怠慢なロシ子ちゃん…、でも、それがかわいいのだ…!


かわいいロシ子。これは、おとといの朝の事…、猫たちには、毎朝、2階で朝ご飯を食べさせていて、その間に、私は猫たちのトイレ掃除をしているのですが、アビのすけは、私がトイレ掃除が終わる頃には食べ終わっているのですが、ロシ子は1回では食べ切る事が出来ないので、完食する前に、いつもお腹をへこます為の休憩に入ってしまうのです。

この日の朝は、ロシ子は1階で休憩に入ってしまって、私は早くお皿をかたずけたいので、仕方なく、ロシ子のご飯を1階に持って来て、ロシ子に食べてって言って、ロシ子に食べて貰ったのです。

昨日の朝ご飯の風景。そしてこれは、昨日の朝ご飯の時の事ですが、この日は、ロシ子は2階のベットの所で休憩に入ってて、またまた仕方なく、私はロシ子の朝ご飯をここまで持って来て、ロシ子に食べてってお願いをしていたのです…、ロシ子は嫌々かい…?

ロシ子が朝ご飯を食べてくれました。あ〜、良かった…、ロシ子が食べてくれました。

ロシ子には出来るだけ体力を付けさせなければいけないので、出来れば毎食、完食をして欲しいのです。

たまに完食をしてくれない時もあるのですが、そんな時は、その残ったご飯は冷蔵庫行きになり、その日の晩のアビのすけのご飯に回しているのです…。

怠慢な感じのロシ子ちゃん。そして、お話はまたおとといに戻りまして、これはおとといの晩ご飯の時の事なのですが、この日の晩ご飯の時は、2階のベットの横辺りでロシ子はお腹をへこます為の休憩入ってて、やむを得ず、私がロシ子のご飯をロシ子の所まで持って来たのですが、ロシ子、横になったままでご飯を食べ始めて、なんてロシ子、怠慢な態度なのよぉ〜…。(笑)

女王様の様なロシ子。女王様の様に、優雅に横たわりながらご飯を食べさせて貰って、ロシ子、お前はなんて良い飼主様に巡り合ったんだよ。(笑)

怠慢なロシ子がかわいいのです。この、何とも怠慢な態度を見せてくれるロシ子は、私にとっては、この上なくかわいい存在なのです。

お茶目なロシアンブルー。「なんか文句あんのかよ…!」みたいな顔して、お茶目なロシ子に、私はメロメロ…!(笑)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です