ロシ子は私の「金魚の糞」ちゃんで、超・かわいいんだけど…。


本当にかわいいロシ子ちゃん。我が家のロシアンブルーのロシ子ちゃん、私の最愛の子…、本当にかわいい子なのです。(笑)

昨日の晩は寒くって、久しぶりに2階の暖房を付けたのですが、そんな事もあってか、晩からはロシ子、一緒に寝てくれなかったのですが、それでも、朝方にはしっかりと私の布団に潜り込みに来てくれて。

そして今朝、私が起きると、ロシ子も布団から出て来て、私はいつも思うのですが、もっと暖かい布団の中で寝てりゃ良いのにって…、でも、私の後を付いて来るロシ子が、本当に本当にかわいくて、それでロシ子を抱き上げてしまったのです。

ロシ子は最高です。もう、私の中でも、こんなにかわいい子はいないって感じで、これこそ、目の中に入れても痛くない状態…、本当に本当に、ロシ子がかわいくて仕方がないのです。

私の後を付いて来るロシ子。そして、私が1階に下りると、ロシ子もいそいそと下りて来て、私が猫たちの水の器を洗うと、ロシ子、台所にも付いて来て、この通り、ちょこん。

穏やかなロシ子ちゃん。私以外の人には、ロシ子は超・警戒モードに入って、その警戒モードを解く事はまずないのですが、ロシアンブルーって本当に飼主に対しては従順なので、ロシ子、私の事を信用して、慕ってくれて、もう、堪らなくロシ子がかわいいのです。

毎朝のロシ子ちゃん。そして、これも毎朝の事ですが、私が仕事の机に向かって椅子に座ると、ロシ子も即、私の太ももの上に飛び乗って来て…、もう、言葉がない位、私はロシ子の事がかわいくて大好きで、溺愛しているのです。

しかし、この後、とうとう、この時が来てしまったのです…。

今朝の7時半の事でしたが、ロシ子が私の太ももの上で、軽度ではありますが、喘息の咳をしてしまったのです。(涙)

私は、ロシ子は本当に、本当に本当にかわいくて…、なので、去年の年末からのこの約2ヶ月間、喘息の咳がピタッと止まって、本当に本当に嬉しかったのですが、やはり、ステロイドの量を半分に減らした結果、この咳に繋がってしまったのか…。

そして、今日の晩7時半にも、ロシ子、1回、咳をしてしまって…、夕方、私が2階で掃除をしている時にも、ロシ子、1回だけ咳をしてしまったので、今日、3回目の咳…、本当にやばいです…。(涙)

間の悪い事に、私が明後日から家を空ける為、毎日、飲ませているステロイドを、ロシ子に飲ませる事が出来なくなってしまうので、本当に頭が痛い…。

一度、ペットシッターさんに、ロシ子に薬を飲ませて頂く様、お願いをしようと思っていますが、ペットシッターさんは快く、引き受けて下さると思いますが、こんなタイミングで、ロシ子と数日間、離れなければいけないなんて、本当に気が滅入ってしまいます。(涙)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です