今朝からビブラマイシン再開…、ドキドキの朝ご飯…。


今朝の猫たちの朝ご飯の風景。これ、今朝の我が家の猫たちの朝ご飯の風景。

昨晩、ロシ子の喘息の薬を1回、お休みにして、今朝からロシ子に、また「ビブラマイシン」の服用を再開したのですが、昨日は薬の副作用からか、ロシ子が朝ご飯を吐いてしまったので、今日のロシ子の朝ご飯は、私の方がドキドキしてしまって…。

ロシ子の食欲は旺盛。でも、ロシ子の食欲は旺盛で、「ビブラマイシン」をロシ子の喉の奥に入れた後、ロシ子はすぐに朝ご飯をガツガツと食べ始めてくれました。

いつもよりがっ付いてたロシ子。今日はいつもよりも1回目で食べる量が多くって、私は安心していたのですが、その後、2〜3回、ご飯の場所に戻って来てはご飯を食べてくれたのですが、カリカリを5粒程、残してしまったのが少し気懸り…。

悪戯っ子なロシ子ちゃん。でも、これは今日のお昼ご飯の時の写真ですが、2にゃんとも、一応、自分のご飯を食べ終わった後、ロシ子、自分の自動給餌器の中には、少しカリカリが残っているのに、アビのすけの自動給餌器の所にやって来て顔を突っ込んで、少しだけ残っていたアビのすけのカリカリを食べていた位なので、ロシ子の体調は大丈夫っぽい…。

結局、自分の自動給餌器のトレーの中のカリカリも、しっかりと完食をしてくれたロシ子で、こんなお茶目なロシ子は最高…!

ロシ子の体重測定。そして、3日前のロシ子の体重測定の様子もアップしてしまいましょう。

ロシ子の体重は3,663g。この日のロシ子の体重は3,663gで、ちょっと増え気味ではありますが、喘息の薬を投薬している時なので、体力を付ける為にもGood…!

「ビブラマイシン」のせいでロシ子の体調が悪くなる様なら、体重も減ってしまう事だろうし、「ビブラマイシン」は6/19(日)の晩から飲ませているので、薬の服用を始めてから3日目の体重測定で、これ位の体重を維持しているのならOKだと思います。

体重測定後のロシ子。体重測定後のロシ子ちゃん…、おっとりロシ子は、籠の蓋を開けてあげても、おっとりロシ子ちゃんのまま…。

かわいいロシ子。こんなおっとり、穏やかなロシ子だからこそ、喘息の発作を起こしたり、薬の副作用で吐いてしまったりすると、もう、可哀想で、可哀想で、仕方がなくなるのです。

何とか、喘息の薬が効いてくれないかなぁ〜…、ロシ子の喘息の症状が収まってくれないかなぁ〜…、本当に、ロシ子の事が気懸りなのです。


スポンサーリンク

今朝からビブラマイシン再開…、ドキドキの朝ご飯…。」への2件のフィードバック

  1. こちらのブログにも失礼します(アビのすけ君ブログにお邪魔したばかりでした)
    ロシ子ちゃん、お薬を一度お休みして、また再開したのですね。
    強い薬なのだな、と思いましたが、副作用があっても、やっぱり勝手に止めてはいけないのですね。
    病院から“一度休んで、また飲ませるように”という指示があったお話を読んだときは、当たり前ですが病院の指示を仰ぐことの大事さを知りました。
    私自身もかつて自分の(人間の)薬を処方された時に、あまりにも強い副作用が出たので勝手に止めようかと思ったのですが、病院の先生に伝えたら“続けた方が良い薬なので半分の量にして内服するように”という指示を受けたことを思い出しました。
    ロシ子ちゃんの食欲があるというお話を読んで、私も安堵しました。
    どうか、これで症状が落ち着いてほしいと願っています。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。ロシ子のブログにもコメントを下さいまして、有難うございます。

      はい、私の事でしたら、薬も適当に飲んだり止めたりするのですが、猫の事ですので、動物病院に電話をして指示を仰ぎ、その指示通りにさせて頂きました。
      私も、ロシ子に副作用の出る可能性のある薬をあげるのは、とっても心配なのですが、ブリーダーさんから教えて頂いた薬でもありますので、試してみたく思っています。
      基本的には、ロシ子は食欲もありますし、普段の行動を見ていても、元気でいてくれていますので、薬の服用を続けて、少しでも良くなって欲しいと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です