今日は、わが最愛のロシ子ちゃんの17回目の月命日でした。


iPhone-20211125-0940

今日は、わが最愛のロシ子ちゃんの17回目の月命日でした。

ロシ子が亡くなって、もう、1年と5ヶ月も経ったんだな…、1年5ヶ月前って言ったら、かなり前のことだけど、1日たりとも、ロシ子のことを忘れたことがないよ。

私のデスクの左前方には、ロシ子の骨壷があって、骨となり、小さくなったロシ子がいてくれるんだけど、あんなに笑顔の可愛かった子が、こんな姿になってしまい、人間も含めて、生命の儚さを感じます。

iPhone-20211125-0939

ロシ子の写真を見ると、ロシ子が我が家にいてくれて、いつも、私のそばにいてくれてたことが、夢のように感じる。

ロシ子に会いたいけど、こればかりは叶わないし、人生、楽しいこともあるけど、こんな感じで辛いことも多いんだよな。

私の人生の最晩年には、私が死ぬ時の引き取り手も考えた上でだけど、ロシアンブルーの女の子を迎えて、 ロシ子っていう名前を付けて、ロシ子のことを想いながら、その子のことも最高にかわいがってあげたい、なんてことも考えたりしています。

iPhone-20211107-0315

さてさて、今の私の心の支えであるアビのすけくんは、心配ごとは尽きませんが、とっても元気でいてくれています。

これは、3週間ほど前の11/7(日)の夜中の3時過ぎ、前日は実家に行って泊まったのですが、毎回、朝はアビのすけと一緒に迎えたくて、それで、実家で仮眠をとって、夜中の2時に出発し、家に到着した直後に撮った写真。

夜中でも、私が家に返ったら出迎えてくれるし、アビのすけは人間大好きな子なので、ロシ子と違って私でなくても出迎えてくれる子ですが、そんな八方美人で、誰にでも尻尾をふるアビのすけでも、ちょっとジェラシーは感じますが、私にとっては最高にかわいい奴なのです。

iPhone-20211117-2310

夜はたまに、こんな感じで一人で2階に上がって、真っ暗な外を眺めているアビのすけくん。

一体、アビのすけは、ここで何を思っているんだろう…、毎回、こんなアビのすけの黄昏れた後ろ姿を見て、アビのすけにも意思があり、感情があり、一寸の虫にも五分の魂、生きてるんだよなって思ってしまう。

iPhone-20211117-2045-1

そして、悩みのタネのアビのすけの皮膚炎。

これは、1週間前の11/17(水)の晩に撮った写真ですが、それまでは、下腹部の皮膚炎が小康状態だったのですが、その下腹部の皮膚炎も悪化し、左膝にも皮膚炎ができ、お腹の左側にも皮膚炎が出来て、もう、これはダメだって思った。

iPhone-20211117-2045-2

ステロイドの副作用が怖いので、なんとか動物病院に行かずに粘っていたのですが、この状況を見た瞬間、もう、これは、動物病院で注射を打ってもらおうと思ったのです。

しかし、翌日は(木)で動物病院が休みなので、あと1日、アビのすけに我慢をしてもらったのです。

iPhone-20211119-1124

そして、2日後の11/19(金)のお昼前に、アビのすけと動物病院に行って来ました。

これは行きしの車の中ですが、もう、めっちゃ不機嫌で、この瞬間はたまたま鳴いてない顔ですが、家でキャリーに入った瞬間から、車の中でもずっと鳴きっぱなしで…。

iPhone-20211119-1153

そして、動物病院でのアビのすけくん。

診察室に入ってキャリーから出ると、体重測定の時も、体重測定器の角っこでスリスリしてて、アビのすけくん、君は不機嫌なのかい、それともご機嫌なのかい、君の心が分かりましぇん…。(汗)

iPhone-20211119-1204

肝心の注射の瞬間の写真を撮り忘れましたが、これは、帰りしの車の中でのアビのすけくん…、やっぱり、ずっと鳴き続けていて、そんだけ鳴いたら、疲れて鳴きやむだろうと思うけど、それでも、ずっと鳴き続けていたアビのすけくん。

そんなこんなで、1回目のステロイド注射を終えたのですが、頑固な皮膚炎はこれでは治らず、この3日後の11/22(月)にも、2回目の注射を打ちに行きました。

iPhone-20211125-1249-1

そしてこれは、今日のお昼過ぎのアビのすけくんの様子…、アビのすけ、皮膚炎の状況を見せてちょうだい。

iPhone-20211125-1242

1回目の注射からちょうど1周間が経って、状況はかなり改善しました。

やっぱり注射は、副作用は怖いけど、即効性があってすごい。

iPhone-20211125-1249-2

左膝と腹部の皮膚炎はほぼ治り、下腹部の皮膚炎も赤みは残ってるけど、もう少しで完治な感じ。

こんな状況なので、明日はもう、注射を打ちに行かなくても大丈夫と思いたいところですが、でも、ここからまた悪化する可能性もあるし、完全に完治させるために3回目の注射を打ちに行くべきか、今、悩んでる最中です。

そして、日頃のご飯は、パウチはロイヤルカナンの療法食のユリナリー、カリカリはロイカナの療法食のユリナリーとニュートロの穀物フリーを半々であげてるのですが、今週の初めにロイカナのカリカリが切れてしまい、もう1袋残っていると思ったらなくて、即、発注。

カリカリについては、5日間ほどニュートロしか食べさせてなくて、そしたら、昨日は丸1日、おしっこをしてくれず、とにかく、尿路系の心配を常日頃からめっちゃしてるので、今日もおしっこをしてなくて、丸2日間もしてないので、めっちゃ心配中…。

明日、そのロイカナのカリカリが届くのですが、現世界では常にアビのすけの心配をしていて、ロシ子が天国で健やかに過ごしていることも願い、アビのすけが元気でいることも願い、毎日、とっても忙しく願いまくっている飼主なのです。(汗)

 


スポンサーリンク

今日は、わが最愛のロシ子ちゃんの17回目の月命日でした。」への2件のフィードバック

  1. らいのすけママ

    こんにちは。
    あびのすけ君、元気すぎて、気持ちが明るくなります。
    ロシ子ちゃんが亡くなり、まだまだ、気持ち的に受け入れる事が、難しくもどかしさが私には伝わります。
    私の家にらいのすけ君という、ノルウェージャンフォレストキャットがいて、来月の10日で6歳半を迎えます。
    とても、元気です。
    私も今現在、44歳、来年の夏に45歳、女の人生の折り返し地点です。
    人間として、成長していきます。
    ロシ子パパさんも無理をしないで下さい。
    わけのわからない文章ですみません。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      らいのすけママさん、おはようございます。

      昨日は、コメントを下さいまして、有難うございます。

      ロシ子がいない悲しさは、この先、ずっと続くと思います。

      アビのすけは、とっても元気にしてくれています。

      らいのすけ君、6歳半なんですね。(笑)

      我が家のロシ子は、6歳半で亡くなりましたので、らいのすけ君、とても元気ということで何よりですし、今後も健康で長生きできるよう、よく体調を観察してあげて下さいね。

      私も健康には留意していますし、らいのすけママさんも、どうぞ、らいのすけ君の為にも、健康でいらっしゃって下さい。

      有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です