手作りエリザベスカラーをロシ子にはめました。


ロシ子にエリザベスカラーを。これは、昨日の晩ご飯を食べるロシ子の様子。

おととい、ロシ子の為にエリザベスカラーを作ったのですが、アロンアルファの匂いがきつくて、ロシ子にはめる事を断念。

昨晩、新たなエリザベスカラーを作りましたので、早速、ロシ子にはめてあげたのです。

糸でマジックテープを付けました。そのエリザベスカラーですが、おとといはボンドで失敗したので、今回は糸でマジックテープを付けました。

裁縫なんかした事がない私…、めっちゃ時間が掛かった…。
エリザベスカラーの裏側。これは裏側。
エリザベスカラーが完成。そしてこれは完成形…、なかなか上手に出来たのでは…。
マジックテープの付き具合。マジックテープの付き具合はこんな感じ。
ロシ子のエリザベスカラーを。そして、冒頭の写真と同じく、ロシ子にエリザベスカラーをはめた写真。

普通とは向きが違う様にはめていますが、左肩口の真菌のハゲさえ舐めなければ良いので、これでOK。
ご飯を食べロシ子。ご飯も問題なく食べれますよ。
かわいいロシアンブルー。このエリザベスカラーは、プラスチックではなく柔らかいスポンジみたので出来ているので、はめ心地は悪くない様。
ショールをまとうロシ子ちゃん。まるでショールをまとっている様な、気品のあるレディーのロシ子ちゃん。
違和感が薄いエリザベスカラー。鬱陶しいだろうけど、まだ許せる範囲じゃないかな…。
水も飲めます。そして、水も問題なく飲めるので、良い感じ。
良い感じのカラーですが。なかなか良い感じのエリザベスカラーなのですが、ちょっと緩かった事もあって…。
エリザベスカラーが抜けてしまいました。途中で外れてしまいました…、残念…。

でも、ロシ子は強烈には嫌がっていなかったので、まずはOK。

出来るだけ早く真菌を治す為、ハゲの部分を舐めないで欲しいのですが、しっかりペロペロと舐めきってしまいました。

また、ロシ子の為に、良いのを作りますよ!


スポンサーリンク

手作りエリザベスカラーをロシ子にはめました。」への2件のフィードバック

  1. こんなエリザベスカラーの作り方とはめ方もあるのですね。
    一つ勉強になりました。
    ちょうどハゲのところにカラーが隠れるような場所なのですか。
    要するに舐めなければ良いのだし、この付け方なら猫にも負担が少なそうですね。
    材質もやわらかいし。
    それにしてもロシ子ちゃん、このオレンジ色のエリザベスカラーが似合います。
    ちょっとした貴婦人みたいです。
    フェアレディ・ロシ子ちゃんといった感じです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを頂きまして、有難うございます。

      はい、今回のロシ子の場合は、おっしゃる通り、ハゲの場所を舐めれなかったら良いので、この様に普通とは逆向けにはめてるんです
      我が家のトイレは蓋付きですので、普通にはめるとトイレに入る時に引っ掛かってしまい、トイレの蓋を外すと砂だらけになるのも嫌で、この様にしています。
      柔らかいですし、軽いですし、かなりロシ子の負担も少ないと思いますので、私もこれならと思ってロシ子にはめています。
      いつもロシ子をお褒め下さいまして、有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です