やっぱり臆病だった、ロシアンブルーのロシ子です。


私の足を踏むロシ子。ロシアンブルーのロシ子とは、本当に、日々、仲良くしていて、毎回、私に寄り添って来る時に、スリスリしながら、いつも、私の足を踏んでいる、面白い習性の、ロシアンブルーのロシ子です。

猫って、人の足を踏んで行く、習性みたいのが、あるのでしょうか…。

腰を押さえると動けないロシ子。最近も、ロシ子のやんちゃっぷりは大したもので、でも、こんな風に、腰を押さえると、全く、動けなくなる、ロシアンブルーのロシ子です。

押さえられて、ドキッ、とした表情なのかな…。

それでは、ロシアンブルーのロシ子が、日頃、走り回っている、元気な姿をご覧下さい。

ものすごく元気でしょ!

かわいい顔して、やんちゃ坊主…、いえいえ、やんちゃ娘の、ロシアンブルーのロシ子なんです。

でも、こんなに元気なのも、私だけがいる時だけ…、ご存じの通り、本当に、気の弱い、臆病猫な、ロシアンブルーのロシ子なのです。

実は、今日、明後日からお願いをする、ペットシッターさんにお越し頂いて、打ち合わせをさせて頂いたのですが、案の定、ビビりのロシ子は、どこかに隠れてしまって、ペットシッターさんがいらっしゃる間は、1回も出て来ませんでした。

前々から、我が家に、お客さんがいらっしゃった時、ロシアンブルーのロシ子が、どんな様子をしているのか、見てみたかったのですが、今日、やっと、見てやりました。

これ、ペットシッターさんが、インターホンを鳴らしてから、部屋の戸が開くまでの、Webカメラでの録画なんですが、インターホンが鳴って、ロシ子のそわそわが始まり、まだ、階段も上っていないけど、おそらく、1階で、私とペットシッターさんが、ほんの少し、会話をしただけで、「他人の声だっ!!! 他人が来たっ!!!」という事で、どこかへ逃げて行ってしまった、本当に臆病な、ロシアンブルーのロシ子でした。

本当に、笑ってしまう程の、腰抜けロシ子なんですが、私からすると、人見知りなくせに、私にはベッタリなので、本当にかわいい、ロシアンブルーのロシ子ちゃんなのです!
普段に戻るロシアンブルーのロシ子。ペットシッターさんが帰られてからも、暫くは、おろおろと、落ち着かない感じの、ロシアンブルーのロシ子でしたが、暫く経つと、この通り…、私にすり寄って来て、私の太ももの上に、ちょこんとお座り…。
うっとりとした表情のロシ子。そして、頭を撫でてあげると、うっとりした感じの表情に…。

この写真は、ちょっと「ぶさかわ」なんですけど、本当に、かわいい奴なんです…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です