ロシアンブルーのロシ子が大・大・大歓迎をしてくれました!


ようやっと落ち着いたロシ子。この写真は、昨日、私と、感動の再会をした後、1時間30分位、経って、ようやっと落ち着いて、晩ご飯を食べてくれている、ロシアンブルーのロシ子の様子です。

しかし、ここまで、私の帰りを喜んでくれるとは、正直、思っていませんでした...。

昨日、関空から神戸空港へのベイシャトルが、荒天の為、終日、運行見合わせになってしまい、通常なら30分で、神戸空港に着く所を、代替バスで神戸空港まで戻って来た為、1時間も遅れて、家に戻って来てしまいました。

家に着いたのは、晩の8時50分...。

家に入る前に、スマホで、ロシアンブルーのロシ子が、どんな行動を取るか、観察しようと、Webカメラを見ながら、玄関のドアを開けたのですが、その瞬間、特製猫ベットで寝ていたロシ子は、特製猫ベットを脱出して、ベットの方に逃げてしまいました...。

完全に、私でないと思って逃げた様で...。

そして、部屋に入り、当然、隠れた後なので、ロシ子の姿はないのですが、「ロシ子ー、ロシ子ー」って、呼んでやると、ベットの方から、ちょこっと、顔を出して、私だと確認すると、猛ダッシュで、私の方に駆け寄ってくる、ロシアンブルーのロシ子...。

ここまで、私の帰りを歓迎してくれるなんて、本当に、本当に、最高にかわいい、ロシアンブルーのロシ子です...。

それから、ロシ子の晩ご飯の準備をしたり、何やかんやで、1階に下りたりするのですが、それはそれはもう、すごい鳴き様で、私と遊びたいと言うか、コミュニケーションを取りたいと言うのか、とにかく、私を呼び続けるのです。

その、感動の、再会の瞬間を、良い写真を、たくさん、撮りたかったのですが、私も、ロシ子をハグしたり、撫でたり、さすったりしながらだったもので、すべて、ピンボケ...。

残念ながら、良い写真が撮れなかったのです...。

という事で、私が1階で、何やかんやしてる時の、ロシアンブルーのロシ子が、2階で「早く私と、もっとコミュニケーションを図りたい!」って言って、おろおろしながら、鳴きまくっている姿をご覧下さい!

私が、ロシ子のトイレの掃除をする為に、2階に上がったりする場面もあったのですが、そこはカットさせて頂いたのですが、その時の、ロシ子が私にまとわり付いて、離れない場面なんかを、とっても、ご覧頂きたかったのですが...。

前回、11月初めの旅行の時は、ペットホテルに預けていたので、ストレスもいっぱい、溜まっていた為、ロシアンブルーのロシ子は、疲れ切って、家に戻ったので、私に甘える事も、少なかったのですが、今回は、本当に、私の帰りを、大・大・大歓迎をしてくれて、少しでも離れたくない、っていう感じで、私に引っ付きっ放しで...。

寒かったので、私は、熱いお風呂に、ゆっくりと入りたかったのですが、おそらく、その間中、ロシ子は、ずっと、鳴き続けて、声を嗄らしてしまうのでは、と思ったので、ダッシュでお風呂に入り、そして、ゆっくりと、2階で、ロシアンブルーのロシ子とコミュニケーションを...。

1時間位、ずっと、私の膝の上に乗って、スリスリ、スリスリ、私にしていました。

これも、今回は、ペットホテルに預けず、ペットシッターさんに来て頂いて、お世話をして頂いたおかげです。

本当に助かりました!

そして、晩は、やはり、私のベットの布団に入って来て、私にピタッと、体を寄せて、安心して、寝ていた様です。

そして、今朝は、私が起きる時に、ロシアンブルーのロシ子に、しっかりと、布団を掛けてあげて、私は先に起きたのですが...。

多分、ロシアンブルーのロシ子は、また、2度寝をするだろうと思っていたのですが、すぐに、「ミャーミャー」と、鳴き始めました。
朝から私を呼ぶロシ子。私がいなくなった事に、不安を感じたのでしょうか...。

ずっと、鳴き続けていました。

私としては、本当に嬉しいと言うか、有難い事です。

昼ご飯も食べて、午後2時頃からでしょうか、ようやっと、特製猫ベットで、ゆっくりと寝てくれ、鳴き声もなくなりました...。

こんなに、私の事を、頼ってくれていると言うか、仲良しと思ってくれていると言うか、本当に、こんなにかわいい子はいない、って思う位、かわいい猫ちゃん、ロシアンブルーのロシ子でした。

今日は、写真も少なく、文章ばっかりで、読み難かったと思います...、すいません...。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です