ロシ子、何回も何回もトイレに籠って明らかに頻尿だけど、採尿は完了。


iPhone20191130_0800-1これ、昨日の朝8時の事、ロシ子のトイレをチェックしていた所。

釜山旅行から帰って来ると、ロシ子が急に頻尿になっていて、急遽、おとといに動物病院に連れて行ったのですが、昨日、ロシ子の尿検査をする為、動物病院に行く2時間以内の尿が必要との事で、その準備をしていた所。

iPhone20191130_0800-2しかし、その前の段階で、トイレの淵にうんこの様な物が付いていて、よく見ると泡が付いてて、これは一体、何なんだと見ていた所。

結局、多分、うんこだったんだと思いますが、泡が付いてるってどういう事なんだ。

iPhone20191130_0801-1そして、おととい、動物病院から帰って来て、ロシ子がおしっこをしているかチェックする為、ティッシュを敷いていたのですが、丸1日が経過した段階で見てみたら、ロシ子、おしっこをしていました。

iPhone20191130_0801-2ロシ子、おしっこはしてくれていて、尿が詰まっている訳ではなく、命に関わる事ではなかったのでホッとしましたが、それじゃあ、なぜ、そんなに何回も何回もトイレに行って、それで3分も5分もおしっこをしたそうに籠ってるの…?

iPhone20191130_0801-3そして、動物病院に行く2時間以内の尿を採る為、トイレ内をきれいにする為、ティッシュを撤去している所。

iPhone20191130_0801-4それにしても、ロシ子、良い色の、良い量のおしっこをしていると思うんだけど…。

iPhone20191130_0827そして、朝8時30分、ロシ子のトイレをきれいにティッシュで拭いて、よし、ロシ子、今から2時間以内に検査用のおしっこをしてくれ。

という事で、私は朝一番から用事があったので外出をしたのです。

iPhone20191130_1013-1そして、朝10時過ぎ、用事から帰って来てロシ子のトイレをチェック…、うんこはしてくれていたけど、おしっこはしてくれているのか…?

iPhone20191130_1014-1猫砂の部分を取ってみると、ロシ子、無事、おしっこをしてくれていました。

iPhone20191130_1014-2こんな風にロシ子のおしっこを見るのは初めてでしたが、ロシ子、案外と普通におしっこをしてくれていて良かった。

iPhone20191130_1014-3そして、猫トイレの容器を傾けて尿を集め、スポイトでロシ子のおしっこを採尿。

iPhone20191130_1014-4そして、ロシ子のおしっこを容器に入れて、これで動物病院に行ってロシ子の尿検査をする準備万端に整った。

iPhone20191130_1014-5この写真を撮ったのが10時16分で、ちょっとロシ子の採尿に時間がかかり、10時30分から動物病院の予約を取っていたので、早く出発する準備をしなければ。

Phone20191130_1014-6そして、ロシ子の尿が入った容器を袋に入れ、この後、ダッシュでロシ子をキャリーに入れて、動物病院に向けて走ったのです。 明日に続く。


スポンサーリンク

2 thoughts on “ロシ子、何回も何回もトイレに籠って明らかに頻尿だけど、採尿は完了。

  1. nao

    大変な時に、お返事頂きありがとうございました。
    また、いろいろと教えていただきありがとうございます。

    4月に、城下先生の病院で診てもらい、診断されました。
    お薬は、いつも診てもらっている近くの病院で処方してもらっています。

    教えていただいたお薬、参考にさせていただきますね!
    病院の先生にも相談してみようと思います。

    ロシ子ちゃん、その後大丈夫ですか?
    毎日いろんなことがあり、心配は尽きないものです。
    飼い主様もお体気を付けてくださいね。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      naoさん、お返事を有難うございます。

      やはり城下先生の所で診て頂いたんですね。
      我が家のロシ子は、咳は相変わらずですが、レントゲンを見てみると、改善はしているというか、進行は止まっている様に見受けられます。
      食欲も抜群にありますので、吐いたりはしていますが、以前の深刻な状況は脱したと思っています。

      私も以前、城下先生系の先生に気管支ろうと言われましたが、この先生には、以前、別の2次診療の動物病院で精密検査をした時の結果を見て頂いただけですので、正確な診察をして頂いた訳ではありません。
      自分の人間ドックの時に先生についでに聞いたのですが、気管支ろうの「ろう」と言うのは穴が開いてるという事ですので、この気管支ろうという診断が私には理解が出来ていません。
      実際、その城下先生系の先生に、ロシ子はいつ死んでもおかしくないという余命診断もされましたが、でも今は現状も維持出来ていますので、気管支ろうという診断はどうなのだろうという思いもあります。
      少しずつ進行しているとの事で心配だと思いますが、頑張って下さい。
      私も1年半位、ロシ子の病気の事で色々として来ましたので、私で分かる事であればお伝えしますので、いつでもご連絡を頂ければと思います。

      先日のお返事は、私がバタバタしていて、バタバタとお返事を書いてしまいましたので、再度のお返事をさせて頂きました。
      大変かと思いますが、猫ちゃんの為、頑張って下さい。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です