ロシアンブルーのロシ子の瞳孔がおかしい...。


ロシ子の瞳孔がおかしい?この写真、昨日の午後の写真なのですが、ふっと、ロシアンブルーのロシ子を見たら、なんか、違和感があって、それで、2度見?してみたら、ロシアンブルーのロシ子の、左目の瞳孔がおかしい…?

私、ビックリして、病院に行く時の証拠に、と思って、ズームにして撮ったのですが…。

左右の瞳孔の大きさが違うロシ子。ロシアンブルーのロシ子の、右目と左目の瞳孔の大きさが、全然、違う…?

私、焦って、ロシ子に駆け寄り、太陽の方を見せたり、暗い方を見せたり…。

でも、瞳孔の大きさが、やっぱり、左右で違って…。

すぐに、動物病院に連れて行こうと思って、電話をしたけど、あいにく、日曜日の午後はお休み…。

写真を、もっと、撮っておけば良かったのですが、焦ってたから、あまり撮れず…。
瞳孔の様子が元に戻ったロシ子。ちょっと、時間を置いて、ロシアンブルーのロシ子の目を見てみると、まだ、ちょっと、差があるかもしれないけど、かなり、元の大きさに、ロシ子の瞳孔の大きさが、戻っていました。

右目を塞いで、左目の前に、私の手をやると、左目を閉じるので、視力に問題はなさそうなのですが、一体、どうなっているのでしょう…?
朝からロシ子の瞳孔をチェック。今日も、朝から、ロシアンブルーのロシ子の瞳孔をチェック…。

特に問題なく、普通に戻っていましたし、元気に走り回るし、食欲も、いつも通りなので、安心しました。
また、ロシ子の瞳孔をチェック。お昼前にも、気になるので、また、ロシアンブルーのロシ子の瞳孔をチェック…。
瞳孔が小さくなるロシ子。明るい方を見せると、ちゃんと、左右とも、瞳孔が小さくなって、またまた、安心しました。
ロシアンブルーのロシ子の目にごみ?でも、写真では、分かりにくいのですが、ロシアンブルーのロシ子の左目を、良ぉーく見ると、なんか、ゴミが入っている様な…。

どっちにしても、心配だし、安心したいので、病院に連れて行ってきました。
行きしの車の中でのロシ子。これ、病院へ行く時の、車の中での、ロシアンブルーのロシ子です。

いつもみたいに、籠の外に出たがらず、おとなしく、お座りをしています。
猫専門の動物病院さん。今回は、猫の瞳孔、という事で、専門的な事なので、猫専門の病院さんに、お邪魔しました。

口コミでは、猫専門の病院という事で、多くの、猫を飼っておられる方からの評価も高い、神戸市東灘区の「アールキャットクリニック」さんです。
受付の辺りの風景。これは、受付の辺りの風景です。

病院に入った瞬間、猫の匂いがすごかったですが、先生が飼っておられる猫ちゃんも、たくさんいて、また、お客さんも、ひっきりなしに来てて、ちょっと、安心…。
病院の中でのロシ子の表情。病院の待合の所での、ロシアンブルーのロシ子の表情です。

いつもと違う匂いだし、来られてる患者猫ちゃんたちの鳴き声もすごくて、ロシ子も、今までに聞いた事がない様な、鳴き声をあげていました。
早速、診療開始です。さぁ、早速、先生に見て頂きます…、瞳孔は、この通り、最大モード…。

動き回るので、正確には測れなかったですが、まずは体重、3,100〜3,200g位を行ったり来たり…。

そして、先生に、ロシアンブルーのロシ子の目を、見て頂きました。
案外、落ち着いているロシ子。ビビりで、臆病猫な、ロシアンブルーのロシ子ですが、案外、落ち着いていました。

そして、瞳孔の大きさが違った事に関しては、正確な原因は分かりませんが、それ以外に、両目とも、ちょっとだけ、目の中が濁っているとの、先生のご意見。

いつからの状況なのかが分からないので、今すぐ、治療は必要ないとの事で、ちょっと、経過を見て下さい、との事でした。

猫の目、猫の瞳孔、猫の目の病気に関して、とても、丁寧に説明をして下さって、ロシアンブルーのロシ子の事に関しては、ホッと、安心しました。

病院に連れて行こうかどうか、ちょっと、迷ったのですが、行って、安心も出来たし、良かったです。
帰りしの車の中のロシ子。帰りの車中の、ロシアンブルーのロシ子も、おとなしくて、ちょっと、病院で緊張していたのでしょうか…?
家では元気なロシアンブルーのロシ子。家に戻ってきたら、この通り、とっても元気な、いつも通りのロシアンブルーのロシ子です。

やっぱり、家が、落ち着くのでしょうね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です