ロシ子の肛門の黒ゴマちゃんの、ビフォー・アフターです。


シャンプー前のロシ子ちゃん。今日は、我が家のロシ子の肛門の写真が出て来ますので、食事中の方や、他人の猫の肛門なんか見たくないという方は、どうか、この記事を読まない様にお願い致します。

さて、これは3日前のロシ子の様子…、確か、朝、猫たちのお世話をする時に撮った写真だと思う。

なのでロシ子、まだ、自分がシャンプーされるなんて思ってもいないので、何となく、余裕の表情がロシ子から見て取れます。

ブラッシング前のロシ子。ロシ子に毎朝のブラッシングをする前に、この日はロシ子にシャンプーをするつもりだったので、先に、ロシ子の肛門の黒ゴマちゃんの写真を撮らせて貰おうと思いました。

ロシ子、恥ずかしいやろけど、ちょっとだけ肛門を見せてちょうだいよ…!」

黒ゴマだらけのロシ子の肛門。そしてこれ、シャンプー前の、黒ゴマだらけのロシ子の肛門…、しかし、今回は黒ゴマだらけ…、ここまで黒ゴマだらけになってるの、見た事ないなぁー…。

アビのすけはとってもたくさん水を飲むので、その分、うんちも柔らかくて、なので、アビのすけの肛門はピンク色で、とっても綺麗な肛門をしているのですが、ロシ子は子猫の頃から水を飲む量が少ないので、どうしてもうんちがコロコロのカチカチで、なので、黒ゴマちゃんがたくさん肛門に付いてしまうのだと思う…。

ロシアンブルーって、どの子もこんな感じなのかなぁー…?

隠れたロシ子。そして、2〜3時間が経って、お昼前、ロシ子にシャンプーをしようと、私が2階に上がって来たら、さすが…!

敏感なロシ子は、またもや、自らに振り掛かって来る危機を察知して、既に退避していましたよ…、面白い子…。(笑)

尚も退避するロシ子。そして、私がベットの方に歩みを進めると、ロシ子は尚も退避して、この場所に追い込まれてしまったのですが、なぜかここでアビのすけが参戦…!?

おい、アビのすけ、お前は訳も分からずにここにやって来て、ただ単に、遊びに参加したいだけだろ…、ほんとにこの野次馬野郎…! 本当に凸凹な男の子です。

ロシ子のシャンプー。そしてその後、ロシ子に有無を言わさず、籠の中に入れてお風呂場へ…、早速、バケツの湯船にロシ子を浸けましたよ。

ロシ子の肛門をふやかします。そして、今回はロシ子の肛門の黒ゴマちゃんを取り除きたかったので、ロシ子にお風呂に浸かってもらいながら、私は指先でずっとロシ子の肛門をふやかしながら擦って…。

私がロシ子の肛門を触っている間、ロシ子は防衛本能が働いて、無意識かも知れませんが、肛門を締めて来るので、黒ゴマちゃんを全て剥がす事は出来ませんでしたが、それでも、ポロポロと黒ゴマちゃんが剥がれているのが、手の感触で分かりましたよ。

ロシ子が鳴いてしまいました。きつくこするのではなくて、ゆっくりと撫でる様にロシ子の肛門を摩っていたのですが、ロシ子はやっぱり気持ち悪いんでしょうね、「もうやめて!」って鳴いてしまいました。

ロシ子…、分かった、分かった…、もう止めてあげるからね…。

シャンプーが終わったロシ子。そして、シャンプーでロシ子の体を洗いながら、ロシ子の肛門を触って、ふやけた残っている黒ゴマちゃんを剥がし、シャワーでロシ子の体を洗い流し、そして、今回もエアコンをガンガンにつけながら、ロシ子にドライヤーをして、ロシ子のシャンプーが終了です。

ロシ子の肛門はきれいになったかな…?

シャンプー後のロシ子の肛門。そしてこれが、シャンプー後のロシ子の肛門…、まだちょっとだけ、黒ゴマちゃんが残っている様にも見えるけど、でも、ビフォーの写真と見比べると、断然、きれいになりましたよ。

産まれてこの方、ロシ子の肛門にはずっと黒ゴマちゃんが付いていたので、今さら、アビのすけの様なきれいな肛門にはならないと思うし、かわいいロシ子の為に、シャワーの時、私がきれいにしてあげるしかないと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です