ロシ子に引っ掻かれたぁ〜…、めっちゃ滲みるぅ〜…。


新たなロシ子の寛ぎのスペース。これは、4日前の夕方遅くのロシ子ですが、最近、ようやっと、ロシ子はこの猫ベットで寝てくれる様になったのです。

1階では、ロシ子はいつも、ソファーの背中の部分で寛いでいたのですが、ここでは幅が狭くて、ロシ子は昼寝をする事が出来ず、その為に、1階にこの猫ベットを持って来たのですが、なかなかここでは寝てくれず…。

ようやっとロシ子がここで寝てくれる様になって、これでロシ子も1階で十分に寛いでくれる事が出来るので、私も嬉しく思っているのです。

気持ち良さそうなロシ子。気持ち良さそうに寝ているロシ子…。

かわいいロシ子。ゆっくり寛いでちょうだいよ、ロシ子ちゃん…。

ロシ子に引っ掻かれた。そして、汚い肌を露出させて頂きますが、これ、私の左胸の上、左肩の下辺りの写真ですが、ロシ子に引っ掻かれたぁ〜…。

3日前の事ですが、私がロシ子を抱っこして、2階に上がろうと階段を上っていたのですが、私の横の階段の隙間を、猛ダッシュでアビのすけが走り過ぎて行き、私が階段で躓いてしまって、それに驚いたロシ子が、私の左胸に爪を立てて、私の腕から脱出したのです。

シャワーが滲みる傷痕。ロシ子が驚いて爪を立ててしまった事は、全くロシ子は悪くないし、猫飼いにとっては、こんな傷は当たり前だと思うのですが、写真では、大した傷ではなさそうに見えるかも知れませんが、とにかく、お風呂に入ったら、ここが滲みる、滲みる、痛い、痛い…。

私の体には、完璧に残ってしまっている猫たちの爪痕がたくさんあるのですが、この傷も、痕が残ってしまうだろうなぁ〜…、まぁ、私は男なので良いのですが…。

最後、私の備忘録…、ロシ子の喘息の咳の様子です…。

今日の晩、7時30分前の事でしたが、私が1階で仕事をしていると、いつもの様に、ロシ子が私の仕事部屋の前で「にゃー」と一鳴きしたので、ロシ子を部屋の中に入れて、私の膝の上で寛がせていたのですが…。

突然、私の膝の上でロシ子が喘息の咳を始めて、私は焦って、充電していたデジカメの電池をデジカメに入れてたら、ロシ子が私の膝から下りて、そして、部屋の外に出たかった様だったので戸を開けてあげたら、ロシ子が1階の廊下で咳を続けてた…、っていう感じ。

前回の咳は、10/3(月)の朝9時前だったので、今回の咳は、前回の咳から2日半ぶり…、どうかこれ以上、酷くならないでいて欲しいと願うしかない飼主です…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です