暖まる、我が家のロシ子と、アビレッド君の傷。


昨日の晩のロシアンブルー。これは、昨日の晩の、ロシアンブルーのロシ子ちゃん。

エアコンの暖かい風が、最も当たるこの場所で、不安定な場所にもかかわらず、うたた寝を始めてしまった、天然気味のロシ子です。

こんな感じで、うたた寝をしてて、寝入ってしまって、バタって落ちてくれたら、爆笑物なんですけど…。

眠そうなお顔のロシ子ちゃん。エアコンを付けると、私的には悲しくて、ロシ子が私の膝の上に乗って来る頻度も、めっちゃ、減ってしまうんですよね…。

でも、まぁ、私も寛げるし、寝る時には、エアコンは消してしまうので、間違いなく、私の布団の中に入って来てくれるので、まぁー、いっか…。
襖を設置してエコ活動。この、ロシ子が生活をしている部屋は、元々は、2つの和室の続きの間取りで、間仕切る襖は外していたのですが、部屋の暖まりを早める為、ロシ子が我が家にやって来てから、初めて、襖を設置…、と言うか、ロシ子を迎える為に買った、小さな一軒家なので、住み始めて、初めて、襖を設置した事になりますね。
私の背中に乗るロシアンブルー。そして、襖を付けた事によって、何故か、ロシ子が私の背中に昇ってくる回数が、激増して…。

10枚位、適当に撮った写真の中で、唯一、アップ出来る写真が撮れました。

アビレッド君の傷の写真。そして、今日、ブリーダーさんが、早速、アビレッド君の傷の状況をご報告して下さいました。

ブリーダーさん、お忙しい中、有難うございます。

なるほど、なるほど…、多分、左目尻の下の所が、毛が薄い様な…。

アビレッド君、ここは噛まれたのかな…、それとも、引っ掻かれたのかな…?

危うく、目に近い所だったから、不幸中の幸いですね、良かった、良かった。
アビレッド君の噛まれた痕。これは、左手かな…、これは、噛まれた痕っぽいですね。

噛まれたら、こんな感じで、毛が抜けてしまうんですね…。

アビレッド君には申し訳ないですけど、私、猫飼いとして、遅ればせながら、勉強させて頂いております。
アビレッド君の噛まれた痕。
これは、顎の下辺り、肩の上あたりでしょうか、やはり、ここも、毛が薄くなっているのが分かりますね。

アビレッド君、優しいから、噛まれてしまってるとの事なんですが、噛み返したりはしているのかな…?

人間でも、本当に強い人は優しいし、噛まれても、やられっ放しなのなら、アビレッド君、本当に優しい子猫ちゃんなんですね。
アビレッド君の左手の傷。

これは、2枚上の写真と同じ、アビレッド君の左腕の傷の状況ですね。

確かに、この角度で見ると、傷と言うよりも、毛が抜けているのが、よく分かりますね。

今回の、ブリーダーさんとのメールでのやり取りで、私、アビレッド君の引渡しの時期に関しても、ちょっと、ご質問をさせて頂いたんですが、現段階では未定との事で、毛が生え揃ってからワクチンをして、様子を見てからのお渡しとの事で、やはり、年末頃か、来年早々になるのでは、との事で、ちょっと、我が家にやって来るのが、遅くなるかも…。

でも、ブリーダーさん、本当に、猫ちゃんの事を、しっかりと考えて下さっているので、私としては、ブリーダーさんのご意見に従うまで、ブリーダーさん、宜しくお願い致します。
アビレッド君の傷の写真。
これはどこだろう…、毛が白いから、胸からお腹辺りの写真かな…?

あっ、これも、やはり2枚上の写真の、顎から胸にかけての場所ですね、テレコになってしまいましたね。

ブリーダーさんからは、

「毛が抜けてから生えてくるまでに、一週間かかっていないので、皮膚炎では無いと思っていますが、もし皮膚炎だった場合、ロシ子ちゃんに移ってしまいます。
 完全に毛が生え揃って、やっぱり傷だったんだと安心してからお渡ししたいのです。
 でも、今の感じですと、すぐに治ってしまうように見えます。
 私は凄い心配性なんです。」

との事で、ちょっと、アビレッド君が、我が家に来るのが遅くなっても、安心して、我が家にやって来てくれそうなので、私も安心だし、ロシ子にとっても、安心が出来ますね。

本当に、ブリーダーさんには、お手数をお掛けしてしまいますが、引き続き、どうぞ、宜しくお願い致します!

