ロシ子の歯茎の為、リーバスリー(LEBAⅢ)を開始しました。


テレビ台の中のロシアンブルー。まずは、今日のお昼過ぎのロシ子の様子から…、最近、ロシ子がここにいる率、とっても高い…。

Webカメラで猫たちを探して様子を見る時、いつも猫たちがいる場所をまずはチェックするのですが、テレビ台の中も、必ずチェックするポイントになりました。

あと10分ちょっとでお昼ご飯の時間…、もうちょっとだけ待っててよ、ロシ子ちゃん。

ロシ子の為の液体歯磨き。昨日、ロシ子の歯茎を見て貰う為に、動物病院にロシ子を連れて行って来た事は、昨日のロシ子のブログに書かせて頂きましたが、ロシ子の歯茎を強くする為の、新たな武器を手に入れて来ましたよ。

動物病院の先生の事は、ロシ子の真菌を治してくれて以降、絶大な信用を置いているので、先生に言われるままに頂いて来たのですが、これ、薬の様な物かと思ったら、液体の歯磨きなのですね。
リーバスリー。ロシ子の歯茎の為の液体歯みがき、リーバスリー(LEBAⅢ)…、8千円也。

いいお値段するなぁーなんて思っていたのですが、ロシ子の為なら仕方がない…、そして、パンフレットを読んだら、約4か月も持つとの事なので、1ヶ月で考えたら2千円という事は安い…!
リーバスリーの説明書。そしてこれは、そのリーバスリーのパンフレット…、なんかこれは、とっても効く予感…!
LEBAⅢの説明書。まずは1ヶ月、毎朝、毎晩、このリーバスリーをロシ子の口の中にスプレーをする事になるのですが、ちょっと不安なのは、先生もパンフレットに〇をして下さったのですが、スプレーをする前後の30分は、ご飯も水もダメって事…、これ、案外、大変そう…。

ご飯がダメなのは良いとして、スプレーをする前後の30分、つまり1時間の間は、ロシ子だけに水を飲ませないなんて出来ないので、水の容器を下げてしまって、アビのすけにも水を飲ませる事が出来なくなるって事で…。

ロシ子はあまり水を飲まないから大丈夫だと思うけど、アビのすけは水をものすごく飲むし、今まで水を切らした事なんかないので、それが不安…。
水だけでの歯ブラシでの歯磨き。そして、猫たちが晩ご飯を食べ終えて、約30分が経った午後11時頃から、猫たちの歯ブラシを開始しましたよ。

でも、パンフレットにも書いてありましたが、このリーバスリーの最善の効果を得る為には、他の歯磨き粉との併用はダメとの事で、水だけでブラッシングをする様に書いてあったので、せっかくブラッシングにも慣れて来たロシ子なので、水だけでの歯磨きをしましたよ。

ちなみに、自分の事だったら、パンフレットなんかは、ほとんど読まない私ですが、ロシ子の事なので、パンフレットをしっかりと読んだのですが、仮に読んでなかったら、間違いなく、今までの歯磨き粉でロシ子の歯を磨いてしまっていたので、読んで良かった…。
ロシ子のリーバスリーをスプレーします。そして、初めてのリーバスリーのスプレーをする前のロシ子の表情…、とっても不安そうなロシ子ちゃん…。

ちなみに、写真の奥の方に、私のスマホが写ってますが、このリーバスリーの最善の効果が得られる様に、しっかりと説明書きを守って、しっかりとタイマーで30分計って、ロシ子にスプレーをしようと思っている私なのです。
緊張するロシアンブルー。ロシ子の口を開けて、ロシ子の口の中にスプレーをした瞬間は、写真を撮る事は出来ませんでしたが、まぁ、口は無理やりに開けるとして、口の中にシュッとスプレーをした瞬間は、さすがにロシ子、驚いてしまいましたね。

でも、これも慣れの問題だと思いますし、我が家の猫たちは、今回のスプレーの様な、猫たちにとって嫌な事をしても、私に対してシャーをしたりはしませんし、基本的には、私のなされるがままになってくれるので、とても助かっているのです。
水を再開しました。そして、またスマホできっちりと30分を計って、アラームが鳴った瞬間に、水の容器を部屋に戻してあげたら、早速2にゃんが水に寄って来て、まずはロシ子が飲み始めて…、おっちょこちょいなアビのすけは、私の事が気になる様…。
水を飲む我が家の猫たち。そして間もなく、アビのすけも水をがぶがぶ飲み始めましたよ。

しかし、水は命の元なので、1時間もの間、水を廊下に出してしまっている事が怖い…、もし、急用が入って、水を戻す事を忘れたまま、私が外に行ってしまった場合、とんでもない惨事が起こってしまいそうで…。

なので、絶対に忘れない様にタイマーを掛けている訳だし、仮に忘れてしまっても、アラームで思い出す様にしてるのですが、なんか、水を部屋の中に置いてないって事が、ここまで不安になるものだって、あらためて思った次第です。

リーバスリーをする事で、また、私の貴重なほっこりする時間が削られてしまいますが、かわいい猫たちの事なので仕方がない…、頑張って、ロシ子の歯茎を良くしてあげようと思っています。


スポンサーリンク

ロシ子の歯茎の為、リーバスリー(LEBAⅢ)を開始しました。」への2件のフィードバック

  1. スプレータイプの「歯磨き剤」なのですね(薬だと思っていました)
    最初は
    「スプレーをするだけなら簡単で良いわね!」
    と思ったのですが、一定時間、餌は勿論、水もあげられないとは少し大変ですね。
    猫には
    「1時間の辛抱だからね」
    と言っても言葉は通じませんからね。
    それに、かなり譲って餌はまだしも水を飲ませられない時間があるというのはつらいですね。
    パパさんも書かれていますが「水は命の元」です。
    生き物にとって大事です。
    ましてこの暑い時期で、アビのすけ君は水をよく飲む子だということで、こういう時、複数飼いはちょっと大変だなと思います。
    ロシ子ちゃんだけに水を飲ませないということはできないですからね。

    我家も鳥肉アレルギーのステラに付き合ってミラにもサーモンの餌を食べてもらっています。
    幸いミラもステラもサーモンが大好きで助かりました。
    ただ、キャットフードはチキンやターキーが主なのでサーモンの餌は限られてしまいます。

    水を外に出している間のパパさんの不安が痛いほど伝わってきました。
    忘れることも怖いのですが、パパさんに急用が入って戻れなくなるときが怖いと思いました。
    脅かして本当にごめんなさい。
    ロシ子ちゃんにスプレーをする時間は決まっているのですか?
    必ず水を元に戻せる状況の時でないと心配だと思いました。
    もっとも、ロシ子ちゃんがスプレーが必要ない状態に回復することが一番、大事なことですよね!
    早く回復されますように。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      はい、スプレータイプの歯磨き剤なのですが、お値段から考えましても、よほど良い成分が入っているのではないかと思います。
      おっしゃる通り、スプレーをするのは1プッシュですので、あっという間なのですが、前後1時間の断水断食の段取りが大変です。
      ロシ子にスプレーをする時間は、晩11時頃と朝6時30分頃ですが、かなり私の負担にはなっているので、早くロシ子の歯茎を治してあげたいと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です