ロシ子のパウチご飯の食べ方のパターンが分かって来た…。


ロシ子の記念日。これは、おとといの晩の事、この日は、ロシ子の2歳と11ヶ月の誕生記念日でした…、ロシ子も間もなく3歳かぁー…、人間年齢で言ったら28歳…、女の子のロシ子にとっては、今は、一番、脂の乗った良い時なのかも知れません。

という事で、この日の晩ご飯も、いつもの通りの特別なパウチご飯を、猫たちにあげました。

ピュアスープ 2種の魚介のコンソメ風。これは、モンプチのパウチ、「ピュアスープ 2種の魚介のコンソメ風」に、ロイヤルカナンのインドアのカリカリを少しだけ混ぜた、ロシ子のスペシャルご飯。

気難しいロシアンブルー。そして、ロシ子に特別晩ご飯を出してあげたのですが、初めはペロペロとスープを舌で舐めていたのですが、その内に、またロシ子、食べるのをストップ…、あぁ〜、頭が痛い…。

ロシ子のご飯の場に連れ戻します。食べるのを止めて、ご飯の場所を離れてしまったロシ子を、私が抱き抱えてご飯の場所に戻すと、またこの格好で食べ始めました…、最近の気難しいロシ子様なのです…。

食べず嫌い?なロシアンブルー。ロシ子、お願いだから、食べず嫌いをせずに、普通に食べてちょうだいよ…、私を悩ませないでちょうだいよ…。

ガツガツ食べるアビのすけ。警戒しながら食べているロシ子に対して、アビのすけは脇目も振らずに食べ続け、後から食べ始めたアビのすけが、間もなく完食の勢いです。

ポジションを移動するロシ子。そして、ポジションを移動して、ゆっくり、ゆっくり、ご飯を食べているロシ子ちゃん…、じぃーっと見てると、どうやらロシ子は、カリカリを避けて、スープだけを飲もうとしているみたい…。

カリカリを食べないロシ子ちゃん。ロシ子、なんで、カリカリだけ避けて食べてるのん…? いつも食べてるカリカリですよ…。

ペロペロしているロシ子。ロシ子がペロペロとスープを舌で飲んでいる瞬間が撮れました…、一見、良い感じで食べている様に見えますが、ロシ子は腰を下ろさず、中腰状態で食べているので、まだ、本気食いではなくて、様子を見ながら食べている感じ…。

ご飯の場を離れたロシ子。そして、まだまだ、たっぷりとご飯が残っている状態で、ロシ子はまたまた、ご飯の場所を離れてしまいました。

ロシ子は間違いなく、お腹を減らしている状態だし、普段の晩ご飯は、1回もご飯の場所を離れる事なく、一気に完食をしてしまうので、やはりこれは何かある…。

完食をしたロシアンブルー。そして、数分後に、ロシ子はご飯の場所に戻って来て、これ程までに、きれいに完食をしてくれたのですが、どうやら、お口の肥えたロシ子様は、パウチの味とカリカリの味が混ざっているのが嫌なのかも…、次回のパウチご飯の時には、試しで、パウチとカリカリとを別々のお皿で出してあげようと思っています。

これでもし、ご飯の場所を離れる事なく、ロシ子が一気に完食をしたら、淑女のお年頃になったロシ子姫の、ちょっとした我儘が証明される事になります…、これもロシ子のかわいい所です…。


スポンサーリンク

2 thoughts on “ロシ子のパウチご飯の食べ方のパターンが分かって来た…。

  1. そうなんですね。
    カリカリとスープが混じるのがちょっとお好みではない可能性があるのですね。
    実は私もそんな気もしていました。
    写真を見るとスープはとても美味しそうに嬉しそうに飲んでいるからです。
    いつも、写真からロシ子ちゃんのペロペロという凄い勢いの音が聞こえてくるような気がしています。
    でもカリカリの方も普段は食べているということですし、もしかしたら食感がカリカリはカリカリで食べたいのかなあという気もしていました(人間の食事でも、そういう、食べ方の好みってありますよね?)
    それにしてもロシ子ちゃんがカリカリを避けて食べているのを見抜くパパさんの鋭い観察に吹き出してしまいました。
    本当にいつも感心しますがパパさんはよく愛猫たちの様子を見ていますね(^-^)
    次回、別々のお皿で出された時にロシ子ちゃんが腰を据えて食べる姿でありますように!と祈っています。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      確かに、狸さんがおっしゃる様に、私も、固いままで食べるべき食べ物を、ふやかして食べたいとは思いませんので、私がロシ子の気持ちを、考えてあげられてなかったのかも知れません。
      次回は、スープとカリカリとを分けて、出してあげようと思っていますので、どの様な結果になるか、私も楽しみです。
      しかし、もし、別々に出した結果、戸惑わずに、あっさりと両方とも完食をしてしまったら、ロシ子も自分が猫という事を忘れて、随分と食通になったものだと、私はロシ子の事を感心してしまうと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です