ロシ子に子猫用のパウチを食べてもらいました。


ロシ子とアビのすけ。今日のロシ子のブログは、今日の アビシニアンのアビのすけ のブログの内容と一緒です。

おとといはアビのすけの記念日で、ロシ子にも美味しい晩ご飯をあげたのですが、我が家には、何事においても、まずはロシ子からというしきたりがあるので、折角のアビのすけの記念日なのに、まずご飯にありつけるのはロシ子の方で、アビのすけがご飯にありつけるのは、ロシ子の後になるのです…。

子猫用のパウチ。確か、前回もそうだったと思うのですが、今回のロシ子の美味しいご飯も、たくさん買い過ぎてしまった、アビのすけの子猫用のパウチをあげました。

美味しい子猫用のパウチ。ほんの少しだけ、ロイヤルカナンのステアライズド アペタイト コントロールのカリカリを混ぜて、ロシ子の美味しい晩ご飯です。。

面白いアビのすけ。そして、ロシ子に子猫用のパウチの晩ご飯を出してあげると、ロシ子は美味しそうに食べ始めていますが、ちょっかいを出したくなる、このアビのすけの気持ちもよく分かる…。

でも、序列はきっちりと付けておいた方が良いと思うし、私の態度も明確にしておいた方が、アビのすけもそれが当たり前になって、揉める事もないだろうから、たまたま、ロシ子の後に我が家にやって来てしまったアビのすけには悪いのですが、この我が家のしきたりは、今後も続けようと思っています。

美味しそうに食べるロシ子。ロシ子、とっても美味しそうに食べてくれました。

この子猫用のパウチは、とっても美味しいみたい…、あと1回だけ、ロシ子にはこの子猫用のパウチを食べてもらう予定です。

ご飯が残っているロシ子のお皿。そして、完食後のロシ子のお皿…、たくさん残ってる…、ロシ子は上手に食べる事が出来ない子なのです。

このお皿をアビのすけに出してあげたら、アビのすけは喜んで、ピカピカになるまで食べてくれると思うのですが、ロシ子のご飯を食べても良いと、アビのすけに勘違いをされても困るので、私は泣く泣く、このお皿をこの状態のままさげたのです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。