ストレスが溜まっていた、ロシアンブルーのロシ子。


車の中のロシ子。この写真、昨日の、動物病院からの帰りしの、車の中での1枚…、フラッシュが炊けてしまいました。

何となく、まだ、不安げな感じです。

昨日の晩、8時前に、動物病院に、ロシアンブルーのロシ子を迎えに行ったのですが、ロシ子を探してみると、持って行っていた、特製の猫ベットの中にはいず、その裏側と言うか、奥側に、隠れる様に、ひっそりとしていた、ロシアンブルーのロシ子を見て、びっくりしてしまいました。

4日も経つので、てっきり、動物病院の環境にも慣れ、特製ベットの中で、落ち着いて、寝ていると思っていたのですが、全然、慣れていない様で…。

そして、ロシ子を捕まえようとすると、逃げるのです…、私の事、忘れてしまったの…?

これにもびっくり…、結局、環境に慣れずに、思いっきり、ストレスが溜まっていた様で、申し訳ない気持ちで、いっぱいになりました。

そして、家に着いて、部屋に出してあげたのですが、はじめは、まだ、緊張が解けていないのか、オドオドした表情で、部屋の中を動き回って、匂いを嗅いで…。

そして、持って行っていた、特製猫ベットを分解して、アイスboxから、猫ベットを出したら、何と、猫ベットに、うんちの塊が5〜6個、こべり付いていて…、いつ、したものかは分かりませんが、結局、ペットホテルでは、緊張が抜けず、表のトイレでは、うんちをする事が出来ず、この、特製猫ベットの中で、してしまった様です。

(しまった…、私には、あまりの出来事だったので、てっきり、うんこ付きの、猫ベットの写真を、撮るのを忘れていました…。)

ロシアンブルーのロシ子が、どれ程、緊張して、ストレスを溜めていたのかを思うと、本当にかわいそうで…、ごめんね、ロシ子…。

という訳で、ロシアンブルーのロシ子には、帰って来て、緊張も解けていない中、申し訳ないのですが、早速、お風呂に入れる事にしたのです。
ロシ子をお風呂に入れました。温かめのお湯に、ロシアンブルーのロシ子を浸けます。
温かめのお湯で、気持ち良い?風邪をひかない様に、ちょっと、長めに、お湯に浸けて…、気持ち良いかい? ロシ子ちゃん
まだ、ちょっと、緊張している?ロシ子。私の事が分かっていないのか、まだ、ちょっと、緊張している感じの、ロシアンブルーのロシ子
お風呂できれいになりましょう!お風呂できれいになって、気持ちよく、お部屋でくつろごうね、ロシ子

そして、ロシアンブルーのロシ子を、よく吸収するタオルで、拭いて、乾かし、自分で毛繕いをさせる為、2階に連れて行き、私は1階にいたのですが、ものすごく鳴いているので、Webカメラで、ロシ子の様子を見てみると、毛繕いもしていますが、不安そうな、情緒が安定していない様な行動をとって、そして、今までに経験した事がないのですが、ずっと、鳴き続けるのです。

その様子を見てみて下さい。

そこで、ロシ子は、お腹が減っているのかな、と思い、晩ご飯、生後、10か月の記念日も兼ねての、特別のご飯をあげる事にしました。
ロシ子の特別の晩ご飯。これです…、ロシ子が大好きな、ささみのスープの様な、特別の晩ご飯。
美味しそうな、ロシ子の晩ご飯。見た目にも、美味しそうですね。
ものすごく、お腹が減っていたロシ子。ものすごく、お腹が減っていた様で、このままの体勢で、ずっと、食べ続ける、ロシアンブルーのロシ子

そう言えば、ペットホテルに持って行っていたドライフードの、3分の1は、食べていなかったので、持って帰ってきたのですが、やっぱり、緊張していて、ご飯も、喉を通らなかったのか、きちんと、食べれていなかった様です。
食べ続けるロシアンブルーのロシ子。ずっと、ずっと、食べ続けています。

どんだけ、お腹が減っていたのよ、ロシ子ちゃん…。
ひたすら食べる、ロシ子です。ひたすら、食べ続ける、ロシアンブルーのロシ子…、そんな姿を見ていたら、大きなストレスを与えていた事が、本当に、申し訳なくて…。

一旦、私は、1階に下りてきたのですが、Webカメラで覗いてみても、まだ、食べ続けるロシ子

その様子はこちらです。

本当に、本当に、お腹が減っていた様で、この、特別な晩ご飯は、すぐに、食べきってしまい、まだ、鳴くので、追加で、ドライフードを10gあげたら、それも、完食してしまいました。

そして、その後は、少しでも、不安感を拭い去ろうとしているのか、こんな経験はした事がない位、私にひっついてきて、スリスリしてきて、甘えてきて…、本当に寂しかった様です。
私の膝の上から離れないロシ子。少し、一緒に遊んだ後は、ロシ子、私の膝の上にやって来て、気持ち良さそうにしています。
気持ちよさそうに眠るロシ子。ロシアンブルーのロシ子ちゃん、本当に、気持ち良さそうに、安心した顔で、休んでいます。

私も、焼酎を飲みたいので、何回も、ロシ子を横に置いて、焼酎を飲むのですが、その都度、ロシ子、何回も、何回も、私の膝の上に戻ってきます。
安心して眠るロシ子。久しぶりに、安心したのでしょうね…、よかった、よかった。

でも、今回の事で、ロシアンブルーのロシ子が、とてつもないストレスを抱えていた事が、分かりました。

ご飯もあまり、喉を通らず、うんちもトイレで出来ない位…。

次回、家を空ける時は、どうしたら良いでしょうか…、また、同じ思いをさせるのは、かわいそうだし…、悩んでしまいます。

昨日の晩は、ロシアンブルーのロシ子、もう、べったり、私にひっついて、ベットの中で、一緒に、気持ち良さそうに、安心しきって、ぐっすりと寝ていました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です