我が家の猫たちのカリカリ事情。


ロイヤルカナンのインドアのカリカリ。今日は、我が家の猫たちのカリカリ事情について、記録として書かせて頂こうと思います。

これ、我が家の猫たちの主食のカリカリ、ロイヤルカナンのインドアです。

10kgの袋で、我が家は大体、3ヶ月位しか持たず、何回も発注するのが面倒臭いので、2袋を頼んで、私が旅行に行く前の4/9(土)に届いたのです。

フードストッカーにカリカリを。そして今までは、10kgの袋を、500g×20袋に小分けにしていたのですが、小分けにした500gの袋が1週間も持たないので、小分けにする意味もなくなって来て、それで、私の手間を省く為にも、今回、この密閉フードストッカーにカリカリを詰め替えてみたのです。

フードストッカーの内側。フードストッカーの中に、直接、カリカリを入れても良いのですが、一応、フードストッカーの中にビニール袋を入れて、その中にカリカリを入れました。

フードストッカー。そして、ビニール袋を閉じてから、フードストッカーの蓋を閉めるのですが、フードストッカーの蓋には、除湿剤を設置する所があって。

フードストッカーの中の除湿剤。これが何と、3ヶ月程、持つとの事なのですが、このフードストッカーはカリカリが4kgしか入らず、この量なら、1ヶ月ちょっとで猫たちは食べ切ってしまうのですが、3ヶ月も持つのなら、10kgの袋分の除湿が出来るので、とっても経済的なのです。

4kgのフードストッカー。使い勝手が良いかどうかは分かりませんが、取り敢えず、1回、このフードストッカーを使ってみようと思っています。

ちなみに、入り切らなかったカリカリ6kgは、袋にはジップが付いているので、袋のままの状態の状態で保管して、一応、袋の中にシリカゲルを入れて保存です。

アピタイトコントロール。そしてもう1袋、これは、ロイヤルカナンのステアライズド アペタイト コントロールなのですが、もう、半年か1年前に買ったカリカリで…。

以前、ロシ子の体重の管理がすごく大変だった時があって、その時に、このステアライズド アペタイト コントロールをあげていたのですが、ロシ子の体重が安定してくれたので、あげずに置いていたのです。

しかし、賞味期限があと3ヶ月位になってしまったので、私が旅行から帰って来てから、インドアと併用してあげる様にしているのです。

ロシ子の特別ご飯。これは、もう1週間程の前の事なのですが、アビのすけの1歳と6ヶ月の誕生記念日の時に、ロシ子にあげたご飯。

3種類のご飯が入っています。中央には、モンプチのラ・キュイジーヌシリーズのパウチがあって、写真の上側に写っている三角形のカリカリが、今までもあげているインドアのカリカリで、写真の下側に写っているドーナツ型のカリカリが、ステアライズド アペタイト コントロールです。

問題なく食べてくれました。以前、ロシ子は問題なくステアライズド アペタイト コントロールを食べてくれていたのですが、久しぶりの事だし、ロシ子の味覚が変わって来たのか、たまに食べず嫌いをする様にもなって来てるので、ステアライズド アペタイト コントロールを食べてくれるかどうか、ちょっとだけ心配だったのですが、普通に食べてくれてました。

美味しそうに食べるロシ子。美味しそうに食べていたロシ子

ロシ子の食欲はとっても良い感じで、とっても元気にしているのですが、喘息の症状だけは、相変わらず止まらずに、それだけが心配で、ロシ子は今日も朝早くからぜぇーぜぇーしていたのです…。

とっても苦しそうにしているので、何とかしてあげたいのですが…。

ロシ子、喘息の先生を探してあげるから、もうちょっとだけ、待っててよ…。


スポンサーリンク

1 thought on “我が家の猫たちのカリカリ事情。

  1. ピンバック: アビのすけ元気過ぎ…、爪の垢を煎じてロシ子に飲ませたい...。 | アビシニアンのアビのすけブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です