臆病なロシアンブルーのロシ子の小さな冒険です。


遅めのお昼ご飯を食べるロシ子。今日も、私、忙しくて、ロシ子と接する時間も少なくて、それでも、何か、ネタを探さねば、という感じで、ロシアンブルーのロシ子に、少し遅めの、お昼ご飯を出してあげていたのです。

さっきまで、寝ていたロシ子は、寝起きの顔です。

食欲がない?ロシ子。あまり、食欲がないのかなぁー?  寝起きだからかなぁー?
空いてるドアの方を見るロシ子。ふと、開いているドアの方を見る、ロシアンブルーのロシ子…。
開いているドアの方に行くロシ子。臆病者のロシ子が、開いているドアの方に向かいます。
外に出る勇気がないロシ子。向うに行きたいのですが、この、敷居の一線を、超える勇気のない、ロシアンブルーのロシ子なのです。
でも、ドアの外に行きたいロシ子。でも、やっぱり、ドアの向うに行ってみたい、ロシアンブルーのロシ子ちゃん。
悩むロシ子。とうとう、座り込んで、悩み込んでしまった、ロシアンブルーのロシ子…。
やっとドアの向こうに行ったロシ子。勇気を振り絞って、ようやっと、ドアの向こうに行った、ロシアンブルーのロシ子です。
こっちが気になるロシ子。警戒しながらなので、こっちの様子も、確認しながらの探索です。
階段を発見したロシ子。「階段があるぞ!」って言う感じ…?  階段を下りたいけど、下りれない、怖がりのロシ子姫です。
また、こっちをチェックします。また、こちらをチェック…。
少しずつドアを閉めている私。少しずつ、ドアを閉め始める私…。
ドアが閉まるのに気付いたロシ子。ドアが、閉まって行っているのに気付いたロシ子…。
ダッシュで戻るロシアンブルー。慌てて、ダッシュで戻る、ロシアンブルーのロシ子…。
部屋に戻るロシ子。もう少しだ…!
ドアをすり抜けるロシ子。閉まるドアをすり抜けて、無事、部屋の中に生還です。

日頃は、ロシアンブルーのロシ子に、あまり、期待をさせない様に、下にはほとんど、ロシ子を連れて行った事はなくて、シャンプーの時や、病院に行く時なんかは、籠の中だし、私が抱いて、下に連れて行ったのも、数回位なので、臆病なロシ子には、これ位の事でも、大きな冒険だったと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です