ロシアンブルーのロシ子とともに...。


膝の上のロシアンブルー。最近、寒いからでしょうか? 人恋しいからでしょうか? ロシアンブルーのロシ子が、私の事、大好きの様なのです。

こうして、膝の上に乗って来て、気持ち良さそうにしているのです。

膝の上にお座りをする、ロシ子。こんな風に、ロシアンブルーのロシ子が自ら、私の膝の上に乗って来るのは、この2日ほど、前からです。

ちょうど、寒くなって来た頃からなのですよねーっ。
かわい過ぎなロシアンブルー。そう言えば、おとといに、私の母が来てくれた日以降、ロシアンブルーのロシ子が、私の膝の上に乗って来てますね...、何か、意味、あるのかなぁ...。
美人のロシアンブルーのロシ子です。そう言えば、昨晩、やっぱり、ほぼ、1晩中、ロシアンブルーのロシ子が、私のベットの中で、寝てくれていました。

とっても嬉しい事ですが、やっぱり、寒くなって来たからだろうなぁー。

でも、温かくて、本当に気持ちが良いのです。

親ばか状態ですが、これだけ、慕ってくれると、ロシアンブルーのロシ子への愛情も、一層、深まって行く訳で、心の底から、ロシアンブルーのロシ子が可愛い訳なのです。

でも、逆に、少し、不安も出てきているのですよね...。

それは、来年の初めには、ロシアンブルーのロシ子が、日中、寂しくない様に、お友達の猫ちゃん、アビシニアンの子猫を迎えようと考えているのですが、猫ちゃんも、やきもちを焼くとの事で、当然、そうならない様に、ロシアンブルーのロシ子を中心にして、基本的に、一番に、かわいがるつもりなのですが、暖かくなってきた時、晩、ロシ子は私のベットに入って来ないでしょうし、アビシニアンはとっても人懐こいらしいので、そういう時に、私のベットに入って来て、一緒に寝る事になった時、ロシアンブルーのロシ子が、すねてしまわないかな、という不安です。

ちょっと、先走り過ぎの悩みですね...、また、アビちゃんが、我が家に来ることが決定した時に、考えてみましょう。

それでは、最後に、ロシアンブルーのロシ子が、一所懸命、私に、晩ご飯を催促してきてるのを承知で、私が焦らして、ロシ子を無視している時の、ロシアンブルーのロシ子の様子をご覧下さい。

本当にかわいい、かわいい、ロシアンブルーのロシ子でした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です