昨晩の、ロシアンブルーのロシ子の様子です。


疲れたロシ子。ロシアンブルーのロシ子は、避妊手術を受けた当日の晩も、思った以上に元気だったのですが、やはり、ほぼ1日中、気を張っていたのか、すぐに居眠りをしていました。

エリザベスカラーを嫌がる、ロシアンブルーのロシ子を見ていると、こっちまで、ストレスを感じてしまいます。

ロシ子の手術跡。ロシアンブルーのロシ子の、手術当日の晩の手術跡です。

抜糸するまでの間、どの様に、傷跡が変化していくのか、傷口が塞がっていくのか、記録しておこうと思います。

でも、やっぱり痛々しい・・・ごめんね、ロシ子・・・。
エリザベスカラーを外してみました。あまりにも、エリザベスカラーを嫌がるので、一度、外してみてあげました。

やっぱり嬉しいのか、ロシアンブルーのロシ子、エリザベスカラーで遊び始めました。
元気でやんちゃなロシ子。ペロッと、可愛い表情です。

やっぱり、元気そうな顔の、ロシアンブルーのロシ子が良いです。
やはり傷口を舐め始めるロシ子。ずっと、エリザベスカラーを外しておいてあげたいなぁー、と思うのですが、やはり、危惧していた事を、ロシアンブルーのロシ子、し始めました。

この写真、ロシアンブルーのロシ子、傷口を舐め始めたのです。

ネットによると、傷口を舐めることによって、傷口が塞がるのが遅くなり、抜糸の時期も遅くなる・・・。

結果、苦痛なエリザベスカラーが、なかなか外せられなくなる・・・。
エリザベスカラーをはめるロシ子。という事で、ロシアンブルーのロシ子には、本当に可哀想なのですが、1日も早く、傷が塞がり、抜糸してあげたいので、再度、エリザベスカラーをはめました。

その代り、食欲はないとは思ったのですが、おやつをあげてみると、もう、がっつく、がっつく・・・。

普通、手術の当日は、傷口を痛がったり、ストレスもあったりで、食欲はない子が多い、との事らしいのですが、ロシアンブルーのロシ子は大した子で、手術の当日にも関わらず、お腹がペコペコだった様で、鳥のささみのおやつ9gに、追加でカリカリも10gだけ、あげたら、一気に食べてしまいました。

動き回るし、食欲も旺盛だし、ロシアンブルーのロシ子は、体は小さいですが、なかなか、肝っ玉の太い、猫ちゃんです。
居眠りするロシ子。そして、少しおとなしくしてるなぁ、と思ったら、疲れて眠りをしていました。
膝の上で居眠りをするロシ子。最近は、私の膝の上で、めったに居眠りをしなかった、ロシアンブルーのロシ子ですが、よっぽど、気を張っていたのでしょう、私の膝の上でも、居眠りを始めました。

こうして、ロシ子を見ていると、本当に可哀想で、可愛くて、ものすごく、労わってやりたい気持になった私でした・・・。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です