ロシアンブルーのロシ子に、シャンプーをしました。


ロシ子にシャンプーをしました。昨日、バタバタながら、我が家のロシ子に、シャンプーをしました。

前回は、10月5日の(日)にしたので、約3週間ぶりのシャンプー…、かなり、涼しくなって来たので、ロシ子、気になる程のパサパサ感はなかったのですが、前回から3週間も経っていたので、とりあえず、シャンプーをしてみました。

逃げ出そうと必死のロシ子。早速ですが、バスタブの中から、必死に逃げ出そうとする、ロシアンブルーのロシ子

逃げ出そうと、ジャンプをするロシ子を、その都度、私、ガードしたんですけど、何となく、ロシ子、やっぱり、やんちゃの度合いが、増している様な…。
暖か目のお湯に浸かるロシ子。昨日は、特別、寒くはなかったのですが、それでも、涼しかったので、今回は、かなり暖か目のお湯を、バケツに貯めて、ロシ子を浸けました。

人間的には、寒い中での暖かいお湯は、最高に、気持ちが良いものですが、猫的には嫌な様で、ロシ子、いつも以上に、鳴きまくり…。

そして、暴れるから、お湯がはねて、ロシ子の髭に付いてしまって…。
鳴く回数が多いロシ子。写真には写してませんが、ロシ子、一見、おとなしく、お湯に浸かっている様に見えますが、実は、私が、ロシ子の手を握って、半、強引に、お湯に浸けているので、ロシ子、束縛されるのが嫌で、鳴いているの…?

それとも、ロシ子が大きくなっているのに、赤ちゃん猫の時からのバケツなので、小さくて、狭くて、身動きが取れなくて、鳴いてるの…?
シャンプー後のロシ子。今回は、ロシ子に風邪を引かさない様に、手早くシャンプーをしたのと、ロシ子が騒ぐもので、シャンプーをして、ゴシゴシしている所や、シャワーで洗い流している所は、撮りませんでした。
レンズに水滴が付きました。ロシ子、騒いで、手に付いた水をパタパタするもので、水しぶきが、デジカメのレンズに付いてしまいました。

もう、逃げ出したくて仕方がない、ロシ子なのです。
瞳孔が大きいロシアンブルー。ボケボケの写真ですが、ロシ子、瞳孔をこんなに大きくして、逃げ出そうと、乗り上げて来ます。
ドライヤー後のロシアンブルー。そして、タオルで拭いたり、ドライヤーをした所は割愛させて頂いて、綺麗になったロシ子です。

前回までは、なんとか、ドライヤーなしで、自然乾燥と、ロシ子の舐め舐めで、乾かせていたのですが、万一の風邪予防で、今回は、ドライヤーを使用…。
シュッとしたロシアンブルー。ロシ子はドライヤーが苦手なので、ドライヤーの弱風の方で、そこそこ長い時間、ロシ子にドライヤーをして、乾かしたのですが、必然的に、温風が、私にも当たるので、私は暑くて、汗をかいてしまいましたが、それでも、すっきり、シュッとしたロシ子になりました。

その後、ロシ子に、「よくできました」ご飯をあげたのですが、その様子は、明日、お届けさせて頂くとして、3日前に、ご丁寧に、ブリーダーさんからお送り頂いた、アビレッド君の様子を、アップさせて頂こうと思います。
アビレッド君の写真①
10月16日(木)に産まれたアビレッド君も、3日前の23日に、ちょうど、生後1週間になり、それで、ブリーダーさんから、「もう大丈夫ですよ」、のご連絡を、写真も添付して頂いた上で、3日前に頂いてたのですが、私が、落ち着いた気持ちで、アビレッド君の写真をアップしたかったもので、アビレッド君の写真をアップするのが遅くなって、ブリーダーさん、ごめんなさい…。

それで、ブリーダーさんからは、

「レッド君、すくすくと大きくなっていますよ。
 今日で一週間なので、もう大丈夫だと思います。」

との事。

ブリーダーさん、本当に有難うございます!
アビレッド君の写真②

「シャルロットの母乳の出が良いようで、なんと生まれてから5日目に目が開きました。
 兄弟の中で、目が開いたのはレッド君だけなので、やっぱり栄養が行き届いているんですね。」

アビレッド君、目が開いたんですね…。

写真でも、アビレッド君が小さいのは、分かるのですが、実際は、もっと、もっと、小さいのでしょうね。
アビレッド君の写真③

「目が開いた日の、レッド君の写真を、お送りします。
 ちょっとピンボケで、すみません。」

いえいえ、ブリーダーさん、アビレッド君の成長のご報告を頂けるだけでも、有難いのに、写真までお送り頂いて、ちょっと位のピンボケなんて、全然、大丈夫です!

本当に、ブリーダーさんには、感謝しております。

引き続き、どうぞ、宜しくお願い致します。

それにしても、あぁー、楽しみ…。

ロシ子とアビレッド君の初顔合わせの時は、私もちょっと、緊張するだろうと思いますが、でも、ロシ子とアビレッド君が、微笑ましく、一緒に、丸くなって寝てくれる事を、私、想像しているので、本当に、とても楽しみです!


スポンサーリンク

2 thoughts on “ロシアンブルーのロシ子に、シャンプーをしました。

  1. お風呂に入ったロシ子ちゃん、身体は小さいですが目と口が大きくなって
    「早く出しなさいよ!!」
    と騒いでいるのが良くわかります。
    まあ、これだけ大きく口を開ける元気があれば大丈夫だな!と思いながらいつも写真を楽しませていただいています。
    お湯に浸かるのはちょっと苦手でも、お風呂からあがって乾かしてもらうとふわっと綺麗な毛になっています。

    アビレッド君、もう目が開いたのですね!(何だか、この“アビレッド”という呼び方、戦隊ヒーロー・アビレンジャーのリーダーみたいで格好良いですね!気に入っています)
    兄弟の中で一番先に目が開いたのですね。
    ということは、もう物が見えるのでしょうか。
    耳がまだ小さくて、赤ちゃん猫であるのがわかります。
    耳が大きくなると猫らしくなるのですよね。
    お母さん猫のシャルロットちゃんも母乳の出が良いということは元気なのでしょう。
    親子でブリーダーさんに大事にしてもらっている様子が伝わりました。
    今はお母さんに可愛がってもらって、元気な猫さんに育ってほしいと思っています。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、引き続きまして、コメントを有難うございます。
      そうなんです、おっしゃる通り、お風呂から上がった後は、ロシ子、シャンプーの良い匂いもしますし、毛艶も良く、何より、触り心地が最高なんです。
      アビレッド君、兄弟の中で、一番最初に、目が開いた様なんですよ。
      この、愛称の「アビレッド」なのですが、実は、アビレッド君のお名前は、我が家にアビシニアンのレッドちゃんをお迎えしようと決めた時、もう、10か月も前に、決めてしまってるんです。
      なので、アビレッド君が我が家に来た段階で、折角、狸さんに気に入って頂いている、「アビレッド」君という呼び名は、終わってしまうのですが、また、お茶目な本名を披露しますので、少々、お待ちになって下さいね。
      ブリーダーさんのお宅は、おそらく、猫ちゃん達は20匹位はいると思うので、アビレッド君には、たくさんの猫ちゃん達の中で、しっかりと社会性を付けて、我が家に来て欲しいと願っているんです。
      ロシ子と同様、必ずや、ものすごく良い性格になって、我が家に来てくれるだろうと思ってるんです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です