一段落付く前のロシアンブルーのロシ子ちゃん。


ロシアンブルーのロシ子ちゃん。おとといの(水)に動物病院に行って、ロシ子の真菌は一段落が付いたのですが、昨日に引き続き、(水)よりも前に撮ったロシ子の写真をアップしてしまおうと思います。

これは、今週の(火)のロシ子の写真…、私、ロシ子をベットに引き込んで、ロシ子を私のお腹の上に乗せて、少しの間、休憩をしていたのです。

穏やかなロシアンブルー。穏やかなロシ子…、ロシ子もこの場所が気持ち良いのか、私のお腹の上から動きません。
しっかり大人なロシアンブルー。しっかりと大人になったロシアンブルーのロシ子ちゃん…、昨日のアビのすけのブログに、ロシ子が子猫の頃に、スマホの充電器を噛み切ってしまった時の事を書いた記事のリンクを貼ったのですが、その記事を私も見てみて、あの頃のロシ子はガリガリだったなぁーと…。

あの頃は本当にロシ子は食が細くって、大して多くもない量のご飯を1時間も2時間も掛けて食べていたのですが、今ではすっかりロシ子も一人前のロシアンブルーの女の子に成長しました。
美人なロシアンブルーのロシ子。ロシ子はやっぱりかわいいなぁー…、久しくロシ子ともゆっくり出来ていないので、ゆっくりしたいなぁー…、1日丸々、仕事を休んで、1日中、ロシ子に引っ付いて寝てたいなぁー…。
真菌のハゲにアクアリブ。これも同じく今週の(火)の写真なのですが、この時既に、ロシ子の一番大きな真菌のハゲの部分には産毛が生えていたのですが、イソジンでの消毒はしてなかったのですが、アクアリブでの除菌はしていましたし、今でもしているのです。
こぼれる程のアクアリブ。たっぷりのアクアリブを、ロシ子の真菌のハゲの部分の吹きかけて、ティッシュで拭いて除菌をしているのです。

アクアリブは、皮膚や人体に吹きかけても安全で、しかも、しっかりと除菌が出来る優れものなのです。
ロシ子の除菌が終了です。この通り、アクアリブをティッシュで拭って、ロシ子の真菌のハゲの部分の除菌が完了です…、めっちゃ簡単…。

イソジンの黄色い色がロシ子の毛に沈着してしまっていますが、この黄色の毛がなくなった日には、毛が生え変わった事になるので、真菌も完全にやっつけた事になりますし、元通りの綺麗な体のロシ子に戻ってくれる日を、心待ちにしようと思っています。
雑誌「ねこのきもち」5月号。そして、これも同じく、今週の(火)に我が家の届いた雑誌「ねこのきもち」の5月号…、1ヶ月が経つのって早いのね…。

この1ヶ月も、全く「ねこのきもち」を読めていなくって、2月号から読めていないので4か月分も溜まってしまってる…。
雑誌「ねこのきもち」の5月号本体。今月号には付録が付いていない様ですね。

なかなかゆっくりとした時間が取れなくて、また、ゆっくりとした時間が取れるなら、まずはたくさん寝たいのですが、時間を見つけて「ねこのきもち」を読んで行こうと思ってます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です