーの上の毛布の上で寛ぐ事が多いのです。

穏やかなロシアンブルー。本当にロシ子は穏やかなのです…、私が頭を撫でたり、体を撫でたりしても、ロシ子はまったり、気持ち良さそうにしているのです。

アビのすけだったら、撫でたら構って貰えると思うのか、遊んでくれとすぐに動き出してしまうのです。

お眠寸前のロシ子ちゃん。お眠寸前のロシ子ちゃん…、ロシ子にたくさんの癒しを貰っている私です。

そして、タイトルにもありますが、2日がかりで猫たちが「ペットくぐ〜る」を通り抜ける所を撮りました。

アビのすけはとっても上手に「ペットくぐ〜る」を通り抜けれる様になったのですが、ロシ子は「トントン、トントン」と「ペットくぐ〜る」の戸を何回か叩いてから通るので、ちょっと鈍臭いロシ子の様子を撮っておきたかったのです。

ご覧の通り、アビのすけの「ペットくぐ〜る」の通り抜け方は完璧で、手や肘で戸を押して、ロスなく1回で音も立てずに通り抜けるのですが、ロシ子はちょっと鈍臭いかな…。

ロシ子も急いでいる時は、一気に「ペットくぐ〜る」を通っていくのですが、普段はこんな感じで、少し時間を掛けて「ペットくぐ〜る」を通っているのです。

時間が経てば、アビのすけの様にきれいに上手に通ってくれるかなぁ〜…、既に「ペットくぐ〜る」を設置して1ヶ月が経つのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です