ロシ子…、お前は本当に心配させてくれる悪い子だよ。(涙)


今朝のロシ子ちゃん。今日はまず、ロシ子にお詫びをしなければいけないお話からです…、これは、今朝8時前のロシ子ちゃんですが、今から自動給餌器が動き始めるので、ロシ子の食欲のレベルを確認しようと、私、Webカメラに張り付いていたのです。

しかし、実は、朝8時になっても、ロシ子の自動給餌器から私の録音の声が聞こえず、自動給餌器が動かなかったのです…、何故だ…。

朝ご飯後のロシ子ちゃん。その様子は、動画を撮って、私のノートパソコンに保存したのですが、何故か動画を編集する事が出来ず、残念ながら、ブログにアップする事が出来ないのですが(後日、アップさせて頂きます。)、10分後、アビのすけは自分のご飯を食べ終わり、ロシ子ちゃんは途方に暮れて? ここに…。

お顔を洗うロシ子ちゃん。しかし、その後、ロシ子ちゃんはお手手でお顔を洗っていて、これ、ロシ子が食後にする行動で、実は、アビのすけが自分のカリカリをちょっと残してくれたおかげで、ロシ子はほんのちょっとですが、ご飯を食べる事が出来ていたのです。

昨日の猫たちのお昼ご飯の様子は、私、神戸空港から関空に向かうベイシャトルに乗っていて、海上を走っていた為、電波が悪く、画像も悪くで、しっかりと確認をする事が出来ず、また、昨日の猫たちの晩ご飯の時は、私、疲れ切っていたのか、昨日の夕方、ホテルにチェックインをした後、午後6時位から寝入ってしまい、気付いたら夜中の1時を回っていて、宮崎地鶏を食べに行く事も出来ず、ロシ子の自動給餌器が動いていなかった事も確認出来ず、私もお腹は減っていましたが、ロシ子にはもっと、お腹を空く思いをさせてしまったのです。

この朝ご飯のロシ子の自動給餌器が動いていなかった事に気付いた後、朝8時05分にペットシッターさんにLINEでご連絡をさせて頂き、本来なら、今日の午後2時から4時の間にお越し頂く予定の所、出来るだけ早く、お越し頂く様にお願いをし、「おはようございます‼️ 承知いたしました🙇‍♀️ なるべく早く伺います🙇‍♀️」と、8時06分にお返事を頂いたのです。

手付かずのロシ子のカリカリ。そしてこれは、今日の午前10時35分に、ペットシッターが送って下さった写真…、やはり、ロシ子の自動給餌器は動いていなかった様で、トレーに入っていたカリカリは手付かずの状態。

今回はもう、自動給餌器を当てにする事はやめ、この状態のまま、つまり、蓋(カバー)をせずに置いておいて頂く様、ペットシッターさんにお願いをしました。

定位置のロシ子ちゃん。そして、これもペットシッターさんが送って下さった写真ですが、最近の定位置、マッサージチェアーの向こう側にいたロシ子ちゃん…、「機械の故障以外は問題なさそうです。」とのシッター報告も頂き、まずは、ロシ子の元気そうな様子を確認できたので、私はホッとしたのです。

夕方、ロシ子がいない。そして、今日の夕方、ロシ子の事が心配だったので、様子を確認しようと、Webカメラを覗いたのですが、ロシ子が見つからない…。

ちなみに、アビのすけの自動給餌器の蓋も、この通り、閉めずに置いておいて頂く様、ペットシッターさんにお願いをしました。

ロシ子、定位置にいるのだろう。ロシ子、多分、最近の定位置の、このマッサージチェアーの向こうにいるのだろう…、分かってはいるのですが、でも、ロシ子の事を自分の目で見れていないので、不安は募るばかりで…。

晩、やはりロシ子がいない。そして晩、やはり、ロシ子の事が心配だったので、Webカメラを覗いてみたのですが、アビのすけはいつでも、すぐに見つかるのですが、ロシ子がまた見つからない…、ペットシッターさんからの写真で、ロシ子の姿は見てはいましたが、私の自分の目では、朝ご飯の時から、全くロシ子の事を見ていなかったので、私はさすがに心配になって。

