ロシ子を動物病院に…、経過を見ようと思います。


ロシ子を動物病院へ。昨日の事ですが、ロシ子を動物病院に連れて行って来ました…、これは、動物病院に向かう車中のロシ子

今回、ロシ子を連れて行った動物病院は、我が家の主治医のらいおん動物病院…、喘息を専門に見てくれる先生が奈良県の方におられるのですが、行こうかどうしようか迷った末に、ちょっと気軽に行って来たのです。

我が家から近いらいおん動物病院。我が家からは車で10分程のらいおん動物病院へは、あっという間に到着しました。

午後の診察が始まる午後5時前に着いたので、一番乗りでラッキー…、誰でもそうですが、私もご多分に漏れず、待つのが大嫌いなのです。

ロシ子が診察室に。そして程なく、ロシ子の名前が呼ばれたので診察室へ。

今回は、ロシ子のぜぇーぜぇーの喘息の件でお邪魔したのですが、以前、こちらの先生にロシ子のぜぇーぜぇーを相談した時、「うちの猫もぜぇーぜぇーしますよ。」なんて言われたものだから、それ程、重大な事ではないと思って、こちらの先生にきっちりと診察をして貰った事がなかったのです。

おとなしいロシ子さん。家を出る時や、車の中ではかなり鳴いたロシ子でしたが、診察室ではとってもお利口さんだったロシ子ちゃん…、体重は3.5kgで、基本の診察から始まりました。

喘息は治りにくい病気。ネットで調べても、喘息は完治しない病気だし、且つ、原因もなかなか特定できない病気。

喘息の専門医の先生がいらっしゃる動物病院に、私的には行く気満々だったのですが、片道1時間半、往復3時間の車中でのロシ子のストレスの事を考えると、なかなか行く踏ん切りも付かず、そして、先述の通り、原因の特定も難しいし、ステロイドは当面は使いたくないので、まともな動物病院だったら、どこで診てもらっても一緒かなと、それだけのストレスをロシ子に掛けてまで、遠くの動物病院に行くメリットがあるかなと考えたのです。

聴診器で診察を受けるロシ子。喘息の診察については、まずは聴診器で肺の音を聞いてもらいました。

肺の音を聞いて貰ってます。聴診器で肺の音を聞くのは、どこの動物病院でも同じで、呼吸をする時に、肺から異音がしていたら、呼吸器系に原因があると考えられるのですが、ロシ子の肺は問題なし。

ロシ子のレントゲン写真。こちらの動物病院で、ロシ子の喘息の事でレントゲンを撮って貰ったのは初めてでしたが、合計4枚、撮って頂き、いずれも全く問題ないとの事。

そして、先生の所見としては、レントゲンを見ても問題ないし、ほぼ毎日、ぜぇーぜぇーするのは気になるが、経過を見ていこうとの事。

ほぼ毎日、ロシ子が喘息の症状を起こす事が気になっていた私でしたので、どの様な状態になったら、薬とかで対応しなければいけないのかと先生に聞いた所、普通の生活が出来ない位の状態になったら、との事だったので、ロシ子の場合は、1日の内で30秒程、喘息の症状を起こす以外は、とってもとっても元気なので、レントゲンも問題はないとの事で安心したし、頭が整理できてスッキリとした感じです。

猫の喘息は、煙草の煙や猫砂の粉塵、ハウスダストやカビの他、消臭剤や芳香剤が原因で発症する事もある様で、私は煙草は10年程前にやめましたが、消臭剤はあるし、ハウスダストもあるだろうし…。

取り敢えず、1階の新しいトイレには、新たな種類の猫砂を使い始めたので、ちょっと様子を見ようと思っていますし、空気清浄器も買おうかなって思っています。

今日のロシ子さん。そして最後、これは今日のロシ子さん…。

今日も猫たちのお昼ご飯以降は、部屋の戸を開けっ放しにして、猫たちが1階に来れる様にしていたのですが、ロシ子は1階には全く興味なし…、私が抱っこして1階に連れて来ましたが、1階に来たのはそれだけで、ほんの数分、1階にいただけで、すぐに2階に上がってしまって、写真の通り、慣れ親しんでいるお気に入りの場所で寝ていましたよ。

まぁ、夏場になったら、2階はエアコンを付けず、1階だけエアコンを付けておいたら、ロシ子も1階に下りて来てくれるでしょうし、じっくりとロシ子のペースで、ロシ子が自分から1階に来てくれるまで、見守ってやろうと思っています。


スポンサーリンク

ロシ子を動物病院に…、経過を見ようと思います。」への2件のフィードバック

  1. ロシ子ちゃんの咳について近所の掛かりつけ病院で診察していただいたのですね。
    確かに、専門の病院とはいえ、あまりに遠いと行くだけで猫には負担になってしまいますよね。
    距離が近くて通いやすいということは大事だと思います。
    うちのステラもロシ子ちゃんと同じような咳をすることがありました。
    そこでワクチン接種の時に先生に聞いてみたのですが、やはり、原因を特定することはできず、でも、要するに心配するようなことではないようでした。
    ステラの場合、動画で見たロシ子ちゃんほど長く咳は続かないです。
    今は咳がなくなりました。

    ロシ子ちゃんはレントゲンを撮って、詳しく身体の中を調べてもらったのですね。
    その結果、異常がみつからなくて本当に良かったです。
    それにしても体重が3.5キロとは、ロシ子ちゃんは小柄なのですね。
    小柄だと可愛いです(^o^)
    同じロシアンブルーでも、うちのステラは最高記録が4・9キロで、先生から痩せさせるように言われました(あまりの体重の増え方に先生に驚かれました)
    今は4キロを切り、まあ、これで良いのかな、という感じです。

    これから先、ロシ子ちゃんに何の異常も出てこないことを祈っております。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      はい、ロシ子のストレスを考えますと、遠くの動物病院に行くのは難しいと考え、一定の知識を持っている先生ならどこでも一緒かと思い、掛かり付けの動物病院に行って来ました。
      おっしゃる通り、喘息の原因はなかなか特定できませんので、どこの病院に行っても、きっちりとした事を言って頂けないと思いましたし、上手に喘息と付き合っていくしかないと考えました。
      私としましては、かなり頭がスッキリとしましたので、良かったと思っています。

      ステラちゃん、最高で4.9kgまで行ったんですか…、凄いですね。
      そして、今、4kgを切ったとは、20%も痩せたのですから、74kgだった私が60kgになったのと同じ位の減量になりますので、ステラちゃん、よく頑張ったと思います。(笑)
      健康寿命を長くする事が、人間も猫も大事だと思いますので、私も、私自身の事と同様、猫たちの体重の事も大いに気にしています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です