今日はロシ子の6回目の月命日…、寂しい、会いたい、それだけです…。(涙)


iPhone-20201225-1153-1

今日の昼前、仕事部屋でパソコンに向かっていると、アビのすけがやって来て、私の太ももの上にちょこん…。

これ、お昼ご飯をくれのサインで、こんな時だけ、ちゃっかりと私の所にやって来るアビのすけがかわいくて撫で撫でしていたのですが、ふと、時計を見ると12時前で、6ヶ月前の今日のまさにこの時間に、ロシ子が私の腕の中で亡くなったことを思い出してしまいました。

iPhone-20201225-1153-2

今日がロシ子の6回目の月命日であることは、当然、忘れるはずもなく、朝から、昨日から分かっていたことでしたが、アビのすけが私の所に来たことで、気が緩んで、時間が昼前であることに気づいてしまった。

6ヶ月前の今日、朝からロシ子の開口呼吸が酷くて、様子を見守りながらもどうしてあげることもできず、ロシ子が酸素ハウスの中であまりにも苦しそうだったので、酸素ハウスを買ったユニコムさんに電話をして、酸素濃度を最大にする方法を教えてもらったけど、ロシ子の症状は改善しなくて…。

もう見ていられなくなって、前日にロシ子を連れて行った動物病院に電話をして、安楽死の話をしたのだけど、前日、車で10分の病院への道中で酷い開口呼吸を起こしていて、連れて行くこと自体ができず…、その後、もう1件、お世話になってる動物病院に電話をして、往診で安楽死をお願いしたけど、こちらにはロシ子の近況を伝えてなかったので先生も戸惑っておられ、12時で午前の診療が終わることもあり、午後の診療で状況を説明しに行くことを伝えて電話を切って…。

その直後、まさに正午直前の時間に、もう、どうしようもない位にロシ子が酸素ハウスの中で悶え苦しみ始めたので、酸素ハウスから出したらすぐに呼吸困難になってしまうことを分かりながら、私の手でロシ子を死なせてあげようと酸素ハウスから出して、その通り、私の腕の中で苦しみながら、5分後か3分後か、ロシ子は呼吸ができなくなって絶命しました。

iPhone-20201225-1154

そんなことを思い出したら、もう、私の心臓はバクバクして、苦しくなって、ロシ子に申し訳なくて申し訳なくて、絶望のどん底に突き落とされました。

ロシ子の写真を見ながら、こんなに可愛かったロシ子を苦しませてしまって、どんなに苦しかっただろうかと、ただただ、ロシ子に謝るしかなくて…。

でも、ロシ子の写真を見て、ロシ子の遺骨を見て、それで無理やり、頭を切り替えてパソコンに向かったけど、今、ブログを書きながら半年前のことを思い出すと、本当に辛くなってしまいます。

苦しくなるなら、ロシ子のことを思い出さなければ良いのですが、こうして苦しく絶望の気持ちになってロシ子の痛みを忘れないことが、私にできるロシ子への唯一の罪滅ぼしなので、自然とこんな気持ちが鎮まるまでは、今後も痛みを持ち続けようと思っています。

iPhone-20201225-1811

今晩もランニングに行って、ロシ子に会って来ました…、ロシ子、天国で健やかに過ごすんだよって、心の底から祈っています。

iPhone-20201225-1534

これは、今日の午後のアビのすけ君…、我が家の1階は、気温20度強、湿度50%前後を保っていますが、肌寒くて人恋しいのか、最近、やけにアビのすけが私の所に来てくれます。

やんちゃ坊主だけど、今は本当にアビのすけを溺愛しています。

ロシ子の可愛さとは比較にならないし、ロシ子の可愛さには敵いませんが、この世ではアビのすけが一番…、やんちゃをしても、悪戯をしても、一切、怒ることはなくなりました。

生あるものは、いつか必ず死んでしまうことを肌身に知っていれば、ロシ子に対してもっともっとかわいがってあげれたのに、本当に後悔先に立たず、どれだけ悔やんでも取り返しがつきません。

iPhone-20201224-2234

これは、昨晩のアビのすけ…、ロシ子が存命中から、アビのすけは必ず、私が寝る時には布団に潜りこんで来てくれて、それは今も変わらず、とてもうれしい。

でも、アビのすけが布団に入って来ることで、ロシ子が私の布団に入るのを遠慮するようになったのだとしたら、これもロシ子に対して申し訳ないことをしてしまった。

今となっては、アビのすけがいてくれて私は本当に救われているのですが、アビのすけは元々、ロシ子のお友だちと思ってお迎えして、もしアビのすけを迎えてなかったら、ロシ子は遠慮せず、もっと私の愛情を一心に受けて幸せだったかもしれない…。

アビのすけを見てると、ロシ子と違って社交的だから友だちが欲しそうなのだけど、そんな後悔もあって、今後は1にゃん、アビのすけだけを、全力で一心に可愛がってあげようと思っています。

ロシ子がいないのは本当に寂しくて、その本心を誰にも身近な人に打ち明けることができないので、この場でもう一人の自分にその気持ちをぶつけています。

ロシ子が亡くなって半年も経ったけど、毎晩、ほぼ100%、電気を消して寝る時に、アビのすけを腕枕しつつ、ロシ子のことを思い出しています…、それも、ロシ子に可哀そうなことをしてしまったという後悔や反省の思いばかり…。

今でも、死ぬほど寂しくて悲しい思いは絶えませんが、アビのすけの為にも、頑張って生きて行くしかありません…。


スポンサーリンク

今日はロシ子の6回目の月命日…、寂しい、会いたい、それだけです…。(涙)」への2件のフィードバック

  1. ブルー

    出口の見えない答えをずっと抱えているとても辛いですね…
    パパさんの抱えている大きな後悔の一つは、ロシ子ちゃんに安楽死をさせてあげられなかったことかと思います。
    でも私は安楽死を行わなかった選択も間違いではなかったと思います。
    一度は乗り越えてくれたロシ子ちゃんを見ているために、あの時に行わなければまた乗り越えてくれたかも知れない、とご自身でロシ子ちゃんの寿命を決めてしまった事への後悔でもっと辛い思いをされてる気がします。
    安楽死を望むのも人間だけではないでしょうか…
    ロシ子ちゃんは自然のままに看取ってくれたパパさんに感謝していると思います。
    ロシ子ちゃんが苦しみから解放された年が終わりますね。
    ひとつでも重い荷物を下ろして、少しでもお気持ちが楽になりますように

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、こんばんわ。年末のお忙しい中、コメントを下さいまして、有難うございます。

      ロシ子の事を考えると、申し訳ない気持ちばかりですが、ロシ子の事を想いつつ、アビのすけの可愛がって行こうと思います。
      私自身も、命の大事さをロシ子に教えてもらいましたし、アビのすけに長生きして貰える様、気付かって行こうと思います。
      ブルーさんには、いつも温かい言葉を頂き、感謝しています。
      本当に有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です