江戸時代の奥方様の様…、三つ指付いてお待ち下さるロシ子様。

甘えん坊のロシ子ちゃん。これは、3日前の晩のロシ子ちゃん…、本当にロシ子は甘えん坊さんで、この日も私の膝の上にちょこん…。

こんな事を飼主が言うのも自惚れかも知れませんが、ロシ子、よっぽど、私の事が好きなんだなぁ〜…。

ウットリとしたロシ子の顔。うっとりとしたロシ子の表情…、ほんと、安心し切って、この場所で寛いでいるのです。

ロシ子をなでなで。ロシ子の頬骨の辺りをスリスリ…、アビのすけもそうですが、猫って、頬骨を擦られると、気持ちが良いみたい…、ロシ子が幸せなら、私も幸せだぞ…。

ロシ子がお待ちかね。そして、この日の晩、夜中の1時前の事だったと思いますが、そろそろ私、寝ようかと思って、ベットに向かうと、既にロシ子がお待ちかね。(笑)

私が布団に入って、ロシ子を招く為に布団をちょっと浮かせてあげるのを、今か、今かと待っているかの様で、とっても笑えた。(笑)

江戸時代のおなごの様なロシ子さん。最近は時代劇も見ていませんが、まるで、床(とこ)に入るご主人様を、三つ指を付いてお待ちしている、江戸時代か明治時代の奥方様かの様なロシ子様…、めっちゃ、笑えた…。

最近は、毎晩、布団で一緒に寝てくれているロシ子なのですが、この日も、私が布団を浮かせてあげると、すんなり、喜んで布団に入って来て、私の左の腕枕でお休みになったロシ子ちゃんでした。

今日もロシ子は咳をしてしまいました…、私、かなりショック…。

これは、今日の午後6時過ぎの事でしたが、いつもの様に、ロシ子は1階の私の仕事部屋の戸の前で「にゃん」って一鳴きして、それで、私はロシ子を仕事部屋に招き入れ、私の膝の上で寝ていたロシ子だったのですが、突然、私の膝からフローリングの上に下り立ったと思ったら、この状態…。

毎日、連続のロシ子の咳…、こんな状態なら、その内に、1日1回が1日に2回になるんじゃないかと、私は本当に気が重くなっているのです。

でも、咳をしている時以外は、とっても元気なロシ子だし、気管支拡張剤を飲ませる気はないし、一体、どうなんだろう…、何にもしてあげる事が出来ない飼主です…。

江戸時代の奥方様の様…、三つ指付いてお待ち下さるロシ子様。」への2件のフィードバック

  1. ゆき

    ロシコちゃん可愛いいですね。咳、早く治るといいですね。うちの猫くんも、咳が1日2回、3回あった時は息をとめて見守る気分でした。病院でステロイドの注射を1回打って以来、咳は見事になくなりました。
    それから去勢手術後にまた久々の咳が出始めて、‥………本来なら打つ注射の液を、ごはんに混ぜてたべさせる。という処方で、またまた咳はおさまりました。今は全く咳はしなくなりました。よくなりますように。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ゆきさん、初めまして。この度は、ロシ子のブログをご覧下さり、コメントを下さいまして、有難うございます。

      そうなんですね、ゆきさんの所の猫くんも、酷い咳だったんですね。
      ステロイドの注射を1回、打っただけで、咳をしなくなったなんて、貴重なご意見を有難うございます。
      我が家のロシ子にも、もっと酷くなった場合には、ステロイドも考えているのですが、現段階では、動物病院の先生も、そこまでする必要はないとの事で、ステロイドはまだなのです。
      でも、日々、ロシ子の咳の様子を間近で見ていると、ゆきさんのご意見に、グッと傾いてしまいます。
      ステロイドは、私が過度に考えている所もあって、なかなか、躊躇してしまってます。
      何とか、これ以上は、ロシ子の咳が酷くなって欲しくないのですが、もしもの場合は、ゆきさんのご経験を参考にさせて頂こうと思います。
      本日は、貴重な経験談を、有難うございました! 今後も、宜しくお願い致します!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です