ソファーベットの上にもいない。私が家にいる時には、このソファーベットの上の猫ベットで寝ている事が多いのですが、ここにもいない…。

ソファーの背もたれにもいない。私の留守中、部屋全体を見渡せるこの場所にいる事も多いのですが、ここにもいない…。

ロシ子が確認出来ない。と言う事は、やはり、Webカメラでは死角になって見る事の出来ない、このマッサージチェアーの向こう側にロシ子はいるのか…、多分、いるのだと思うのですが、自分の目で、直にロシ子の事を確認しないと、全く安心が出来ない…。

その後、1階もくまなく探したのですが、ロシ子はどこにもおらず、私の不安は最高潮に高まり、不安で不安で仕方がなかったのですが…。

ロシ子がいた。再度、2階でロシ子を探そうと、2階のWebカメラを開いたら、ロシ子がど真ん中にいた…、いてくれた…、私、一瞬、自分の目を疑ってしまい、2度見してしまいましたよ。(汗)

ご飯を食べている場面は、見る事は出来ませんでしたが、こうしてロシ子、手でお顔を洗っているので、多分、この直前に、ご飯を食べていたのだろう…、本当にホッとしたぞ、ロシ子ちゃん。

咳をすると思ったけど。その後、ロシ子、上を向いて…、このポーズをする時って、喉が苦しくて、気道を広げようとする行動で、このポーズをした後には、ロシ子、咳をする事も多いのですが、今回はしなかった。

ロシ子を見て元気が出た。今日1日、ロシ子を探しては見つからずが続き、私はずっと、もやもやしていたのですが、ロシ子の事を見て、普通通りのロシ子でいてくれてた事が確認でき、私の気持ちもすかっと晴れて、本当に安心した…、ここまで心配をさせてくれるロシ子は、本当に悪い子だよ…、本当に心配したし、本当に安心したんだぞ、ロシ子ちゃん。(涙)


スポンサーリンク

ロシ子…、お前は本当に心配させてくれる悪い子だよ。(涙)」への2件のフィードバック

  1. パパさんは旅行なのですね。
    この前回の記事の写真の青い空が美しいです。
    たまには猫ちゃんたちの御留守番も良いと思います。
    若い時からお留守番に慣れておくと万が一、急なお留守番になっても”いつものことか〜”と落ち着くような気がします

    ところで・・・再びロシ子ちゃんの給餌器が動かなくなってしまったのですね。
    アビのすけ君ではなくロシ子ちゃんの給餌器の方が止まる回数が多いのでしょうか(アビのすけ君のも1度、動かなかったような気がしますがロシ子ちゃんの方が多そうな気がします)
    今回はペットシッターさんにすぐに連絡がついて、対応していただけて本当に良かったです。
    ロシ子ちゃん自身もアビのすけ君の食べ残しを食べることができたようですし。

    実は、私、パパさんの不在の時の(旅行や出張などで)給餌器のことが気に掛かっております。
    勿論、パパさんが給餌器が順調に動くように気を付けていらっしゃることは承知しております。
    ただ、機械がそろそろ寿命なのかな・・・と感じることがありますがどうなのでしょうか。
    他人様の猫ちゃんについて私が言うことではないのですが、餌を食べられないのは可哀想だと感じてしまいました。
    人間の子だったら言葉で指示することができますが、猫はどうして自分だけが食べられないのか全く理解できないところから始まります。

    ペットシッターさんに来ていただいていますし、今までもシッターさんがちょうど良いタイミングで応対してくださっていることで読んできました。
    ただ、やっぱり、給餌器はそろそろ安全確認をなされたらどうかな・・・と部外者であり読者である私は考えてしまいました。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。先日は、コメントを頂いておりまして、有難うございます。
      先日は、ロシ子の事が心配で、ロシ子の事で頭がいっぱいで、すぐにお返事をする元気がありませんでした。

      ロシ子の事を考えますと、当面、旅行に行く気にもなれませんが、また、ロシ子の病状が落ち着きましたら、気分転換の意味でも、旅行には行きたいと思っていますので、その際には、新しい自動給餌器を買おうと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です