臨床症状コントロールの為の治療と投薬、1週間が経過。


最近はここにいるロシ子ちゃん。先週の(日)に東大阪の2次診療の動物病院に行き、ロシ子の精密検査の結果をお聞きし、ロシ子の肺の固定化された病変については完治は難しく、臨床症状をコントロールをしていく為の治療・投薬、つまり、病気と上手に付き合って行く為の治療を開始して昨日で1週間、溜まっているロシ子の写真のアップを中断させて頂き、現在のロシ子の状況を、動画9本と共に、私の記録としてアップさせて頂きます。

まずこれは、今日の午後1時過ぎのロシ子ちゃん…、調子の良い時のロシ子は、昨日のブログの通り、部屋全体を見渡せる、ソファーの背もたれの部分で寛いでいる事が多いのですが、最近のロシ子は、部屋のこんな角っこにいる事が多く、やっぱり、調子が悪いのかなぁ~、と言うか、ハッキリ言って、ロシ子の体調は全く芳しくなく、頻繁に咳をしてしまっています。(涙)

それでは、4日前、今週の(水)のロシ子ちゃんの様子から。(動画:0分44秒)

とにかく、私が気になっているのは、ロシ子の呼吸が荒い事…、ロシ子のお腹の動きを見ていても、とにかく、膨らんではへこんでの回数が多過ぎて、これはやはり、肺の中の空気を溜める事が出来る空間が少なくて、頻繁に呼吸をしないと酸素を取り入れる事が出来ないのか…。

決して、走り回ったからこんな風に呼吸が荒くなっているのではなく、普段からこんな風だから、そして、動画では聞き取れませんが、ロシ子の口から聞こえて来る呼吸音が苦しそうで、見ていて本当に辛いのです。

そして、同じ日、今週の(水)の晩、ロシ子にネブライザーをしている様子。(動画:1分14秒)

今週から、ロシ子には、先生の指示通り、1日2回から1日1回にネブライザーの回数を減らしているのですが、ロシ子がネブライザーの噴霧をとても嫌がる様になっています。

やはり、ロシ子の肺の空気を溜めておく容積が減っているので、そこに噴霧が入って来ると、通常よりも酸素が取り込めず、息苦しくなる様…、そんなロシ子の様子を見ていて、もう、ネブライザーを止めてあげたいのですが、来週のレントゲン写真でロシ子の肺をチェックするまでは、決してネブライザーは悪い事ではないだろうから、私も我慢してロシ子にネブライザーをしている様な状況です。

そして、3日前、6/14(木)の晩のネブライザー中のロシ子の様子。(動画:0分39秒)

これが、そのロシ子の苦しそうな呼吸音…、本当は、空気を吸って酸素を取り入れたいのに、噴霧を吸わされてる感じで、これでもホースはかなりロシ子の口元から離しているのですが、息苦しそうなロシ子がいて…。

お腹の動きを見ても、ハァーハァーしてしまって本当に苦しそうなのですが、先生からの指示通りの治療をこなして、ロシ子の肺が現状維持できてるか、あるいは、悪くなっているかを見極める準備の為の2週間なので、せざるを得ないのです…。

そして、おととい、6/15(金)の夕方、私の仕事部屋のデスクの上のロシ子ちゃん。(動画:0分53秒)

ロシ子、私の所に来てくれると、喜んでくれているのか、ゴロゴロと喉を鳴らせてくれるのですが、とっても息苦しそうで…、そのゴロゴロの音も、痰が絡んだ様な音になっていて、ロシ子にどうか、ゴロゴロと喉を鳴らすのを止めて欲しいと思っているのですが…。

そして、昨日、6/16(土)の夕方のロシ子の咳の様子。(動画:0分34秒)

2階でロシ子が単発の咳を…、長い咳よりかは、単発の咳の方がまだ良いのでしょうが、こんな咳を、本当に頻繁にしているロシ子ちゃん。(涙)

次、同じく、昨日の夕方のロシ子の様子。(動画:0分26秒)

またまた、私の仕事部屋でのロシ子の様子ですが、ロシ子がゴロゴロと喉を鳴らせた時の、ロシ子のお腹の動きの動画…、本当に、ロシ子にはゴロゴロを辞めて欲しいのですが、私の所に来たら、どうしてもゴロゴロと喉を鳴らせてしまって…。(涙)

昨日のロシ子ちゃん。1枚、写真を挟ませて頂きますが、最近のロシ子は、私の仕事部屋のデスクの上に乗って来る事が多く、元々は禁止していましたが、今はとても怒れない私…、次の動画は、この写真を撮った後に録画したものですが、私のデスクの上が散らかっていて見苦しい状況ですが、お許し下さい。(動画:2分00秒)

夕方、遅くの時間になると、ロシ子は毎日、私の所に来てくれるのですが、昨日も、喜んでくれているのか、喉をゴロゴロと鳴らし始めたのですが、その挙句に咳をしてしまって…。

