ロシ子、ごめん…、鍵をなくして、約7時間、家に入れず…。


ご飯を待ってたロシ子ちゃん。これは、今日の午後2時半過ぎの事でしたが、ロシ子が遅い昼ご飯をがっ付いていた様子…、がっ付いていたのもその筈で、このご飯、今日のロシ子の1食目で、ロシ子、それはそれはお腹が減っていた様で、ガっ付いていたのです。(涙)

住吉川のイメージ図。これは、日々、私が走っているランニングコースの、神戸市東灘区の住吉川…、これはイメージ写真としてアップした写真で、今日の住吉川ではなく、先月の7/10(水)の西日本豪雨後の住吉川の写真。

今日は私、トレイルシューズを履いて、トレランの練習として、写真に写っている女性が走っている向こう側、遊歩道の端っこの土や草、西日本豪雨の痕跡の流木やガレ場っぽい石などがある場所を走っていたのです。

そして、約1時間後、走り終わって家に着き、いつもの様に柔軟体操をした後、玄関の門扉を開けて、家に入ろうと鍵をポケットから取り出そうとしたら、鍵がない…。

私は頭が真っ白になり、でも、家を出る時には鍵はあり、住吉川を走って戻って来たら鍵がないという状況だったので、そのランニング中に鍵を落としたのは間違いないと、私は住吉川に戻り、歩きながら1周して探したのですが、見つからず…。

私のスマホ。私、ポケットにチャックのないパンツを履いて走る時は、スマホケースの左側のポケットに、鍵を裸のまま入れて走っていたのですが、今日は段差の激しい所をバタバタと走っていたので、鍵がスマホケースのポケットから出てしまい、それで、何かの拍子で鍵を落としてしまった様…。

草木が生い茂っていない2月。これも今日の写真ではなく、イメージ写真になりますが、これは、おととしの2月に撮った写真ですが、冬の間は、遊歩道の左端の土の部分は、こんな感じで草木が生い茂っておらず、こんな状態だったらトレランの練習にはなりませんが、でも、こんな状態だったら、もしかしたら鍵は見つかったかも知れませんが、今日は草木がボーボーの為、見つからず…。

結局、住吉川には2回行き、ゆっくり歩いて探したのですが見つからず、真夏の影のない所を3時間は歩いてヘトヘトになるし、知り合いのリフォーム業者さんに連絡をしたりでスマホの電池はなくなり掛けるし、汗はびっちょり気持ち悪いし、スマホケースに1,000円札だけ入れていたので、水分は取る事が出来ましたが、家に入れない事がこんなに大変で不便な事だって、心の底から思いました。

鍵屋さんの作業風景。結局、最終手段として、鍵屋さんに来て頂いたのですが、住吉川を1周して見つからなかった段階で、一度、鍵屋さんに来て頂いたのですが、我が家の鍵を見て、これはシリンダーをドリルで潰すしか開かないと言われ、大ごとになりそうな感じで…。

それなら、真夏のマラソンに慣れる為のトレーニングになるし、そして、鍵を落としたのはほぼ住吉川なのだから、もう一度、真剣に探したら見つかる筈だと、2周目の住吉川となったのですが、2周目はちょうど正午位で、真上からの太陽が直撃の炎天下の中、真剣に探したのですが見つからず…。

もう無理だ、限界だと思い、再度、鍵屋さんに来て頂き、ドリルで我が家の鍵を壊して貰い、ようやっと、午後2時半前に玄関が開いて、家に入る事が出来て…、結局、朝6時半過ぎに家を出て、午後2時半前までの約7時間、家に入れない難民になってしまい、本当にしんどかった…。

ドリルで破壊されたシリンダー。参考までに、これ、ドリルでぐちゃぐちゃに壊された我が家の玄関のシリンダー。

どっかの窓から入れないかとか、1回目に鍵屋さんに来て頂いた時に、真剣に考えて下さったのですが、我が家の防犯は厳重過ぎる様で、全くその余地はなく、そして、2回目に鍵屋さんに来て頂き、ドリルを使ってシリンダーを壊すのも、作業開始から家に入れるまでに1時間弱も掛かり、厳重過ぎる防犯も、こんな時は考え物です…。

お腹が減ってたロシ子ちゃん。そんなこんなで、家に入って一番に、とにかく、猫たちにご飯を準備して食べさせ、それで私は、汗まみれの体から逃れる為に、浴室に行ってシャワーを浴びたのです。

ごめんね、ロシ子ちゃん。幸い、我が家の1階のエアコンは付けっ放しにして家を出ていたので、猫たち、お腹は減ったものの、暑い中で苦痛を感じず、涼しい中で過ごせていたので、元気にしてくれてて良かった。

ついでにアビのすけ君も。ついでにアビのすけ君の写真も…、アビのすけも必死にご飯を食べていましたよ。

それにしても、今回、私、鍵をなくしても、鍵の専門業者さんならすぐに開けてくれるだろうと安易に思っていましたが、とんでもない…、私は一人暮らしなので、誰かが合鍵を持っていると言う事もなく、普段は気楽で良いのですが、こんな時は大変…、鍵の事に限らず、万一の時の事は考えておかなければいけないと、痛切に思った出来事でした。

それにしても、50歳前のおっさんが、真夏の34℃位の炎天下の中、水をかぶったかの様に汗でびしょびしょになりながら、家に入る事も出来ず、スマホの電源も切れそうな中、街中を彷徨っている様子…、我ながら、俺は何をしてるんだろうって、後で振り返ると、自分が情けなく、ガッカリしてしまいました…。

今日の河川敷の隅っこ。※ 追記(H30.8.3 AM9時): 昨日は、急には準備が出来なかったので、過去の写真から、似た様な住吉川の河川敷の写真をアップしましたが、今日(8/3)の午前7時前に、住吉川の河川敷の隅っこのあぜ道?の写真を撮って来ました。

昨日、おそらく、こんな草木の生い茂った所で鍵を落としたので、見つからなかったのだと思います。(涙)


スポンサーリンク

ロシ子、ごめん…、鍵をなくして、約7時間、家に入れず…。」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 今日は、アビのすけのこんな顔を見たら、ホッとするよ...。 | アビシニアンのアビのすけブログ。

  2. きこさん

    こんにちは。この猛暑の中大変な目に遭われましたね(笑)家の中のクーラーがついていたとのことで猫たちも無事でなにより。しかし、鍵屋さんに来てもらって鍵の交換も結構な出費ですよね。私も昔、やったことがあります。シャワー後のビールはさぞ美味しかったことでしょう笑笑

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      きこさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      はい、本当に、悲惨な目に会いました…。(汗)
      エアコンの風にも当たれず、シャワーも浴びれず、寛ぐ場所もなく、家に入れない事が、これ程までにしんどい事とは思いませんでした。
      はい、シリンダーを壊さずに済めば、1万円も掛らないと思いますが、ドリルでシリンダーを潰して、2ロックですので、それが2か所になり、また、今日、発注したのですが、新たなピッキング対応の2個のシリンダーも必要になり、締めて、片手程の金額になってしまいました…。(涙)
      ロシ子の為に使うお金なら、喜んでなのですが、自分のミスでの自分へのくだらない出費には、本当に、自分にガッカリし、自分に腹が立ってしまいました。
      もし、私が汗だくで鍵を探している姿をご覧になられましたら、この人、頭がおかしいんじゃないって、きこさん、絶対にお思いになられた事と思います…。(汗)

      返信
  3. ピンバック: 私個人の備忘録に、ロシ子ちゃんにも参加して貰いました。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です