ロシ子を動物病院へ…、基本、現状維持、頓服もありの指示。


隠れてるロシ子。これ、今日の夕方4時半過ぎのロシアンブルーのロシ子ちゃん…、ロシ子、出来る限り、頭を低くして、私に見つからない様に、ひっそり、隠れているつもり…。(笑)

今日は午後5時から、先日、順延となった、ロシ子を動物病院に連れて行って来たのですが、そろそろ家を出る為に、ロシ子をキャリーケースに入れようとやって来たら、このロシ子のささやかな抵抗…。(笑)

固まってるロシ子ちゃん。固まってるロシ子ちゃん…。(笑)

ロシ子は本当にとっても敏感な子で、異様な雰囲気など、私はさらさら出していないのですが、ロシ子、もう、どっかに連れて行かれる事が分かってて…。(笑)

ロシ子、昨日は咳をしなかったのですが、残念ながら、今朝の8時15分頃に咳をしてしまって、やはり今朝も、猫たちの朝ご飯を準備している時で…。

ロシ子、先日の(金)(土)(日)と、3日連続で1日2回の咳をしてしまって、この数日は、ちょっとは落ち着いていたのですが、今日、ロシ子を動物病院に連れて行く予約を取っていて、本当に良かった…。

ロシ子を動物病院へ。そして、ロシ子を伴って、動物病院へ出発…、我が家から車で10分、芦屋のネクスト動物医療センターさんに到着。

ネクスト動物医療センターさんの駐車場で、記念の1枚…、しかし、ロシ子、今日は、行きしの車の中で、一鳴きもしなかったね…、お利口さん。(笑)

待っている時のロシ子ちゃん。そして、動物病院の中へ…。

本当ならば、3日前の10/23(月)に予約を取っていたのですが、院長先生のご身内に不幸があり、今日に順延…、院長先生は、おととい、昨日もお休みをなさっておられたので、今日は絶対に待ち時間が長いと思い、私は本を持参…。

動物病院の中に入ってからも、ロシ子はとってもおとなしく、全く鳴かなかったと思うのですが、もしかしたら、私、読書に集中していた為、ロシ子の鳴き声が耳に入ってなかっただけかも…。

ロシ子の体重測定。そして、午後5時からの予約の所、30分位、待ったかな…、ようやっと、ロシ子のお名前が呼ばれて、診察室へ。

まずは、いつもの通り、体重を測って頂き、ロシ子の体重は3.82kg…、これ、非公式の体重ではありますが、ロシ子、過去最重の体重じゃないのん…!?(汗)

キャリーケースの中のロシ子。そして、看護師さんに、次の「前回からの経緯」の紙をお渡しして、ロシ子の近況をお知らせして、看護師さんが一旦、退室なさった後のロシ子…、緊張していたのか、ロシ子、自らキャリーバックの中に入って行って、ここが落ち着くのかい…。

前回からのロシ子の経緯。これが、看護師さんにお渡しした、「ロシ子の前回の診察時からの経緯」の紙…、まもなく、院長先生も診察室に入って来られ、まずは、診察が順延になってしまった事へのお詫びをおっしゃられて、院長先生、さすがだなと…。

ロシ子の診察。そして、ロシ子の現状をお話させて頂き、ロシ子の診察がスタート…、触診をして頂き、聴診器でロシ子の肺の音を聞いて頂き、問題なし。

ロシ子の体温測定。引き続き、ロシ子の体温測定…、ちょっと忘れてしまいましたが、37.8℃だったけな、問題なし…、ロシ子、肛門に体温計を突っ込まれたけど、鳴かなかったね…、お利口さんでしたよ。

診察の結果、先日の診察時のレントゲンでも、状況はほんの少しですが、改善の方向に向かっているし、基本的には、現状の通り、1日1回、晩に、ステロイドの「プレドニゾロン1g」を飲ませる事、ロシ子の咳がちょっと酷い時には、1日2回、朝と晩にステロイドを飲ませる事、つまり、症状に合わせて薬を飲ませる「頓服」での対応を指示されました。

基本的には、私も同じ様な事を考えていたのですが、やはり、先生からのご意見はとても信用できるし、重みもあるので、継続して、先生からの指示の通り、ロシアンブルーのロシ子のステロイド治療を進めて行こうと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です