ロシ子との生活も、2年2か月にもなりました。


得ベルご飯を食べる我が家の猫。昨日は、ロシ子が我が家に来てくれてから、2年2か月が経った記念日でした。

2年2か月かぁー…、長い様にも感じるし、短い様にも感じるし…、でも、ロシ子が我が家に来てくれてから、私の心が豊かになったのは間違いない…。

ロシ子の特別ご飯のパウチ。そこで、今回もロシ子に美味しい特別ご飯をあげました。

これは、モンプチの「ラ・キュイジーヌ」というシリーズの、5種類の内の1種類目、「チキンのロースト 〜ラタトゥイユ風ソースを添えて〜」というパウチ…、何ともオシャレなネーミング…。
パウチの成分表。このパウチは、内容量が85gもあるので、昨日の晩と今日の朝との2回に分けてロシ子にあげたのですが、1回分の42gで33.6kcalなので、総合栄養食と言えども、カロリーは低いですね。

ちなみに、カリカリにすると10g弱の量に相当するパウチなので、お腹は膨れるけど、太らないって事ですね。
美味しそうなロシ子のパウチ。そして、パウチの中身はこんな感じなのですが、ラタトゥイユ風って、私もどっかのイタリアンかフレンチで食べた事がある様な気がしますが、これはなかなか美味しそう…。
トマトとナスも入っています。チキンに加えて、トマトやなすも入っている様で、赤いのがトマトで、黒いのがなすの皮の部分だと思いますが、しかし、美味しそう…。
カリカリとサプリをくわえました。そして、今回はパウチの量が多いと思ったので、鶏の胸肉は入れずに、カリカリとサプリだけを合わせて、総重量45gのロシ子のスペシャルご飯を作ったのですが、今、思うと、いつも、パウチは30〜40g位だったと思うので、今回も鶏の胸肉を入れても良かったなぁー…。
パウチのソースを混ぜ合わせます。そして、パウチのソースをカリカリとかサプリに絡める様に、全体を混ぜ混ぜして、ロシ子のスペシャルディナーの完成です。

これはロシ子、喜んでくれるでしょう!
喜んで食べるロシ子ちゃん。そして、ロシ子ちゃんのスペシャルディナーを出してあげたら、ロシ子、初めてのパウチでしたが、最初から喜んで食べてくれましたよ…、良かった、良かった…。
猫が喜んでくれると嬉しい。猫ちゃんとかワンちゃんとかと一緒に生活をしておられる方は、皆さん、そうだと思うんですけど、私の場合も、愛猫が喜んでくれている様子を見ると、こっちまで嬉しくなってしまうものですよね。

一所懸命、ガツガツとご飯を食べてくれると、本当に嬉しくなってしまいます…、これからも、ずっと元気でいてちょうだいよ、ロシ子ちゃん!

そして最後に、アップせずに残っていた、ロシ子の子猫の頃の動画をアップさせて頂こうと思いますが、以前、短編ばっかりを集めたロシ子の面白い場面の動画を作ろうと思って、3つだけ、残していた短い動画があって、結局、その後、短編の動画を集めなかったので、アップしていなかったのですが、今回、その3つを合わせた動画を作りました。


この頃は、ロシ子との、1人と1匹での蜜月の生活を送っていた訳ですが、今よりもロシ子が子猫だったせいか、活発な感じがしますね。

この時も、本当のかわいかったロシ子なのですが、今の方が間違いなく、ロシ子はかわいくなっていますね…、一緒に過ごす時間が長くなるに従って、情が湧いて来ているからかなぁー…、でも、本当に、目の中に入れても痛くない程、かわいい、かわいい、ロシアンブルーのロシ子ちゃんなのです。


スポンサーリンク

ロシ子との生活も、2年2か月にもなりました。」への2件のフィードバック

  1. まさ

    そうなんですよね、猫を飼うと心が豊かになるんですよね。
    でも現実、迷い混んだ野良猫を仕方なしに飼ったり、頼まれてもらった雑種や日本猫を飼ったりしてる以外、柄を選んでお金を出して猫を飼っている人は犬から比べたら比じゃない位少ないのが現実です。
    少なくとも私の周りには人生振り返ってもほとんどいないです。
    正直、猫を飼っても私自身あんまり面白くないと思います。
    癒し以外は犬と比べたら何をやってもかなわないと思います。
    家族構成で男の子の多い家庭では猫を飼ってもあまりメリットがない感じもします。
    ペットショップなどでも売っている猫の頭数が犬の頭数を上回っているお店なんて見たことないです。
    いくらその辺に野良としてウロウロしていない猫を飼って周りにアピールしても化け猫なんて言葉がある位なので正直色眼鏡で見られてしまいます。
    でもロシアンブルーの毛並みにアビシニアンの性格は犬にはない魅力だと思います。
    優雅なヨーロッパなどではロシアンブルーは凄く人気があるみたいですね。
    日本もそうなるようにパパさんに頑張って猫の魅力をアピールしてもらいたいです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      まささん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      私的には、まささんの様に物事を深く考えて、「ロシ子が来てから心が豊かになった」と、そこまでの気持ちで書いた訳ではないのです…。
      私は元々、ここまで猫の事をかわいがる様なタイプの人間ではなかったと言うか、どちらかと言うと冷めた人間だったと思いますので、ここまでロシ子の事をかわいいなぁーと思える様になって、自分の変わり様に驚いていますし、自分の新たな一面をロシ子に引き出してもらった、という意味で書いただけなのです。

      確かに、犬は元気ですし、猫はおとなしいですし、一般的には、犬の方が可愛いというか、フレンドリーに思うんだと思いますが、ホリエモンさんの様に、猫派の方もいらっしゃるので、私も当然、犬もかわいいと思っていますが、タイプ的に、私は猫の方が合っているんだと思っています。
      人様に向かって、猫の魅力をアピールする様な立派な考えを持っていませんし、ただ単に、ロシ子アビのすけとの日々の生活を、勝手にアップしているだけですよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です