今日は、私の愛猫、ロシ子の3回目の月命日でした…、寂しいよ…。


iPhone-20200925-2126

今日は、私の最愛のロシ子の3回目の月命日でした…、ロシ子、お前がいないのは寂しいよ…。

ロシ子がいなくなって3ヶ月…、暑い夏も終わって、少し涼しくなって来て、アビのすけもベットの中に潜りこんでくるようになったけど、ロシ子はいない…。

ロシ子は私と一緒に布団の中で寝るのが大好きだったけど、病気を患うようになってから、ベットに入って来てくれなくなった…。

ロシ子は私の左脇のラインにぴったりと沿って寝てくれて、本当に穏やかな寝顔で、私の何よりの楽しみが、冬になってロシ子と一緒に寝る事だったのに…。

iPhone-20200925-2127

アビのすけが頻尿になる前、ロシ子の写真をたくさん貼るためのコルクボードを買って、昨日、光沢紙を買って来て、毎朝、私が見てる一番のお気に入りのロシ子の写真を、家のプリンターでプリントアウトしてみた。

パウチっこして、コルクボードに磁石で貼り付けようと思ってるけど、かわいいロシ子の上品なブルーのカラーが出てなくて…、やっぱり、お店にプリントしてもらおうと思ってる。

「天使になったペットたち(猫編)」も、まだ読んでない…、もうちょっと気持ちが落ち着いたら、ロシ子の事を想いながら読もうと思ってる。

YouTube-20140424そしてこれ、ずっと昔にアップしたYouTubeの1シーン、1歳3ヶ月と18日目のロシ子ちゃん…、人間年齢で言ったら19才くらいで、もう、はち切れんばかりに若いロシ子ちゃん。

たまに、ロシ子のYouTubeを見て下さった方からコメントが来るのですが、そのほとんどが、ロシ子が嘔吐したり、咳をしたりしてる可哀そうな動画で、私はロシ子が死んでしまうなんて思ってもいなかったから、ロシ子の日常を、ロシ子のすべてを記録として残そうと思ってただけだったのに、ロシ子が亡くなる2年くらい前からか、ロシ子が病気を発症して酷くなるにつれて、そんな動画も多くなって。

頂いたコメントを読む時に、そんな見るのが辛い動画でも、私の義務として、ロシ子の苦しみを忘れないためにも必ず見ていて、その度、もう、胸が苦しくなって、心臓の鼓動も早くなって、心が張り裂けそうで、心の中でロシ子に詫びているのです。

でも、先日、このYouTubeにコメントを下さって動画を見ると、この写真の通りの溌溂としたロシ子がいて、私はもう、涙が溢れて、嬉しくって、悲しくって、泣いてしまったよ…。

今、このブログを書きながらもう1回見たら、もう悲しくって、寂しくって、また涙が溢れてしまった…。

ロシ子のかわいい鳴き声や、動画を撮ってる私の足にロシ子が腰をゴンゴンとぶつけて来て、ロシ子が私に甘えてくれてた様子を鮮明に思い出してしまった…。

こんなにかわいい子が、あんなに苦しんで死んでしまって、私はもう、心の底から悲しいです。

ロシ子に本当に会いたいけど、それは絶対に叶わない事だし、この気持ちをどこにぶつけたら良いのか…、アビのすけの事はとっても可愛がってるけど、傍から見たら溺愛してるって思われるほどに可愛がってるけど、でも、ロシ子がいない寂しさは、ロシ子じゃないと埋められないよ…。

私は本当にロシ子が心の底から大好きで、欠かせない存在で、そんなロシ子も私の事を本当に何よりも慕ってくれて、本当にかわいい子だったです…、ロシ子、お前がいないのは寂し過ぎるよ…。

iPhone20200616_1410-再

最後に、またまた、この写真を…、亡くなる9日前のロシ子…、さっきの溌溂としたロシ子とは違うけど、人間年齢で46才、ぽっちゃりしてしまったロシ子だけど、年を取れば取るほど、ロシ子は可愛くなっていった。

そして、このロシ子の表情は私に甘えてくれてた時の顔で、はにかんだ笑顔で、他の人からは不細工な顔かも知れないけど、毎朝一番にこの写真を見ると、自然と私にも笑みが出てくるような、本当に優しい、私の事を好きでいてくれた表情のロシ子

これからもずっと、ロシ子の事を想いながら生きて行くからね…、そっちの世界で元気に暮らすんだよ…、それじゃあね、まただよ…。

webcamera-202009252137

そして、アビのすけのその後の経過報告も…、前回のブログでは、おとといの9/22(火・祝)の午後5時におしっこをしてくれた所まで書きましたが、その後、その1日+16時間後の昨日の朝7時におしっこをし、この写真は、今晩の9時半、昨日のおしっこから1日+14時間30分でおしっこをしてくれました。

