バタバタの中、ロシ子を動物病院に連れて行って来ました。


ロシ子の薬の服用記録。まずは、9/20(火)に飲み終わった、前回の気管支拡張剤の投薬記録から。

ロシ子に薬を飲ませた記録を記しながら、赤字で書いているのは、ロシ子が咳をしてしまった記録なのですが、3週間で10回の咳をしてしまったんだなぁ〜…。

一時は、毎日、咳をしていて、その時よりかはましになっているのですが、やはり、気管支拡張剤は、咳を抑える為の薬なので、根本的な解決にはなっていないし、根本的な解決を求める事も出来ないんだよなぁ〜…。

動物病院のロシ子。そしていきなりですが、ロシ子が動物病院の診察室にいる写真。

今日は私、バタバタで、午前中に京都で仕事をして、引き続き、大阪で所用を済ませ、午後3時過ぎに神戸に戻って来たのですが、段取り的に、それから雨の中、10km走り、5時30分から動物病院の予約を取っていたので、急いでロシ子を動物病院に連れて来て、ギリギリ間に合ったって感じ。

今日は、前回から引き続き、ロシ子に喘息の治療をする以前の問題…、肝臓の数値が正常に戻っているかの検査の為の来院。

ロシ子の体重は3.70kg。先生が来られる前に、看護師の方に体重を測って貰って、ロシ子の体重は3.70kgで、前回は3.82kgだったので、しっかりダイエットの効果が出てるぞ。

そして、看護師さんからロシ子の状態のヒアリングを受けたので、きっちりとお答えさせて頂きました…、喘息の咳に関しては、相変らずの状態で、それ以外は、至って健康とお伝えしました。

うろうろするロシ子。ロシ子はとっても穏やかな子ですが、やはり動物病院に来ると、気になる物が色々とある様で、探検をしたいロシ子ちゃん。

活動的なロシ子ちゃん。ウロウロ…、クンクン…、活動的に動き回るロシ子ちゃん。

ロシ子の採血です。そして、院長先生が来られて、いつも通りの色々な検査をして貰い、聴診器でロシ子の肺の音を聞いて頂いて、結果、問題なし…、前回も、前々回も、その時の様子は写真に撮ってアップしてますので、今回は写真は撮らず、採血の写真へと移ります。

血が抜かれてるロシ子。注射器の中にロシ子の血が吸われて行ってますが、今回もロシ子は、注射針を足に刺されても、うんともすんとも言わず、顔色一つ変えず、本当に女の子は強い。

男の子のアビのすけだったら、それはそれは、間違いなく鳴きまくりの大騒ぎをしていた事だと思いますが、本当に、ロシ子の線の太さを感じます。

ロシ子の採血が終了。そして、注射器の中に満タンにロシ子の血が入り、ロシ子の採血が終了…、ロシ子、今回もお疲れさんだったね…。

ロシ子の血液検査の結果。そして、今回のロシ子の血液検査の結果表です。

ロシ子の肝臓の数値ですが、今回も、強肝剤を飲まずに3週間を過ごし、その結果、GPTの数値になりますが、「103」で、一応、基準値は22〜84なので、ちょっとだけ基準値、正常値をオーバーという結果…。

それでも、一番最初に検査をした7/18は「208」で、3週間、強肝剤を飲ませた結果、8/4の検査時には、正常値の「80」になったのですが、また強肝臓なしで3週間を過ごした結果、前回の8/29の血液検査では「120」に上がり、今回、また3週間、強肝剤を飲ませずに過ごして「103」という数字なので、正常値はオーバーしているのですが、まぁ、前回よりかは下がっているという事で、今度は2ヶ月後に血液検査をする事になりました。

今回のロシ子の薬。そして、今回、動物病院で頂いて来た薬がこれだけ…、今回も強肝剤はなしでロシ子に過ごして貰う事になったのですが、気管支拡張剤については、継続して飲ませる事になりました。

ロシ子の気管支拡張剤。2ヶ月間、毎日朝晩の1日2回の投薬になりますので、2袋のこれだけの量の気管支拡張剤…。

先生に、1日2回の所を、1回ではダメなのかお伺いさせて頂きましたが、基本は1日2回の投薬で効果が出る薬との事で、気管支拡張剤は、ロシ子の体に副作用は生じさせないので、まぁ、良いのですが…。

それでも、毎日、毎日、ロシ子に薬を飲ませるのは、気分的に、何か私も気が引けてしまうのですが、それでもロシ子の健康の為、苦痛を取り除く為の事なので、ロシ子には可哀想ですが、飲んで貰うしかありません…。

最後、動物病院から頂いて来た薬は、昨日の晩から飲ませ始めたのですが、その前の昨日の晩ご飯前に、またまたロシ子が、突然、喘息の咳をしてしまいました…。

前回はおとといに咳をしたので、2日ぶりの事になりますが、もう何回も何回も、ロシ子の咳を見てますが、本当に心が痛い…、ロシ子がかわいいからこそ、心が痛いのです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です