ロシ子のワクチン注射に行って来ました。


敏感なロシ子さん。これは昨日のお昼前の事ですが、4年前の4/7(日)、おととしの5/10(土)、そして、去年の5/12(火)に引き続き、ロシ子が我が家に来てから4回目のワクチン注射を打ってもらう為、ロシ子を動物病院に連れて行って来ました。

動物病院にロシ子を連れて行こうと籠を取り出して来たら、やっぱりロシ子はベットの方に逃げてしまい、私がベットの方に行ったら、ロシ子、ここに逃げ戻って来たのです。

緊張しているロシ子さん。本当にロシ子は敏感な子…、それに引き換え、アビのすけはここから一歩も動いてませんでしたよ。

うつむいているロシ子さん。うつむいてしまったロシ子さん…、ロシ子、ごめんだけど、動物病院に行こうね…。

らいおん動物病院。そして、毎年、ロシ子のワクチン注射をして頂いている、らいおん動物病院さんに到着。

慣れているロシ子さん。こちらの動物病院さんには、ロシ子も何回も来た事があるので、静かにしていたロシ子さん…、と言うか、ロシ子はどこの病院でも、いつもおとなしくしてくれてるね。

早速、ロシ子の診察。ちょうど、前の患者さんの診察が終わった所で、すぐに診察室に通されました…、ラッキー…!

歯茎を診察されるロシ子。まずは、一般的な診察がスタート…、猫の健康のバロメーターである歯茎をチェックされ、ロシ子の歯茎、ちょっと赤みを帯びている事を指摘されて…。

病気持ちのロシ子さん。毎晩、欠かさず、ロシ子の歯磨きをしているので、ロシ子の歯茎が赤みを帯びている事は分かっているのですが、歯茎の事も、色んな動物病院に行って、色んな薬を処方されて、ロシ子に塗って来たのですが、ロシ子の左側の歯茎の赤みが完全に引かないのです…、右側はとってもきれいなピンク色の歯茎なのに…。

ロシ子はとっても元気でかわいい子なのですが、子猫の頃の膝蓋骨脱臼に始まって、歯茎の事や喘息の事など、色々と病気持ちなので心配なのです…。

聴診器でロシ子の肺の音を。歯茎のチェックに引き続き、聴診器でロシ子の肺の音を聞いて頂いてます。

昨日の朝早くに、ロシ子はまたぜぇーぜぇーしてしまってたし、今日の朝もぜぇーぜぇ―してしまって、先生からは、生活に支障をきたす様になったら、ステロイドを使わなければいけない旨、言われているのですが、ステロイドは使いたくないし、とっても心配…。

ちょっと、今朝のロシ子の喘息の症状の動画を挟ませて頂きます。

いきなり、パソコンのWebカメラの音声から、ロシ子が酷くぜぇーぜぇーする音が聞こえて来て、私は焦ってWebカメラを動かしまくってロシ子を探して…。

まだ、生活全般に影響が及ぶ程の喘息の症状ではないので、大丈夫だとは思っているのですが、実際にこんな様子を見てしまうと、本当に心配になってしまいます…。

ロシ子のワクチン注射。話を戻しまして、いきなり、ロシ子にワクチン注射を打っている写真になってしまいましたが、今回は珍しく、ロシ子、注射を打たれた瞬間に、「ニャ」ってひと鳴きしてしまいました…。

過去の3回の注射の時には、一言も鳴いた事がなかったロシ子だったのですが、ロシ子、痛かったのかい…、ごめんね…。

注射が終わったロシ子。ワクチン注射が終わったロシ子ちゃん…、注射を打っている針先を見ていたので、ひと鳴きした瞬間のロシ子の顔を見ていなかったのですが、ロシ子、もう大丈夫だからね…。

帰りの車中のロシ子さん。そしてこれは、帰りの車中のロシ子ですが、行きしは全く鳴かなかったロシ子だったのに、帰りしはすごく鳴いてしまって…。

今年のアビのすけは大丈夫だったのですが、去年のアビのすけは、ワクチン注射後に家でぐったりしてしまった事があって、今回、ロシ子はひと鳴きした事もあって、ロシ子の体調が心配になって、籠の中に手を突っ込んで、ロシ子を撫で撫でしながら帰ったのです。

家に帰って来たロシ子。そして、家に帰って来たロシ子ちゃん…、ワクチン注射が終わって、ロシ子を籠の中に入れた時に、私の手が濡れていたので、ロシ子、おしっこを漏らしたのかな、なんて思っていたのですが、注射を打った所が濡れていたんですね。

ペロペロするロシ子さん。きれい好きな猫ちゃんなので、その濡れている部分が気になったのか、必死に舐めていたロシ子ちゃん…、ロシ子、お疲れさんでしたね。

予防接種証明書。そして一応、予防接種証明書をアップしておこう…! これで1年間、ロシ子、元気でいられるね…、良かったね…!

爆睡していたロシ子さん。ワクチン注射後、お昼ご飯もしっかり完食していたロシ子でしたので、ワクチン注射の副作用は出てないと安心していたのですが、夕方、ロシ子をWebカメラで見てみたら、あまりにも爆睡していたので、またまた大丈夫かと心配になってしまった私でしたが、その後、晩ご飯もしっかりと食べてくれて、何事もなく、ホッとした心配性の私でした…。


スポンサーリンク

ロシ子のワクチン注射に行って来ました。」への2件のフィードバック

  1. ワクチン接種お疲れ様でした。
    ロシ子ちゃん、お出かけの気配を感じると逃げるのですね。
    猫にとっては、お出かけは怖いのですね。

    ロシ子ちゃん、1月6日生まれなのですね。
    ちょうどお正月気分に一区切りがつく頃ですね。
    ロシ子ちゃんの咳のこともあるし、ちょうど良い時にワクチン接種だったのではないかと思います。
    それにしても行きは静かにしていて帰りは大騒ぎとは意外でした。
    うちの猫たちは、行きは大騒ぎしますが、帰りはわかるらしくて静かにしています。

    ワクチン接種証明書で「性別」の欄は“避妊”になっているのですね。
    男の子だったら“去勢”になるのでしょうか。
    こういう表記もあるのだなあと知りました。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      ロシ子はとっても敏感で、ちょっと臆病な所もありますので、やはりお出かけは嫌がります。
      しかし、アビのすけはもっともっと臆病者ですので、私としては、ロシ子は落ち着いている方ではないかなって思っています。
      昨日、ワクチン注射を打って来ましたが、早速、今朝、ロシ子はぜんそくの症状を起こしてしまいまして、本当にどうしたら良いのか、悩んでしまいます…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です