ロシ子、明日、精密検査です…、ちょっとその前に…。


咳をした後のロシ子ちゃん。明日、精密検査(CT検査、気管支内視鏡検査、気管支肺胞洗浄)を受ける為に、ロシ子を2次診療の東大阪の動物病院に連れて行きます…、今日はそれに当たり、今週のロシ子の体調、状況をアップしておこうと思います。

これは、今週の(月)の朝9時過ぎの事だったと思いますが、単発の咳だったからか、動画は撮れなかったのですが、咳をしてしまった後のロシ子ちゃんの様子…、可哀想に…。

頑張れ、ロシ子ちゃん。そしてこれは、その日の晩のロシ子ちゃんの様子…、この時も確か、咳をしてしまった後だったと思う…。

一見、しんどそうに見えるけど。一見、しんどうそうに見えるロシ子ですが、咳をした後は、もっと言うと、咳をし切ってしまった後は、喉がすっきりとするのか、しんどい様子は解消され、この時は、とっても寛いでいたロシ子だったと思います。

テレビ台の棚の中のロシ子。そしてこれは、その翌日、今週の(火)の夕方の事でしたが、これも動画は撮れませんでしたが、テレビ台の棚の中で、ロシ子が咳をしてしまったんだ…。

ロシ子にしこりが…!?そしてこれは、ロシ子の喘息とは関係のないお話ですが、昨晩、ロシ子を撫で撫でしていたら、ロシ子の脇腹辺り(レントゲン写真で言ったら、肺の辺り)にしこりみたいな手触りが感じられて…。

ロシ子の事が心配です。ちょうど、レントゲン写真で見たロシ子の靄(もや)が掛かった肺の後方部分に、白い靄(もや)の塊があって、初めてロシ子を2次診療の動物病院に連れて行った時、この状況は、気管支の最後の終点の肺胞と言う部分でトラブルが起こる「肺胞パターン」と呼ばれる現象だと先生に伺ったのでしたが、これ、腫瘍が出来てるんじゃないやろね…。(汗)

まず、そんな最悪な状況ではないとは思っていますが、明日の諸々の検査で、そこら辺も分かると思うので、とにかく私も冷静でいなければいけません。

そして、次の動画は今日の午前中の事…、ロシ子にネブライザーをしようと思ったら、ロシ子が咳をしてしまったのです。

この時以外にも、今日もロシ子は数多くの咳をしてしまったのですが、咳の深刻度で言えば、しんどそうなのはしんどそうなのですが、肺や気管支がしんどくて咳をしてるって言うよりは、喉がイガイガして、喉に痰が絡んで咳をしてしまったって感じに見えた。

ロシ子にネブライザーを。その後、ロシ子にネブライザーを始めたのですが、まだ、咳をし切っていないと言うか、喉には痰がたくさん残っていた様な感じで、ロシ子、呼吸をしながらも、その呼吸音には痰が絡んでいる音も混じってて…。

そしてこの通り、ネブライザーをしている最中に、ロシ子、咳をしてしまいました…。(涙)

咳をしている間は、ネブライザーの噴霧を外してあげても良かったのですが、ネブライザーの噴霧には、ロシ子の喘息を良くする為の薬液も入っているし、咳をしている時って、息を吐いて吸う量も多くなると思ったので、たくさん噴霧を吸ってくれると思い、そのままロシ子に噴霧を向けていたのですが、でもロシ子、息苦しかったかも…、ごめん…。

こんな状況の中、明日、ロシ子を動物病院に連れて行くのですが、明日はロシ子、動物病院にお泊りなので、ロシ子は繊細なロシアンブルーなだけに、寂しがらないか、ストレスを溜めないか、私はかなり心配です…。

でも、ロシ子の為だから、私は心を鬼にして、ロシ子を動物病院に置いて来なければいけません…、と言うか、明日の晩は、私が寂しくなってしまいそうです…。(涙)   そして…。

晩もこんな感じで咳をしてしまったロシ子…、今日もこんな感じの咳を10回位はしていて、こう見ると、痰が絡んだ咳だけではなく、普通の肺や気管支が原因の喘息の咳もしている感じ…。

明日の精密検査で、より核心を突いた治療が出来る様、ロシ子のこの咳の原因を突き止めて欲しい…、小さい体で耐えて頑張っているロシ子を、何とか救ってあげたいです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です