アビのすけは大体、1日+15時間位でおしっこをするパターンが多い様なので、昨日のおしっこ後、今日の晩にするのではと思っていたのですが、案の定、この時間にアビのすけがにゃーにゃー鳴き出して、ウロウロとし出したのでWebカメラを見ていたのです。

そして、まずはいつもの通り、2階でうんこをするのかなと思っていたら、この座り方はうんこではない…、これはおしっこをしてるのではないかと…。

webcamera-202009252146

そして、一旦、トイレを離れて、また10分後に2階のトイレにイン…、この半分立ったような姿勢がアビのすけのうんこの体勢だぞ…、いつもは2階でうんこをして、その足で1階でおしっこをするんだけど、今回は2階で両方とも…!?

この動画は8分程と長く、私の備忘録の為の動画なので見て頂く必要はありませんが、アビのすけのトイレの全容。

iPhone-20200925-2150その後、2階に上がってトイレをチェックしてみると、しっかりとおしっこも2階でしてくれていました。

iPhone-20200925-2154

量もこんな感じで90㎖…、ちょっと少ないけど、今回は1分30秒でおしっこをしてくれました。

当初は5分もかかってトイレに座っておしっこをしていたので、すんなりとおしっこが出るようになってる感じでホッ…、今後も引き続き、アビのすけのトイレチェックを続けます。


スポンサーリンク

12 thoughts on “今日は、私の愛猫、ロシ子の3回目の月命日でした…、寂しいよ…。

  1. ブルー

    きっとロシ子ちゃんは今もパパさんの左脇に寄り添ってます。今年の冬はロシ子ちゃんとアビのすけ君に挟まれて暖かく至福の時間を過ごせますね。
    46歳熟女のロシ子ちゃん、色っぽいですね〜
    ロシ子ちゃんの3回目の月命日、おばあちゃんになったロシ子ちゃんを想像して偲びたいと思います。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、こんばんわ。こちらにもコメントを下さり、有難うございます。

      今日は、日中からアビのすけは私の布団に潜って寝てました。
      これからの冬の時期は、寒いですが、私はアビのすけと一緒に寝れるので楽しみです。
      ロシ子と一緒に寝れないのは残念ですが、天国でのんびり、快適な中で暮らして欲しいです。

      ロシ子の事を偲んで下さり、本当に有難うございます。
      ロシ子も喜んでいると思います。有難うございます。

      返信
  2. キティ

    パパさん、こんばんは。
    ロシ子ちゃんの3回目の月命日を迎えて、パパさんの悲しみ、寂しさが伝わってきました…。
    まだお辛い気持ちは癒えない事と存じますが、どうかゆっくりゆっくり乗り越えてください。
    (嵐の「君のうた」、相葉さんが獣医師役だったドラマの主題歌が個人的に好きです。歌詞に虹の橋という言葉が出てきます。聴く人それぞれの解釈があるかと思うのですが、亡くなった大切なペットにまた虹の橋で逢えると歌っていて切なくも優しい曲です。)

    アビのすけ君、症状が改善しますように。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      キティさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      はい、ロシ子の3回目の月命日を迎えて、ロシ子が亡くなったのがとっても昔に感じますし、ロシ子と一緒に過ごした日々が幻に感じます。

      嵐の「君のうた」、YouTubeで見させて頂きました。
      私はアイドルとかは全く知らず、テレビも全く見ないので、初めて嵐が歌ってる姿を見ましたが、確かに、「いつか巡り合える虹の橋で、同じ夢をみよう」とありました。
      私は、あと30年は生きたいので(現在、52才のオヤジです。)、まだまだ、虹の橋でロシ子と出会えるのは先になりますが、常にロシ子は私の心の中にいますので、今後もロシ子を大事に思い続けて行こうと思います。

      アビのすけは、昨晩、2日ぶりに大量のおしっこをしてくれました。
      2日に1回と、うんことおしっこの間隔が長いのですが、まずは、おしっこをしてくれているので、安心しています。

      有難うございます。

      返信
  3. モモ

    お疲れ様です、もうロシ子ちゃん三回目の月命日なんですね、家も四回目の月命日になります。
    私も何か月経とうが、また帰って来ないかなと家の中探したり、普段居た場所を懐かしんだり、あと愛猫の写真を眺めながら就寝しています。
    忘れないというのが最大の供養になるにではないでしょうか

    アビのすけ君、良くなって良かったですね、明るい兆しが見えてきました、このまま安定するよう祈ってます!

