ロシ子にシャンプーをしました…、かわいい子…。


引き腰のロシ子。これは3日前の事ですが、この日、ようやっと、ロシ子にシャンプーをする事が出来ました。

これは、ロシ子にシャンプーする前の様子ですが、いつもの様に、敏感なロシ子は、自分の身によからぬ事が起こる事を察知して、ちょっと、引き腰ロシ子…。

後ずさりするロシ子。そして、後ずさりをするロシ子…、固まってしまってるロシ子がとってもかわゆい…。

可愛すぎるロシ子。そして、ロシ子をお風呂に連れて来たら、ロシ子が爪を立てて、必死に私にすがり付いて…、たまらん…、かわいすぎる…!

おとなしいロシ子。そして、ロシ子は超・猫っ毛なので、地肌にまでシャンプーが染み渡る様に、バケツの湯船にロシ子を浸けたのですが、本当にロシ子はかわいいお顔をしてる…!

水のお風呂に浸かるロシ子。今回は、夏真っ盛りの中でのシャンプーだったので、お湯ではなく、水の湯船に浸かってたロシ子ですが、水もぬるま湯みたいな状態で、気持ち良さそうにしていたロシ子でしたよ。

鳴く姿もかわいいロシ子。ロシ子、鳴いてしまいましたが、これはご愛嬌…、今回も、ロシ子はほとんど鳴く事もなく、お利口さんにシャンプーをさせてくれました。

ガリガリのロシ子ちゃん。バケツの湯船から出て来たロシ子ちゃん…、ガリガリちゃんのロシ子がまたかわゆいのだ…!

この後、シャンプーをして、しっかりと水で洗い流してあげて、きれいなロシ子ちゃんになって貰いました。

そして、今回のシャンプーは、夏真っ盛りの中でのシャンプーでしたので、猫たちの体をしっかりとタオルで拭いてあげた後、ドライヤーなしの自然乾燥で猫たちに舐め舐めして貰いました。

おかげで、1にゃん30分×2にゃんと言う事で、1時間でシャンプーが終わったぁ〜…、アビのすけは力が強いので、シャンプーも大変なのですが、ロシ子は女の子であると共に、静かにシャンプーをさせてくれるので、疲れ方が全然違うのです。

きれいなロシ子。そして、すっかりときれいになったロシ子ちゃん…、毛触りも、すっかりシルクの様に最高の撫で心地になったロシ子ちゃんでした。

最後、またまた昨晩、ロシ子が喘息の咳をしてしまいました…、なんでなんだろう…?(涙)

この直前、ロシ子は戸の前で私が晩ご飯を持って来るのを待っていたのですが、待ちきれずにベットの方に行って喘息の咳を…、なんか、喘息の咳をしそうな気がしたのです…。

ロシ子が戸の前に座ったら、戸の前からどこかに行く前に、早く晩ご飯を持っていかないといけない感じ…。

このタイミングで喘息の咳をする事が多いという事は、ご飯を待っていて、早く食べたくて興奮して、それで喘息の咳をしてしまうという事なのか…?

猫喘息って、本当に難しい病気だと思う…。


スポンサーリンク

2 thoughts on “ロシ子にシャンプーをしました…、かわいい子…。

  1. り。

    お久しぶりでございます。
    うちのもそろそろシャンプーしないとだなーっと思ってはいましたがロシ子ちゃんが入ったとのこと、明日いれてあげる決心がつきました!w
    ロシアンブルーのダブルコートの手触りは本当にすばらしいです。

    咳が今ひとつよくならないようで心配ですね。
    我が家の場合、嬉しくてのどをゴロゴロさせるときにも時折咳をしました。
    ロシ子ちゃんもご飯だ!と喜んだとき興奮してのどに力が入り気道がキュッとしちゃうんでしょうかね。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      りさん、こんばんわ。昨晩は、コメントを頂きまして、有難うございます。

      猫って、それ程、シャンプーの必要がない、清潔な動物ですので、どうしても、シャンプーの間隔が開いてしまいますよね。
      私も、当初は、3週間に1回のペースでシャンプーをしていたのですが、忙しさにかまけて、段々と間隔が開いてしまっています…。

      おっしゃる通り、ロシアンブルーのダブルコートの手触りは最高ですよね。
      シャンプーをしなかったらザラザラになってしまうので、やはり、シャンプーをした後は、マメにしなければって思ってしまいます。

      ロシ子の喘息の咳に関しては、色んなパターンでロシ子が咳をしてくれるので、なかなか難しく悩んでしまいますが、出来るだけ、ロシ子の苦痛を減らしてあげられる様、手を尽くしてあげたいと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です