明日は動物病院に付き、今週のロシ子ちゃん & 爪切り。


ロシ子の爪切りの様子。まずは、少しずつでも、溜まっているロシ子の写真を消化しましょうと言う事で、これは、約2週間半前、5/23(水)の晩のロシ子ちゃん…、この日、我が家の猫たちの爪切りをしました。

直近では、今週の(火)の6/5に猫たちの爪切りをしていて、大体、10日から2週間に1回のペースで猫たちの爪切りをしているのですが、今週の(火)の爪切りの様子は写真に撮ってはおらず、前々回の爪切りの時のロシ子ちゃんの様子。(笑)

ロシ子のお手々の爪切り。さぁ、ロシ子ちゃん、お手々の爪切りをしましょうね。(笑)

爪切り前のロシ子の爪。これ、爪切り前のロシ子の爪だったと思いますが、尖ってはおらず、ちょうど良いタイミングでの爪切り…、しかし、何故か、この時の爪切りの写真はこの3枚だけで、肝心の、爪を切った後のロシ子の爪の写真を撮っていないのです…。(汗)

ちなみにロシ子、この時も、お手々の爪切りはおとなしくさせてくれましたが、足の爪を切った時には、「フゥ~(怒)」って怒っておられましたよ…、あぁ~、怖い、怖い、ロシ子ちゃん…。(汗)

今日も咳をしてしまったロシ子ちゃん。さて、明日ですが、ロシ子をまた、東大阪の2次診療の動物病院に連れて行きます…、そこで、それにあたり、今週のロシ子の様子を、記録としてアップしておこうと思います。

まずは、ロシ子の咳の状態についてですが、これは、今日の午後5時過ぎのロシ子ちゃんでしたが、この直前、ロシ子、長い咳をしてしまいました…、この時、私は1階にいたのですが、ロシ子が咳をしている音が聞こえたので、ロシ子を撫で撫でしに来たのですが、私が撫で撫でをしている間にも、ロシ子、咳をしてしまいました。

今週は、ロシ子にステロイドのプレドニゾロン1/2錠を1日2回、飲ませていたのですが、去年の年末はピタッと咳が止まったのに、今回はハッキリ言って効果はなく、毎日、夜中に複数回の咳をしていたし、日中も咳をしてしまっていた…、今日も、この咳の後、19時頃、21時頃にも咳をしてしまった…。

やはり、先生の所見の通り、ロシ子は喘息でも慢性気管支炎でもないらしいので、これらの病気に効果のあるステロイドも、ロシ子には効かなくなっているのが現実の様で、それなら一体、ロシ子の咳を止める術はあるのか、明日の細胞検査の結果次第になります…、かなり不安です…。

ロシ子の誕生記念日。これは、3日前の6/6(水)の猫たちの晩ご飯に出してあげた「無一物」のかつお…、この日はロシ子の5歳と5ヶ月の誕生記念日だったので、久しぶりに、記念日ご飯を出してあげたのです。

ロシ子の記念日ご飯。以前は、ロシ子はこの「無一物」のパウチも大好きで、それはそれは、喜んで食べてくれていたのですが、久しく、カリカリだけのご飯にしていたら、この「無一物」も食べず嫌いをする様になってしまって…。

この1ヵ月位で、徐々に、徐々に、ロシ子に缶詰のご飯を出してあげて、慣らせては来たのですが、若干、不安もあったので、カリカリと缶詰は同じお皿の中でしっかりとセパレート。

ロシ子の食い付きは上々。そして、晩8時頃、ロシ子にその記念日ご飯を出してあげたら、ロシ子、「無一物」のパウチばっかりをガツガツ…、よしよしロシ子ちゃん、Good Jobだよ…!

缶詰を完食のロシ子ちゃん。そして、ロシ子は1回では食べ切る事が出来ない子なので、ここで一旦、ブレイクタイム…、お皿の中を覗いてみたら、ロシ子、パウチはしっかりと完食していて、これでほぼ、パウチに対しての食べず嫌いを克服してくれたと思います。(笑)

この後、晩10時過ぎ位までは掛かったと思いますが、ロシ子、このカリカリも完食してくれたし、先週は食欲が落ちていて、かなり心配をしていたのですが、今週に関しては、食欲減退の問題は解消し、ロシ子の食欲と言うか、食い付きは通常に戻りました。

ロシ子の食べ方が笑える。ついでにこれは、昨日の猫たちの晩ご飯の様子ですが、写真は撮っておりませんが、昨晩は猫たちに我が家のメインの缶詰、「たまの伝説」の「631」を出してあげたのですが…。

ロシ子、パウチを食べてくれる様になっても、缶詰はまた別物の様で、ちょっと前は食べず嫌いをしていたので、これもまた、ちょっと不安だったのですが、この食べっぷり…、カリカリを手前側に、缶詰を奥の方になる様、ご飯のお皿を置いたのですが、向こう側にある缶詰にガッ付いていた様で、この食べ方と言うか、体勢が笑えた。(笑)

ロシ子が水をたくさん飲んでた。しかし、ちょっと気になる事もありました…、これは、昨日の午前中の事でしたが、今からネブライザーをしようかという時、ロシ子が水を飲んでいたのです。

まぁ、水を飲む事は、ロシ子は基本的にあまり水を飲まない子なので、普通に考えると良い事なのですが、この前日位から、ロシ子が頻繁に水を飲んでいる光景を私は見ていて、何が心配なのかと言うと、まず大丈夫だとは思いますが、ロシ子にステロイドの副作用が出ていないかと言う事なのです。

前回、先週の5/27(日)に東大阪の2次診療の動物病院に行き、ロシ子にステロイドのプレドニゾロン1/2錠を1日2回、飲ませるに当たって、私は、去年の年末に、ロシ子にプレドニゾロン1/2錠を2ヶ月間に渡って飲ませていて、この時は特に副作用も出なかったので、今回も問題ないだろうと思っていたのですが、先生からは、稀に、急性の糖尿病になる事もあるとの事で…。

私が先生に、仮にロシ子が急性の糖尿病になった場合、それを見分けるには、ロシ子のどの様な行動に目を光らせておくべきかを聞いた所、「水をたくさん飲む」「トイレに何回も行く」との事で、ロシ子、トイレはそれ程、いつもと変わらない回数だと思うのですが、今日はちょっとましでしたが、水は本当に頻繁に飲んでいたので、明日、先生にその事をお伝えしようと思っています。

ちなみに、糖尿病を見極める為には、血液検査で膵臓の数値を調べる様なのですが、その血液検査の器械に関しては、2次診療の動物病院さんが使われている「アイデックス」というメーカーの器械は、膵臓に特化していないので、あまり当てにならないとの事…。

フジフィルムの血液検査の器械なら、リパーゼ(膵臓の酵素)の数値も見極められるとの事で、明日の先生のご意見によっては、いずれか、フジフィルムの血液検査の器械がある動物病院で、ロシ子の血液検査をして貰わねばと考えています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です