ロシ子を動物病院へ、ステロイド治療を決断しました…!


緊張のロシ子ちゃん。おとといの8/29(火)に、ロシ子を動物病院に連れて行って来ました…、1日遅れになりましたが、今日は、その様子をアップさせて頂きます。

これは、おとといの午前11時過ぎ…、この日は、午前11時30分から、動物病院の予約を取っていて、そろそろ、ロシ子を動物病院に連れて行こうと思って、ロシ子に近付くと、ロシ子、自分に忌まわしい事が起こるのを察知して、固まってた…。(笑)

車の中のロシ子の様子。そして、ロシ子と共に、動物病院に向けて出発…、車の中でのロシ子ちゃん、かなり緊張していた…。

ロシ子のレントゲン。そして、早速ですが、これ、ロシ子のレントゲン写真…、今回の診察は、前回の、約10日前の8/20(日)の診察時に予約を取っておいたのですが、我が家の主治医のネクスト動物医療センターに。

そして、このレントゲン写真は、8/20に撮ったものなのか、あるいは、今年の初めの1/22に撮ったものなのか、つまり、ロシ子の喘息の咳が悪化する、ビフォーの写真なのか、アフターの写真なのか…、聞き逃してしまった…。

と言うか、直近の状況か、8か月前の状況か、つまり、状況が悪化する前のレントゲン写真なのか、状況が悪化した後のレントゲン写真なのか、素人の私では、見分けが付かないレベルのレントゲンなのですが…。

1/22のレントゲン写真。そしてこれは、間違いなく、今年の1/22に撮った、ロシ子のレントゲン写真…、白い霞みが薄く、また、白の霞みがドーナツ状になってて、この時は、まだ、真剣に治療をしなくても良い状況だったとの、先生からのご説明。

アフターのレントゲン写真。そしてこれは、先日の、8/20に撮ったレントゲン写真…、白い霞みが濃くなってて、おまけに、白い霞みが、ベタっと筆で書いた様な感じに…。

先生によると、一過性で、この様にレントゲンに写った可能性もあるので、確実とは言えないが、でも、この状況が実際なら、そろそろ、真剣に治療を始めなければいけないとのご説明。

ロシ子の体重は3.72kg。診察室で、ロシ子を籠の中に入れっぱなしの状態で、先生に、ロシ子の喘息の咳や、ステロイドの事を聞きまくって、あまりにもロシ子が静かにしていたので、ロシ子を連れて来ていた事を忘れていた程で…。

20分以上、先生から、ロシ子の状況と、ステロイドの危険性に関して話を聞いていて、そろそろ私、帰ろうかと思ったら、先生が、ロシ子の診察をさせてとの事で…、私、恥ずかしかったのですが、ロシ子を籠から出して、まずは、体重測定…、ロシ子の体重は3.72gで、この日の朝一番に、我が家で測ったのが3,711gなので、ほぼ正解。

ロシ子の触診。そして、ロシ子の触診…、先日、8/20(日)に、他の先生にロシ子のお腹を触って貰った時に、おしっこが溜まってる旨、言われて、それを院長先生に伝えたら、今日はおしっこをして来た様ですよ、との事で…、安心した…。

ロシ子に聴診器。そして、引き続き、ロシ子に聴診器を…、特に雑音もなく、ロシ子の肺も心臓も、問題なかろうとの事…、良かった、良かった。

院長先生からは、ほんと、色々なお話を伺いましたが、やはり、人気のある動物病院の院長先生だけあって、説明能力が高い…、私の疑問や質問にも、しっかりとお答え頂き、ステロイドの事も、ほんと、色々な事を聞かせて頂き…。

ブログには書き切れませんが、猫は、人間や犬と比較しても、ステロイドに対しての抵抗性がとても強いとの事、また、ステロイドの治療に入るに当たっては、ロシ子が嘔吐した事が気になっておられ、胃や食道が荒れた状況のままでは、ステロイドは逆効果になるので、慎重に進めましょうとの事で、私も納得。

来週は私、バタバタしていて、動物病院に来れないので、再来週の9/11(月)に、院長先生で予約を取らせて頂き、それまでの間は、ロシ子が吐かないか、療法食は問題ないか、しっかりと確認した上で、寄らせて頂く事になりました。

鳴いちゃったロシ子。そして、帰りしの車の中でのロシ子ちゃん…、ちょっと疲れたかな、鳴いちゃいました…。

ごめんね、ロシ子…。(涙)

そして最後に、今日のロシ子の喘息の咳の様子…。

今日はロシ子、3回、咳をしたのですが、まず、その1回目…、今朝の8時前の事でした…。

そしてこれは、今日の2回目の咳と、3回目の咳…。

晩の9時過ぎに、晩ご飯を食べている最中に咳をして、そして、約15分後位に、ご飯を食べ終わった後にも咳をして…。

少し前までは、1日1回の咳か、それ以下が当たり前だったのに、最近は、1日に複数回、咳をするのが当たり前になって来て、やはり、ロシ子の喘息の咳の治療を、真剣にしなければ行けない…。

先生は、私がステロイドに対して、とっても警戒しているのを分かって下さっているので、慎重に、慎重に、ロシ子にステロイドの治療をしてくれる事だと信じています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です