ロシアンブルーのロシ子の体重…、小康状態ですかね…?


朝方のロシアンブルーのロシ子。昨日の朝方の、ロシアンブルーのロシ子…、晴れている日は、影絵の様に写る障子に、ロシ子、いつも、興味津々…。

その様子を、じーっと、眺めているのも、なかなか飽きなくて、なかなか面白くて、一体、ロシ子は、何を考えているのでしょうか…?

横着なロシアンブルーのロシ子。横着に、右足だけ、安定した台に残して、落ちない様にバランスを保ちつつ、じーっと影絵の動きに夢中の、ロシアンブルーのロシ子です。
ロシ子の体重測定の日です。さて、昨日も、ロシ子の体重を測りましたよ。

自分から籠に寄って来て、籠の匂いを、くんくん、嗅いでいる、ロシアンブルーのロシ子…。

籠の中に入れられて、体重を測られる事に対しては、ロシ子、何の警戒心も、ない様ですね。
ロシ子の体重を測ります。そして、ロシ子に籠の中に入ってもらって、ロシ子の体重を測定中…。

この時、私は、毎回、ロシ子の体重が増えていない事を、願っているのですが…。
ロシ子の体重は3,574gです。今回のロシ子の体重は、3,574gでした。

先週から、16gの増加。

それ程、増えていないと言えば、増えていないのですが、でも、増えているのも事実で、3.6kgも視野に入って来てしまって、私的には、微妙な心中で…。

ロシ子のお腹を触ってみると、もう、パンパンで、便が全部、出切っていないのでは、とも思うのですが、食欲は、あり過ぎる位、旺盛だし、うんちも毎日、しているので、健康上は問題ないと思うのです…。

いつまで、ロシ子の体重が増えるか、視点を変えて、ちょっと、追跡してやろうかと思います。
籠から出て来ないロシ子。体重測定も終わって、籠の蓋を開けてあげると、いつもなら、ジャンプして、籠から脱出するロシ子ですが、今回は、こっちにお尻を向けています。

んんん!? ロシ子、どうした…?
籠から出て来ないロシアンブルー。珍しく、全く、籠から出て来ないロシ子ちゃん。
踏み踏みしていたロシ子。無理にロシ子を、籠から出す必要もないので、ロシ子を放置しながらも、私、小さい声で、「ロシ子ー、ロシ子ー」って囁いてやったら、ロシ子、何と、籠の中で踏み踏みをしてました…。

どうやら、ロシ子、籠の中でも、ご機嫌良好な様ですよ。
10分位、籠から出て来なかったロシ子。結局、10分位、籠の中でくつろいで、ほっこりしていたロシ子だったのです。

最後は、いつもの様に、ジャンプして、籠から脱出しましたが、まぁ、ロシ子、いつでも、どこでも、ゴロゴロ、踏み踏みで、穏やかに過ごしてくれて、私も満足ですよ。


スポンサーリンク

2 thoughts on “ロシアンブルーのロシ子の体重…、小康状態ですかね…?

  1. ロシ子ちゃん、籠の中でもおとなしいのですね。
    体重測定に慣れてきたのでしょうか。
    うちのステラはキャリーバッグに入れようとすると怪力で抵抗します。
    まあ、滅多に入らないので不安なのでしょう。
    これがオス猫だったらもっと怪力なのかなあと思ったりします。
    ちなみにミラは年の功なのか、それほど抵抗しなくなりました。
    ロシ子ちゃん、籠の蓋を開けたときでも中で落ち着いているのですね。
    このぴったり感が猫は落ち着くのでしょうか。
    黄色い蓋の白い籠に納まっているロシ子ちゃんの黒系の身体のコントラストが素敵です。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ、コメントを有難うございます。
      うちのロシ子は、小さい時から、籠には慣れているので、と言うより、言葉は悪いのですが、私が、四の五の言わせずに、ロシ子を籠の中に突っ込んで来たおかげで、籠に対しては、問題はないのですが、ロシ子が、迷一杯の馬鹿力を出すのが、シャワーの後のドライヤーなんですよね。
      今は暖かいので、ドライヤーをせずに、自然乾燥で行けてますが、これから寒くなって来たら、ロシ子の大暴れも始まるので、格闘しなきゃって思うと、なかなか、大変な季節になって来ますね。
      ステラちゃんは、キャリーバッグで怪力を発揮するようでしたら、ドライヤーの時は、さぞ、大変ではないですか…?
      でも、そんな愛猫が、かわいいんですよね。
      狸さん、今後とも、宜しくお願い致します!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です