激しく遊んでいる姿を撮ろうと思ったのに…。


ロシ子、遊んで!これは、3日前の晩遅くの事でしたが、この写真を撮る直前まで、ロシ子は爆発的に遊んでいたのです。

写真では、キャットトンネルが横向きになってますが、縦向きに置いてあったトンネルに、こっちから走り込んでヘッドスライディングをして、そして、右手前のおもちゃの中に手を突っ込んで、ロシ子は激しく遊んでいたのですが、私がカメラを向けた瞬間、遊びが止まってしまって…。

遊びを再開してくれない。ロシ子、私が視線を向けると遊べないのかと思い、私は視線を逸らしつつも、横目でロシ子の様子を見ていたのですが、数分経ってもロシ子は遊んでくれず…。

ロシ子の元気な様子が撮りたくて、穏やかなロシ子が激しく楽しそうに遊んでいる姿が撮りたくて、ずぅ〜っとデジカメを構えていたのですが…。

つい、私、「来たんかよ…、お前…。」ってロシ子に言ってしまったのですが、我慢比べの末、痺れを来たしたロシ子は、こっちに走り寄って来てしまいました。 その後は微動だにせず…。(笑) 

ロシ子が元気いっぱいに遊んでくれていると、私は本当に嬉しいのです…!


激しく遊んでいる姿を撮ろうと思ったのに…。」への2件のフィードバック

  1. 鮮やかな黄色のトンネルを背にしたロシアンブルーのロシ子ちゃん。
    猫って良いタイミングと思ってカメラを向けると途端にこちらの思いと逆の行動をします。
    静止画を撮ろうとすると動いたり、動画を撮ろうとすると止まったり。
    でもロシ子ちゃんがトンネルに入ったり出たりして激しく遊んでいたのは想像ができます。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      おっしゃる通りですよね。
      思う様に動いてくれないからこそ、かわいいのかも知れませんね。
      はい、ロシ子がめちゃくちゃ張り切って遊んでいるのを見ると、何か、嬉しくなってしまう私です。(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です