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      モモさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      3ヶ月が経っても、4ヶ月が経っても、愛猫の事は忘れられませんよね。悲しみは拭えませんよね。
      7年半、一緒に過ごした私でも、一生、ロシ子の事は忘れられない程ですのに、18年も一緒に過ごされたのですから、モモさんも大変な悲しみだと思います。
      私も、楽しく笑う時もありますが、心の底から笑えているのかと、やっぱりロシ子が死んでしまった悲しみは大きいです。

      昨日、竹内結子さんが亡くなって、私はテレビを見ないので、竹内結子さんの事もあまり知りませんが、なんか悲しいです。
      どんな心の闇があったのか、産まれたばかりのお子さんを残しての事なので、よっぽどの落ち込み、悲しみがあったのでしょうか…。

      話が逸れましたが、なんか、色々と本当に悲しいです。
      モモさんも元気を出して下さい。

      有難うございます。

      返信
  4. monatsu

    ロシ子ちゃん、本当に本当に可愛いです。
    ロシアンブルーは飼い主さんにオンリーラブな性格の子が多いので
    いじらしく愛らしいですよね。
    アビのすけ君も尿が出るようになってきてホッとしました。このまま安定して回復してくれますように。

    うちも先日愛猫を癌で亡くし失意のどん底にいます。
    悲しみからどうしようもない寂しさと虚しさが次々襲ってきて本当に辛いです。
    写真も数枚プリントしましたがどうにも憂鬱な気分は晴れませんでした。
    あまりに辛いので何かないかと色々検索し
    ペットの写真をクッションにしてくれるサービスを見つけました
    私はそれで愛猫のクッションを作りベッドに飾っています。
    存在感がありますし、何より抱きしめられる利点がありますのでオススメです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      monatsuさん、初めまして。この度は、ロシ子のブログをご覧いただき、コメントを下さいまして、有難うございます。

      ブログ、拝見させて頂きました。
      Twitterを見ていると、扁平上皮癌を患った猫ちゃんがたまにいて、罪のない子たちが本当に可哀そうで、もし、我が愛猫がこの病気にかかったら、私は本当に再起不能になるくらいに沈んでしまうと思います。
      我が家のロシ子の最期も本当に悲惨な可哀そうすぎるものでしたが、あの苦痛がずっと続くような苦しみだと思います。
      monatsuさんも本当に大変だったと思います。
      ばにちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

      我が家のロシ子については、私はこの世の何よりもロシ子が大事で好きでした。
      おっしゃる通り、ロシ子はロシアンブルーの典型的な子で、私の事を大好きでいてくれ、誰にも懐かず、私の事だけを見てくれている子でした。
      ロシ子の写真を見ると、今でも悲しみが湧いて来て、本当に絶望の気持ちになります。
      今は、アビのすけと2人で暮らしながら、ロシ子の事を思っています。

      よろしければ、愛猫のクッション、どこで買われたか、教えていただけませんでしょうか?
      私もロシ子に抱き着いて寝たいです。

      よろしくお願いいたします。
      そして、有難うございます。

      返信
      1. monatsu

        ばにの記事を見てくださってありがとうございます。
        うちのばには鼻や胃からの栄養チューブをつけなかった為か
        余命宣告より少し早く亡くなってしまいましたが
        顔はわりと綺麗なまま亡くなりました。
        延命させればさせる程、顔が崩壊してしまう病気なので本当に残酷で
        どうしてこんな病気が・・・何の為にあるんだろうと哀しいですし
        末期になるまで全く症状が出てこなかったので、対策しようもなく、この病気が怖くてたまりません。

        私もロシアンブルーが大好きで今まで3にゃんと暮らしてきましたが
        元気に愛嬌をふりまくタイプではなく、
        飼い主にしか懐かず、静かでシャイで控えめな子ばかりでした、
        なのでロシ子ちゃんのはにかんだ笑顔がすごく可愛いですし
        パパさんを信頼している目をしているなぁと感じました
        ロシアンブルーらしい綺麗で理知的な子というのがお写真からも伝わってきます。

        クッションや枕の製作ですが
        https://factory.pixiv.net/
        ここで出来ます
        お写真をオンライン上でアップロードすれば
        キーホルダーやブランケット、Tシャツ、タオル、傘など、色々なグッズが作れます。
        お写真の解像度が高ければ高い程綺麗なグッズが作れますよ~

