ロシ子を動物病院に連れて行って来ました。【後編】


レントゲン写真①昨日からの続きです…、早速ですが、昨日、動物病院で撮って頂いたロシ子のレントゲン写真。

左側が今回で、右側は前回の12/30(土)の分ですが、まず、先生がおっしゃったのは、良くなっているとの事…、先生にも申し上げたのですが、素人の私には左右の画像の違いが分からなかったのですが、専門家の先生がおっしゃった事なので、素直に嬉しかった私。

今回のロシ子のレントゲン。これは、今回のロシ子のレントゲン写真ですが、以前のレントゲン写真を見ずに、このレントゲン写真を単体で見る分には、靄(もや)が掛かっていない部分もあるので、快方に向かっている様に見える…。

下から撮ったレントゲン写真。そしてこれは、ロシ子を下方向から撮ったレントゲン写真…、同じく、左側が今回の分で、右側が前回の分。

ロシ子のレントゲン写真。約3年前に買った、古いcanonのデジカメで撮ったので、写真の撮れ方にもよると思いますが、この写真を見ると、今回の左の方が靄(もや)と言うか、霞(かすみ)が掛かっている様に見える…、でも、先生もしっかりとこのレントゲンを見ての判断だろうから、その先生の言葉を信じるしかない。

血液検査の結果。そしてこれは、ロシ子の血液検査の結果表…、ステロイドの副作用は、腎臓と肝臓と糖尿の、主にこの3つの数値で判断が出来るとの事で、GLU(糖尿)、BNUやCRE(腎臓)、GPTやGOTやALP(肝臓)の数値も、正常値の範囲内にあって、ロシ子にステロイドの副作用の兆候は見られないとの事で、私はこれが、一番、嬉しかった。

今回のロシ子ちゃんの薬。そしてこれは、昨日、家に帰って来てから撮った写真ですが、今回、頂いて来た、ロシ子のお薬…、右側がステロイドのプレドニゾロン、左側が胃薬のオメプラゾール。

前回と同様、ステロイドのプレドニゾロンは、これを半分に割って、1日2回、朝と晩に…、そして、胃薬のオメプラゾールは、同じく、これを割って、朝だけ、ロシ子に飲ませるのですが、今回のステロイドは30日分と多く、とうとう、プレドニゾロンまで、割っていない状態のものを渡されてしまいました。

ロシ子ちゃんのお薬です。取り敢えず、もう1ヵ月だけ様子を見ようとの事で、前回と同じステロイド処方になりましたが、色々と先生にお伺いしたのですが、最終的に、ステロイドを全く飲まない状態になるのは難しいとの事…、そして、今のステロイドの量をずっと飲み続けると、やはり副作用が起こって来るとの事で、何とか、プレドニゾロンを1日で2.5g以下にはしたいとの事…、えっ、2.5gって、もっと減らせられないの…?

また、今回の1ヵ月が順調に終わったら、少しずつステロイドを減らしながら、自宅で吸入(ネブライザー)療法に移行するとの事で、吸入器(ネブライザー)も準備する様に言われました。

「新鋭」と言うメーカーの物が良いらしく、購入に当たっての注意点が2点…、1つ目は、水だけの加湿器的な物ではなくて、薬剤を入れられる物…、2つ目は超音波式の物で、価格は3万円から6万円位の物が良いとの事。

ロシ子の健康の為なので、躊躇なく、喜んでネブライザーを購入するつもりですが、昨日の動物病院への支払いも2.4万円程で、ロシ子の健康や命はお金には代えられませんが、今後、自宅で吸入をする様になっても、動物病院から薬剤を購入する訳で、また、毎日、あるいは2日に1回のペースで吸入をさせるとの事だったので、ネブライザーの薬剤は高いだろうから、私も頑張って働かなければいけません…。(笑)

ちなみに、前回、動物病院で吸入をした時の薬剤をお聞きし、アミカシン アレベールと言う拡張剤と、レキサメサゾンと言う消炎剤との事だったのですが、ネットで調べたら、アミカシンとアレベールは別の薬剤の様だし、レキサメサゾンは「デキサメタゾン」ってネットに出てて、薬の調合とかは企業秘密なのかも知れないけど、何となく、教えたくなさそうにしておられたなぁ~…。

そして、余談ですが、昨日の夕方、ロシ子、危うく、咳をする所だったのです…。

これは、昨日の午後6時頃の事でしたが、ロシ子、いつもの通り、私の太ももの上で喉をゴロゴロと鳴らしてくれていたのですが、ご覧の通り、ロシ子、生唾をゴクンって飲み込む様な行動をしていたのです。

これは、私がロシ子の咳を見て来た経験から、咳をする前の段階の行動で、明らかに、喉と言うか、気管支の調子が悪い状況で、これはロシ子、絶対に咳をしてしまうって、私はとっても不安だったのです。

確かに、前回のステロイドは、1/21(日)の晩に飲み終わり、昨日の晩にステロイドを再開したので、つまり、丸2日間、ロシ子にステロイドを飲ませてなかったので、咳をしそうな状況になってしまったのか…。

晩ご飯後のロシ子の様子。先ほどの場面では、ロシ子、何とか、咳を堪えてくれたのですが、これは、ロシ子の晩ご飯後の様子ですが、私はロシ子が本当に心配だったので、1階からWebカメラでロシ子の様子を観察し続けていたのです。

咳を堪えたロシ子ちゃん。そして、昨晩の23時頃のロシ子ちゃん…、結局、ロシ子、昨日は咳をする事もなく、そして今日も、ロシ子、咳をしていなくて、私はホッと、旨を撫で下ろしているのです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です