かわいく、おやつをねだる、ロシアンブルーのロシ子です。


昨日の昼間のロシ子の様子。昨日に撮った写真を、掲載するのを忘れていたので、掲載させて頂きます。

昨日の昼間の、ロシアンブルーのロシ子の様子です。

くつろいでいます。

横着な寝方のロシ子です。また、この寝方、横着に、顎を、猫ベットの縁に乗せて、眠る、ロシアンブルーのロシ子です。

まぁ、野生の猫だったら、いやいや、街中の野良猫ちゃんでも、こんな寝方、しないですよね…、どれだけ警戒心がないと言うか、緊張感がないと言うか、気楽なロシアンブルーのロシ子です。

美味しいものには目がない、我が家のロシアンブルーのロシ子ですが、なかなか、猫って、賢いもので、時間帯によって、おやつをくれる時間、ご飯をくれる時間、何もくれない時、っていうのを把握している様で、おやつの時間には、もう、それはそれは、しつこい位、まとわりついて来て、かわいく鳴いて、大変なんです。

と言いながら、物凄く、かわいい瞬間なのですが、その様子をご覧ください!

ゴロゴロと喉を鳴らしているの、分かりますでしょうか?
(ちょっとしか、音声に入っていませんが、ずっと、ミャーミャーと鳴いて、ずっと、ゴロゴロと、喉を鳴らし続けているのです。)

私からすると、もう、本当に至福の時で、犬も顔負けな位の親しみと言うか、愛らしさで来るもので、猫が可愛いのは知っていましたが、ここまで懐くというか、かわいいとは、っていう感じで、気分の良い時は、ロシアンブルーのロシ子を溺愛している私です…。

常にそんな感じなのですが、昨日の晩に、本当に久しぶりに、ロシアンブルーのロシ子と喧嘩をしました。

というか、私がちょっかいを掛けた事が始まりなのですが、ちょっと、ロシ子をいじめてしまいました。

ごめんね、ロシアンブルーのロシ子ちゃん…。

その様子は、また、後日、お知らせさせて頂きます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です