ロシ子、完璧に粉薬を食べる事が出来る様になりました。


ロシ子とアビのすけ。これ、今日の夕方の我が家の様子…、今日の神戸は少し肌寒くて、写真の左側に写ってる緑の特製猫ベットは、常にアビのすけが独占していて、ロシ子は寒そうに毛布の上で寝ている事が多かったので、写真の右側に写ってる、雑誌「ねこのきもち」の付録のキャットテントの中に猫ベットを突っ込んで、ロシ子の為に、かまくらの様な周囲を囲われている暖かい寝場所を作ってあげたのです。

すると、私の思惑通り、早速、ロシ子がその中に入って寝てくれてて、アビのすけも緑の特製猫ベットの中で寝ていたので、これでロシ子も、少しは寒さをしのげるのではと、私は喜んでいたのです。

おとといのロシ子の晩ご飯。さて、話は変わりますが、おとといと昨日のブログに引き続き、ロシ子にいかに粉薬入りの晩ご飯を食べさせるか、という問題なのですが、ようやっと、ロシ子が完璧に粉薬入りのご飯を食べてくれる方法が分かりました。

これは、おとといの晩のロシ子のご飯で、粉薬入りのご飯の3回目だったのですが、この日からは、緑色の粉薬を完璧に缶詰と混ぜ切って、粉薬の匂いも缶詰の匂いで完全に消し切って、その上でカリカリとも完全に混ぜて、粉薬のかけらも分からない位に混ぜ混ぜにしてやったのです。

見栄えの悪いロシ子の晩ご飯。ご覧の通り、かなり見栄えは悪いのですが、ほぼ完璧に粉薬の存在を消してしまって、このご飯をロシ子に出す前は、ロシ子が食べてくれるか、不安もあったのですが、でも、粉薬の気配を完全に消す事が出来る位に混ぜ混ぜにしてやったので、ロシ子が食べてくれる自信もあったのです。

少し警戒したロシ子。そして、ロシ子にその混ぜ混ぜご飯を出してあげたら、ロシ子、最初は少しだけ匂いを嗅いでいた様な気もしたのですが、良い感じで食べ始めてくれたのです。

粉薬入りご飯を食べるロシ子。そして、ロシ子がご飯を食べ進めて行くに連れて、ロシ子の勢いは衰える事を知らず、どんどん、どんどん、食べ進めて行ってくれて、私は心の中でガッツポーズ…!(笑)

座ってご飯を食べるロシ子ちゃん。そして、ロシ子の本気食いの体勢…、お座りをしてご飯を食べ始めてくれて、これでロシ子が完食をしてくれると確信したのです。

完食をしてくれたロシアンブルー。そしてロシ子、まるで粉薬が入っていない普通のご飯の時の様な感じで、あっという間に完食をしてくれて、私、嬉しかったぁ〜…。

きれいに食べていない所はロシ子のご愛嬌…、なんて思っていたのですが、間もなくロシ子がご飯の場所に戻って来て…。

ロシ子が自らきれいに食べた。この通り、ロシ子が自ら、お皿をペロペロして、こんなにお皿がきれいになるまで食べてくれました。

これで、ロシ子の喘息を治す為のお薬を、少しも残さず食べる事が出来ましたし、この時のご飯以降、今日まで、粉薬入りの朝ご飯、晩ご飯は、残さず、完璧に完食をしてくれているロシ子で、1回目の粉薬入りのご飯をロシ子に拒否された時は、どうなる事かと思いましたが、もうこれで、粉薬の事で悩む事はないと思います…、あぁ〜、本当に良かったぁ〜…。


スポンサーリンク

3 thoughts on “ロシ子、完璧に粉薬を食べる事が出来る様になりました。

  1. ピンバック: 相変わらず、おバカで笑えるアビのすけ。 | アビシニアンのアビのすけブログ。

  2. ロシ子ちゃん、薬を全部内服できた(食べた)のですね!!
    ロシ子ちゃんも猫なりに薬が大事なものなのだということは良くわかっていると思います。
    それにしても一度食べた後、もう一度、戻ってきてさらにペロペロして綺麗に舐めるとは・・・!!
    よっぽどご飯が美味しかったのですね(^O^)

    アビのすけ君ブログも読みました。
    御茶目なアビのすけ君はいつも人を楽しませてくれます。
    小さい時のアビのすけ君も可愛かったけれど、立派な青年になったアビのすけ君は頼もしさが加わってさらに好きです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      はい、ロシ子は粉薬入りのご飯を、全部、食べれる様になりました。
      私もホッとしています。

      アビのすけは相変わらずのおバカさんですが、とっても愉快な奴なので、私もよく笑わせて貰ってるんですよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です