私がしている、新しいロシ子の歯茎の治療の様子。


ロシ子の歯茎の治療。おととい、ロシ子の歯茎を診て頂く為に、芦屋のネクスト動物病院さんに行って来て、おととい、昨日と、このロシ子のブログで、動物病院での診察の様子や、頂いて来た薬などのご紹介をさせて頂きましたが、今日は、私が今、ロシ子にしている、現在の歯茎の治療の様子をアップさせて頂こうと思います。

これはおとといの晩、動物病院に行って来たその日の晩から、ロシ子に新たな歯茎の治療を開始しました。

まずは、いつもの通りの歯ブラシでの歯磨きですが、この日からは、歯周ポケット用の歯ブラシで歯磨きです。

歯に詰まらせてるロシ子。歯を磨こうと思って、ロシ子の口を開けたら、いきなり、大量に歯にご飯を詰めていたぞ…、これは良くない…、これを1時間とか2時間とか、あるいは1日中、放置しておいたら、絶対に歯が悪くなる…。

ロシ子に歯磨きを始めるまでの、今年の5月までの2年半弱、こんな感じで歯に詰まらせ続けて来たのかも知れず、ロシ子の歯茎が悪くなったのは、私のせいだなぁ〜…、ごめんね、ロシ子…。

歯磨きが終わったロシ子ちゃん。そして、歯に詰まっていた物を爪楊枝で取って、この日、動物病院で買って来た歯周ポケット用の歯ブラシで、早速、歯周ポケットの中のゴミを掻き出す気持ちで歯磨きをして、これは、歯磨きが終わったロシ子の様子…、ロシ子、ちょっと不細工な顔になっていますが、無理から押さえ付けてる訳ではありません。

ロシ子の新しい薬の塗布。そして、新しいロシ子の歯茎の為の薬を、ロシ子に塗りますよ…、これ、ロシ子の歯周炎治療の抗生物質、「ぺリオフィール」の軟膏…、注射器の様にプッシュして、塗る分を押し出すのです。

ロシ子の薬、ぺリオフィール。薬を押し出す力加減が分からず、軽くピストンを押し出したつもりだったのですが、思った以上に出てしまった…、ロシ子の歯茎の為の貴重な薬なのだから、大事に大事に使わねば…。

ぺリオフィールの軟膏。このぺリオフィールの軟膏を綿棒に出して、この綿棒でロシ子の歯茎に塗り込む作戦なのですが、薬の色は黄色いんですね…、効くかも…。

ロシ子の歯茎に塗り込みます。そして、ロシ子の歯茎にぺリオフィールの軟膏を塗りました。

初めてする事って、段取りが分からずに手間取る事も多いのですが、1回したので、今後は簡単に出来ると思います。

しかし、この薬…、効きそうな感じもするけれど、効くかなぁ〜…、5月からの8ヶ月間程、ロシ子に色々な歯茎のケアーをして来たのですが、なかなか、私が満足出来る程の成果が出なかったので、正直、不安も多いのですが、とにかく、続けて行くしかありません。

1日2回の軟膏の塗布。そしてこれは、翌日の朝、つまり、昨日の朝の事ですが、ロシ子のこのぺリオフィールでのエアは、1日に2回しなければいけないのです。

ですので、朝、ロシ子に朝ご飯を食べさせた後、歯磨き粉は付けていないですが、歯周ポケット用の歯ブラシで軽く歯を磨いて、詰まっている物も取った上で、写真の通り、このぺリオフィールをほんの少しだけプッシュして、ロシ子の歯茎に塗っているのです。

赤くなっているロシ子の歯茎。まだ、歯と歯茎の際の所が、細く線が引かれた様に赤くなっていますが、これが治ってピンク色になって欲しいのです。

ロシ子、頑張って、歯茎のケアをして行こな…、頑張れよ…!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です