最後に、本日、ブリーダーさんが送って下さった、アビレッド君の26秒の動画をアップさせて頂きます。

なんか、アビレッド君、おどおどとして、この子も気が弱そうだなぁー…。

我が家のロシ子もそうなんですけど、私的には、気が弱い子の方が、一層、かわいがってあげられるので、あまり勝気にならずに、おっとりしたままのアビレッド君で、我が家に来てちょうだいよ。


スポンサーリンク

4 thoughts on “暖まる、我が家のロシ子と、アビレッド君の傷。

  1. alc

    アビレッドくん結構傷がついてしまったんですね。
    想像ではもっと酷いかと思ってしまいましたがすぐに治ってしまいそう!
    うちのにゃんず仲良しですが特にシルバとルークはじゃれ合いが激しいので傷をつくることはしょっちゅうです。
    でも、成長しているからか毛が抜けるほどじゃれませんが、耳に傷ができたり赤くなったりしてます。
    そんなときはブリーダーさんに教えてもらったイソジンの傷薬を少し塗ってあげて、3日もすれば治ってしまうので病院へは行かないのです…
    ごめんなさい話がそれました(^-^;

    アビレッドくんよちよち歩きで本当可愛い!!
    ルークの小さいときに似てて懐かしく思いました
    うちのルークと同じ空気感と匂いがするのできっと大らかで優しい子になりそうだと勝手ながら思いました。
    根拠はないですが勘でロシ子ちゃんとアビレッドくん相性良いと思います
    最初こそ威嚇はするでしょうが必ず寄り添って仲良く出来るでしょうね( ´艸`)
    皮膚病とかなく、無事にロシ子パパ宅にアビレッドくんが来ること願ってます(#^_^#)

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      alcさん、こんばんわ。この度も、コメントを下さいまして、有難うございます。

      しかし、alcさん、さすがは多頭飼いの先輩ですね、参考になるコメントを有難うございます。
      我が家はずっと、ロシ子一人だったので、猫ちゃん通しがじゃれて、傷を作るなんて、そこまで、考えが及びませんでした。
      やっぱり、男の子通しは、じゃれ合い方も半端じゃないんですね…。
      我が家のロシ子は、男の子のアビレッド君とのじゃれ合いに、耐えられるかなぁー…?

      そうなんですか、アビレッド君、ルーク君の空気感と、同じに感じて下さってるんですね。
      ルーク君は、本当に優しい、シルバ君とロゼちゃんに気遣いの出来る子なので、アビレッド君も、そんな優しい子になって欲しいです。
      それと、やはり、alcさんも、最初は、ロシ子が威嚇するとお思いなんですね…。(笑)
      ブリーダーさんにも、他の方にも、最初は威嚇すると言われておりますので、まず、間違いなく、威嚇をすると、私も心に刻んでるんですけど、ちょっとだけ、ロシ子は威嚇しないだろう、って期待している私がいるんですよ。
      alcさんも大概、親バカでいらっしゃいますけど、私も親バカで、笑ってしまいますでしょ。(笑)
      alcさんの所と状況が違って、ロシ子は間もなく2歳ですから、威嚇はするんでしょうね…。

      シルバ君、無事に帰って来て、良かったですね、また、コメントをさせて頂きますね。

      返信
  2. ひろっス

    本当にかわいい♪アビレッド君♪♪

    うちのあらしはペットショップの子なので幼くして親・兄弟から引き離されネコ社会の甘噛みとかそういうものを教わっていないんだなぁっていうのを日々感じます。
    多少傷はあってもきちんとお母さんと兄弟と過ごした子の方が良いと実感しています。
    なので多少逢えるまで時間はかかっても病気のこともそうですし。良いのではぁ?っと無責任なこと言いますが感じたのが正直なところです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ひろっスさん、こんばんわ。この度も、コメントを有難うございます。

      私はブリーダーさんから、ロシ子を譲って頂いたので、当初は、社会性が付いているのが当たり前の様に思っていたのですが、色んな方のブログを拝見させて頂いて、ペットショップさんから迎えられた子と、ブリーダーさんから迎えられた子は、社会性の面で、ちょっと、違うんだって、気付かせて頂いたんです。
      でも、あらし君はかわいいから、大丈夫ですよ!
      いえいえ、まさに、ひろっスさんのお考えと、私も一緒で、本当は、アビレッド君に、早く、我が家に来て欲しいですけど、そこら辺は、経験豊富なブリーダーさんのご意見に、全て、従わせて頂くつもりなんです。
      ひろっスさんからも、貴重なご意見を頂きまして、本当に、感謝しております。 有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です