昨晩で、ロシ子の2週間に渡るステロイド処方が完了しました。


かわいいロシ子ちゃん。昨晩、2週間に渡る、ロシアンブルーのロシ子ちゃんのステロイド処方が、一旦、終了しましたので、今日は、その事をアップさせて頂きます。

これは、昨日の晩の8時過ぎ、猫たちの晩ご飯前、ロシ子に薬を飲ませるとこ。

嫌がる事のないロシ子ちゃん。ステロイドが嫌なら、この場面でロシ子は逃げてしまうと思うのですが、当初から、ロシ子は嫌がる事も、逃げる事もなく、まぁ、私がロシ子の口を開けて、ステロイドを投下するだけの事なので、ロシ子が味を感じる事もないのですが、それでも、素直に薬を飲んでくれて、私は助かっているのです。

ステロイドと胃薬。そして、一応、ステロイドの「プレドニゾロン1mg」と、胃薬の「オメプラゾール」の写真。

薬の写真。もう1枚。

いじめている訳ではありません。そして、一見、私がロシ子をいじめている様に見える写真ですが、愛しいロシ子ちゃんを、私がいじめる訳がございません。(笑)

この後、ロシ子のお口をあ~んして、まずはステロイドを投下…、引き続き、胃薬を投下…。

ロシ子のお口を開ける時、ロシ子も頑張って、口を開けない様に歯を食いしばっていたのですが、私も負けじとロシ子の口をこじ開けて、薬を飲ませたのですが、その後の晩ご飯がとっても楽しみなので、ロシ子が根に持つ事は皆無なのです。

飲み干した薬の袋。そして、飲み干した、2週間分のステロイドと胃薬の袋…、今回も、飲ませ忘れがない様に、毎回、飲ませた記録を付けていました。

この2週間のステロイド処方の結果ですが、9/28(木)の晩から、ロシアンブルーのロシ子ちゃんにステロイドを飲ませて来たのですが、3日目の10/1(日)の午後6時半頃に、1回だけ、喘息の咳をしただけで、それ以外、咳はなし。

気になるステロイドの副作用、例えば、嘔吐であるとか、下痢であるとかも一切なく、とっても良い結果となりました。

今日、ロシ子を動物病院に連れて行って来て、レントゲンを撮って来たのですが、その様子は、明日のこの、ロシアンブルーのロシ子のブログにアップさせて頂きます。

PS. 私は今日はご機嫌さんだったのですが、残念ながら、ロシ子、今晩、咳をしてしまいました…。(涙)


ロシ子、無事、2週間のステロイド処方を終えて、ホッとしたのかな…、あるいは、動物病院に行って、ホッとしたのかな…、ロシ子の喘息の咳のしんどそうな表情を見て、私、一気に、憂鬱になってしまいました。(波)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です