ロシ子に、喘息に効く薬「ビブラマイシン」を飲ませ始めました。


ドテッとしたロシ子。まずは、昨日のロシ子の様子から…。

今日は涼しかったのですが、昨日は暑かったっけかな…、ロシ子、グテッとくたばった様にローテーブルの上で寝ていましたよ。

ロシ子の様子を見に行きました。大丈夫だとは思いましたが、一応、ロシ子の様子を見に行くと、この通り、暑いっていう事をしっかり体全体で表現してて、ちょっと大袈裟なんじゃないのって思いながらも、このロシ子の奔放さに笑ってしまいました。

ロシ子の薬。さて、本題…、昨日のロシ子のブログからの続きになりますが、3日前の(日)にロシ子を動物病院に連れて行って来まして、喘息に効く薬を貰って来ました。

半分に割って貰った薬。薬は全部で28粒、と言っても、ロシ子は体が小さいので、1粒を半分に割って頂いて、実質は14粒分。

これを、朝と晩の1日2回、ロシ子に飲ませて行く事になりますので、2週間分の薬になります。

ロシ子の薬。ブリーダーさんから教えて頂いたのは、「ミノマイシン」という薬だったのですが、動物病院に行く前に電話で問い合わせた所、「ミノマイシン」はないけれど、同じ様な成分の「ビブラマイシン」ならあるとの事…。

以前、ロシ子が真菌になった時も、ブリーダーさんから教えて頂いた薬は動物病院にはなく、同じ様な成分の薬を頂いて、それでロシ子の真菌を治した経緯があったので、今回も、取り敢えずはその「ビブラマイシン」をロシ子に飲ませようと思ったのです。

早速、晩からロシ子に薬を。そして、早速、その日の晩ご飯の時から、ロシ子に薬を飲ませ始めました。

ちなみに、私のスマホのケース…、アビのすけにかじられまくって、穴だらけの悲しい状態になっています…。(涙)

ちょっと怖い薬。話を元に戻しまして、この薬、抗生物質なのですが、ちょっと怖い薬で、動物病院でこの薬の飲ませ方の説明を聞いたのですが、飲ませると喉とか食道に張り付いてしまうとの事…。

張り付いたままにしておくと、食道に穴が開いたりしてしまうとの事で、薬を飲ませたらすぐに晩ご飯を食べさせて、喉や食道に留まるのを防がなければいけないのです。

緊張していた私。ロシ子の食堂に穴が開いてしまうなんて、そんな恐ろしい薬をロシ子に飲ませるの…!?(怖)

私はとっても緊張しながら、ロシ子に晩ご飯を食べさせる直前に、ロシ子の口を開けて薬を喉の奥の方に落とし、即、晩ご飯を食べさせてあげたのですが、ロシ子、ガツガツと晩ご飯を食べ始めてくれて、私はホッ…。

ガツガツご飯を食べるロシ子。暫くの間、私はロシ子がご飯を食べている様子を眺めていたのですが、ロシ子はどんどん食べ進めてくれていたので、そのご飯に押されて、ドキドキする薬も胃にまで行ってくれた事だと思います。

と言っても、ロシ子の口を開けて奥の方を覗いてみても、食道に薬が張り付いてしまっているかどうかは確認が出来ないので、危険な薬だなぁ〜って思ってしまうのですが、それでも、なんとかロシ子の喘息の咳が軽減してくれる事を望んでいるのです…。

ロシ子の健康を祈ります。3日前の晩からロシ子に薬を飲ませ始めて、今日の晩で7回、このビブラマイシンをロシ子に飲ませたのですが、薬を飲ませ始めて以降、私の知る限りでは、ロシ子は喘息の発作、咳をしている所を見ていないので、もしかしたら、早速、効果が出ているのかな…。

ロシ子が喘息の発作を起こすのは、朝ご飯前か晩ご飯前が多いので、その時間帯は、私もドキドキしながら、パソコンのWebカメラの音声に耳をそばだてているのですが、どうか、ロシ子の喘息の症状が快方に向かう様に、私は祈って止まないのです…。


スポンサーリンク

ロシ子に、喘息に効く薬「ビブラマイシン」を飲ませ始めました。」への2件のフィードバック

  1. ロシ子ちゃんの伸びた姿・・・!!
    “私・・・もう駄目・・・”という姿で、申し訳ないのですが笑ってしまいました。
    翌日は涼しくなったとのことで、ロシ子ちゃん、元気を取り戻したでしょうか。

    動物病院で診ていただいて、喘息の薬を処方されたのですね。
    飲ませると喉や食道に張りついてしまう・・・フンフンと思って読んでいたら・・・

    穴が開く!?

    びっくりしました。
    パパさんも書かれていましたが怖い薬ですね。
    薬の内服直後に餌を食べさせることで薬が張りつくのを防ぐことができるとのことですが、うちの猫たちのことを思い出し
    「その時にご飯を食べなかったらどうしよう?」
    と余計なことを考えてしまいました。
    要するにお腹が空ている時に薬を飲ませるしかないのですね。
    ロシ子ちゃんの咳が治まりますように。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      そうなんです、ロシ子に喘息の薬を飲ませる時は、毎回、ドキドキしています。
      ロシ子の食道に穴が開いてしまったら、全く本末転倒になってしまいますので、毎回、本当にドキドキしながら、ロシ子に薬を飲ませてるんです。
      とにかく、まずは2週間、この薬をロシ子に飲ませて、何とか、ロシ子の喘息の咳が少しでも軽くなってくれる様、祈ってるんです、有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です