ロシ子が真菌になってから丸1ヶ月が経ちました。


今日のロシ子ちゃん。これは、今日の朝方のロシ子ちゃん…、またアビのすけに付きまとわれている…。

今日は、平成25年1月6日生まれのロシ子が、2歳と3カ月になった記念日です。

情けない事に私、バタバタしていたせいか、今日がロシ子の記念日だという事は、スマホのスケジュールに入れているので分かっていたのですが、ロシ子が産まれた記念日なのか、ロシ子が我が家にやって来た記念日なのか、頭が混乱していて、1月6日がロシ子の誕生日だって事すら、あやふやになってしまっていました…。

かわい過ぎるロシアンブルー。これはベランダ側からロシ子を撮った写真ですが、この顔は、普通に見たら不細工に見える顔だと思うのですが、ロシ子の性格とかを知っている私からすると、最高にかわいく写っている写真なのです。

何とも愛嬌のある顔して、本当にお茶目でかわいいロシアンブルーのお嬢さんなのです。
またアビのすけがやって来た。うわ…、またアビのすけがやって来た…。

ロシ子のいる所にアビのすけあり…、起きている時のアビのすけは、常にロシ子のお尻を追いかけ回しているのです。
昨日のお昼ご飯の風景。これは、昨日のお昼ご飯を食べるロシ子の様子ですね。
ロシ子の食欲は問題なし。ご飯の時にはエリザベスカラーを外してあげてるんですが、ロシ子はご飯を喜んで食べてくれているのですが、真菌のハゲの部分を舐めたくて仕方がない様で、最近はご飯を1回では食べきらない事もあるのですが、でも、体を舐め舐めした後は、しっかりとご飯を完食してくれているので、ロシ子の健康に問題はないと思っています。
ロシ子の真菌の状況。そしてこの写真は、今朝、ロシ子の真菌のハゲの部分をアクアリブできれいにしてから撮った写真…、一番大きなハゲの隣、1つ尻尾寄りのハゲの部分の写真です。

なんかこの部分、土の様にどす黒くなってしまっているのですが、大丈夫かなぁー…。

約1か月前の3/4(水)にロシ子のハゲを発見して、その2日後の3/6(金)にロシ子を動物病院に連れて行って真菌と診断されてからちょうど1ヶ月…、この1ヶ月は怒涛の様な1ヶ月でした。

この部分には、まだ産毛が生えて来ていない感じですが、ロシ子の真菌の最悪の状況からは脱出出来たと思っているので、明後日に猫たちを動物病院に連れて行って、先生からどんな事を言われるのか、楽しみでもあり、不安でもあり…。
尻尾の付け根の真菌のハゲ。そしてこちらはロシ子の尻尾の付け根の部分に出来ている真菌のハゲの部分の写真。

なかなか患部を大きく接写するのって難しくて、ボケた写真になってしまうし、私もいよいよ老眼が出て来た様で、コンタクトレンズや眼鏡をはめていても近くが見えなくなって来ていて、はっきりとした状況は分からないのですが、この部分も産毛はまだ生えて来ていないみたい…。

ロシ子の体を撫でまわしてみても、真菌の毛玉の様な物は出来ていないので大丈夫だとは思っているのですが、何とか早く、ロシ子の真菌が治っていて欲しいと願っている私なのです。

でも、当初は、真菌が治るまでには3〜4カ月位、掛かるのではって思っていたので、飲み薬をロシ子に飲ませた事もあって、ロシ子の真菌が大幅に早く治って行ってくれてる様な気がしているので、神妙な気持ちで明後日の動物病院での診断を仰がせて頂こうと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です