        返信
        1. ロシ子パパ 投稿作成者

          monatsuさん、昨日は、早速、お返事を下さいまして、有難うございます。

          ばにちゃん、私は、monatsuさんの延命させなかった判断は正しかったと思います。
          治る見込みがあるのなら、苦痛を与えてでも治療すべきだと思いますが、治る見込みがなくて、苦痛のみになるのなら、最愛の愛猫を苦しませるなんてできませんし、ましてや、顔が崩壊していくなんて、こんな事は絶対にさせられません。
          ブログには書きましたが、私のロシ子も、最期の日は、酷い開口呼吸になって、これはもうダメだと思い、動物病院の先生に電話を入れて、往診で安楽死をお願いできないかと問い合わせました。
          しかし、診療時間が終わりかけの時間帯で、事情を深く話してなかった事もあり、夕方の診療時間に状況説明をしに行く旨、伝えて電話を切った後、いよいよ、ロシ子が本当に苦しみ始めて、これ以上、苦しませるのは残酷だと思い、私の手で酸素ハウスからロシ子を出し、絶命させました。

          あの時のロシ子の苦しんでる表情は、忘れられません。
          せめて、麻酔注射を打って意識をなくしてあげてから、苦しまずに、眠るようにロシ子を死なせてあげたかったです。

          すいません。また、話が変な方に行きそうです。

          クッションのプリントの件、教えて頂きまして、有難うございます。
          まずは、枕を買う所から始めようと思います。

          有難うございます。

          返信
          1. monatsu

            安楽死は本当にタイミングが難しいですよね
            病気が病気なだけに、私も安楽死は常に考えていましたが
            意識が鮮明だったのと
            時折甘えてきてくれたので結局安楽死は選べませんでした
            最後の最後に呼吸不全が起きてしまい、結果的に苦しませてしまいました。
            ばにに申し訳ない気持ちでいっぱいです

            ロシ子ちゃんの開口呼吸は以前ユーチューブの動画で拝見した事があり
            その頃からずっと心配していました。
            ロシ子ちゃんの苦しそうな姿を見るのは
            とても可愛がっていらしたパパさんにとって言葉では言い表せない程
            お辛かったと思います。
            私も愛猫の最期がフラッシュバックして悲しすぎてやるせなくなります。

            そういえばクッションですが
            型抜きタイプを作ってくれる所を見つけました
            https://item.rakuten.co.jp/noone/ordercushion/
            ここだと中身のクッションを買う必要はないみたいです
            こっちの方がオーダー簡単にできるかもしれないです。

          2. ロシ子パパ 投稿作成者

            monatsuさん、こんばんわ。
            昨晩は、お返事を下さいまして、有難うございます。

            ばにちゃんは、変な言い方ではありますが、最後だけ苦しい思いをしましたが、顔もきれいで、意識も鮮明だったので、安楽死させず、自然の流れで亡くなり、一番、良い形だったのではないかと思います。
            我が家のロシ子も、安楽死をさせてあげたかったのは最後の日だけで、最終日、本当に苦しみ始め、酸素ハウスの濃度を全開にして濃度を高くしても開口呼吸はまった収まらず、もうダメだと、この時だけ、安楽死をしてあげたかったのです。
            その前日までは、かなりしんどそうにはしていましたが、ちゅーるも食べてくれ、私に笑顔も見せてくれていたので、あの段階では、まったく安楽死など頭にもありませんでした。
            そう考えれば、ばにちゃんも、我が家のロシ子も、最後の日以外は、幸せでいてくれたのではないかと思います。

            去年の3月6日のロシ子の呼吸困難の動画も見て下さってたんですね。
            あの動画は、もう、ロシ子が死ぬことはないと、もう大丈夫だと思った段階であげました。
            死んでしまった今、ロシ子の苦しんでる姿を大衆にさらした事に、今はもう削除する事もありませんが、ロシ子に申し訳ない気持ちです。
            ロシ子が亡くなった時の様子も、写真や動画がいっぱいありますが、ロシ子の尊厳の為、可哀そうな写真は、もう、一切、あげるつもりはありません。
            ロシ子は私にとって、本当に大切な子だったので、私もそれらの写真や動画が怖くて見れませんし、良い思い出だけを心に刻みたいと思っています。

            それと、新たなクッションの件、有難うございます。
            正直な所、枕を探すことが大きな壁でしたが、これなら、すぐに発注できます。
            私は型抜きより、通常のものを頼もうと思っていて、何点か質問があったので、今、業者さんに問い合わせをしています。
            返信が来れば、到着まで2~3週間もかかるとの事なので、早速、お願いしようと思っています。
            これで、ロシ子に抱き付いて寝る事ができます。
            本当に有難うございます。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です