そうなんです…、ゴロゴロと喉を鳴らすと息苦しくなり、それで咳をしてしまう事も多々あって、なので、ゴロゴロと喉を鳴らせて欲しくないし、目の前でこの状況を見るのは本当に心が痛くて、可哀想で、可哀想で、もう、仕事をする気持ちも、何かをしようとする元気もなくなってしまうのです。

そして、昨日の晩のロシ子ちゃん…、本当にしんどそうで…。(動画:0分54秒)

似た様な動画を冒頭にもアップさせて頂きましたが、ロシ子、毎晩、こんな感じなのです…、このお腹の動き、いくら何でも異常で、呼吸数を数えたら60~70回位あって、通常は20~30回、多くても40回位の所、これだけの呼吸数なので、苦しくない訳がない…。

どうしたらこのロシ子の息苦しさを取ってあげる事が出来るのか、ステロイドを飲ませて効果のある病気ではないし、先生のご意見の通り、肺の後葉部分を全部、摘出したら、本当にこの苦しみがなくなるのか…、こんなロシ子の様子を毎日見るのは本当に堪えられず、気分が沈みっ放しの飼主です。

最後、昨晩、久しぶりに、記録の為、ロシ子の咳の定点観測をしました…、次の動画はちょっと長く、2分59秒あります。(私が数秒、写っておりますが、ロシ子に朝の挨拶、チューをしている所です…、お見苦しいですが、お許し下さい。)

昨日の夜中の0時から今朝の7時までの7時間の間で、ロシ子、10回程、咳をしてしまいました…、気付いたのですが、夜中の咳は4時40分過ぎの冒頭の1回だけで、その他の咳は私が起きて以降。

朝5時半に目覚ましのテレビが付き、5時半過ぎに私がベットから出て、ソファーベットの上の猫ベットで寝ているロシ子にチューをして、頑張るんだよって、一言、掛けて…、私はそのまま1階に下りて、朝6時に、念の為の目覚ましのテレビが付いて、それ以降に、ロシ子が咳を連発…。

という事は、私がロシ子に接する事によって、ロシ子がゴロゴロと喉を鳴らせてしまって、それが原因で、その後、頻繁に咳をしてしまったのか…、ちなみに、今日の夕方に、ロシ子、2階で咳を数回、していましたが、この動画が終わって以降、午後1時過ぎの冒頭の写真を撮るまでは、ロシ子、咳をしなかった。

もっと言えば、今日の猫たちのお昼ご飯、自動給餌器が動いても、ロシ子がご飯を食べに来なかったので、冒頭の写真の通り、私が2階に行って、ロシ子に食べる様に促したのですが、この直前まで、ロシ子、咳をしなかったのに、この写真を撮った後、ロシ子、咳をしていたのです…、という事は、私がロシ子に接して撫で撫でしたりすると、ゴロゴロと喉を鳴らしてしまう結果、咳をしてしまうのか…、次の週末の動物病院での診察の時まで、その点を注意して、ロシ子の咳を観察しようと思います。

おとといから、ステロイドのプレドニゾロンも1/2錠から1/4錠に減らしていますが、変わらず、ロシ子の咳は頻繁で、やはり、先生の所見の通り、ロシ子の病気は喘息や気管支炎ではないので、ステロイドは効かなそうで、本当にどうしたら良いのか…、この数日、ロシ子の食欲が少し落ちていますが、それでも、最低限は食べてくれているので、まだ、ギリギリ、大丈夫か…。

先生からのお話を踏まえて、私も色々な事を考えていますが、もう、手の打ちようがないに近く、次の診察時に、ロシ子の咳が全く好転しない事をお話し、どの様なお話になるのか、本当に、ロシ子の息苦しさを取り除いてあげたいです…。


スポンサーリンク

臨床症状コントロールの為の治療と投薬、1週間が経過。」への2件のフィードバック

  1. テツマル

    おはようございます。

    ロシコちゃんのしんどそうな動画を見るととても心が痛くなります。
    どうしても病気で亡くなったムーニーのことを思い出してしまいます。約1カ月半の闘病期間は胸が張り裂けそうな思いでした。
    パパさんのお気持ち、僕は半分くらいはわかると思います。何もやる気がおきない、肩に重たい物がのっかってるような…。なんとか、なんとしても良い方向に向かって欲しいと心から願っています。本当に心から祈ってます。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      テツマルさん、こんばんわ。今朝ほどは、コメントを下さいまして、有難うございます。

      ロシ子の事を心配して下さって、有難うございます。
      テツマルさんも、本当に辛い思いをなさり、そのお気持ち、とてもよく分かります。
      愛猫がしんどそうにしているのは、見るに堪えれませんよね。(涙)
      我が家のロシ子は、相変わらず、頻繁に咳をしていて、何よりも、呼吸が早くて息苦しそうなのが可哀想なのですが、幸い、食欲はまだありますので、大丈夫だと思います。
      しかし、今後の事を考えると、その息苦しさを取ってあげられる手段がなく、途方に暮れていますが、出来る限りの事はしてあげたいと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です