今日は、ロシ子が亡くなってから1ヶ月の月命日でした。


iPhone202006018_1317これは、亡くなるちょうど1週間前、6/18(木)の午後1時過ぎのロシ子…、物憂げな表情をしていたロシ子…、ロシ子、この時、何を考えていたの…、でも、とってもチャーミングだったロシ子…。

今日は、ロシ子が亡くなってから1ヶ月の月命日でした…、ロシ子がいなくなってから1ヶ月も経つのか…、ロシ子にスリスリして、ロシ子を撫で撫でして、ロシ子の匂いを嗅いで、ロシ子のかわいい顔をこの目で見たい…、今日もロシ子の冥福を祈っています。

3日前の四七日の日のブログにも書きましたが、ロシ子と一緒に過ごした7年半もの日々が、毎日、ほぼ1日中、一緒に過ごしていたのに、なんか、現実感のない幻のように感じてしまう…。

その一方、昼間、ちょっと仮眠を取ろうとすると、頭の中がロシ子の事だらけになって、まったく寝付けない…、夜は、寝る前の焼酎ロックが欠かせません…。

頭に浮かんで来ることは、未だにロシ子に対しての後悔の気持ちばかりで、昨日からニュースで京都の安楽死の事が盛んに取り上げられていますが、ロシ子をもっと楽に死なせてあげることができたらと、1ヶ月も経ってるのに、ロシ子に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

iPhone20200724_1401
去年の3/6(水)の夜遅く、ロシ子が呼吸困難になった日以降、家では一切、テレビを見ることはなくなり、Yahoo!ニュースからの情報しかありませんが、「安楽死」の問題、2人の医者には悪意が見られますが、それでも、京都の女性は納得して亡くなって行ったのではないだろうかと思っています。

昨日、たまたま、Twitterを見ていたら、こんなツイートが目に入って来て、ニコさんの辛い気持ちをひしひしと感じました…、これは悲劇でしかない…。

猫だけど、私にとってロシ子は本当に大切な子だったので、人間の話とは比較にできない話だけど、猫でも人でも、大事に思っているものの苦しむ姿は見たくない。

元、議員とかいう医者の嫁がペラペラとしゃべってる記事を見て、お前、自分の保身よりも先に、旦那のしたことを謝れよって、こいつの謝罪をまだ見ていない…、こんな常識のないやつが国会議員をしていたなんて、日本の政治なんて当てにしてないけど、本当に呆れてしまう。

Snapshot_20200614_1506これは、亡くなる11日前の6/14(日)のロシ子…、私は至れり尽くせりでご飯をロシ子の所まで持って行ってあげて、お腹が膨れたのかこの体勢で寝ていて、この時は、ロシ子、寛いで寝てくれてるなぁ~、なんて呑気な事を考えていたけど、ロシ子、この時もしんどかったのかも知れない…。

猫は何にもしゃべってくれないし、我慢をする動物だから、ロシ子の本当の気持ちを分かってあげる事ができなくて、ロシ子を苦しみ続けさせてしまったのかも知れない…。

でも、この時は食欲はあったし、かわいい顔で甘えてくれたし、この11日後に苦しんで死んでしまう事が分かっていたら、真剣に安楽死の事を考えてあげる事ができたかもしれないけど、私には気付いてあげることができなかった…。

iPhone202006017_2024ロシ子に飲ませて来た薬…、この写真で、6月にアップする為に準備していた写真は最後…。

体重4kgのロシ子が飲んでいた薬を、体重62kgの私に例えると、錠剤を10粒か20粒位、朝と晩に飲んでいた感じで、副作用のないものばかりだったし、副作用が考えられるものはとっても慎重に飲ませてたけど、ロシ子にとっては苦痛だったかも知れない…。

iPhone20200725_2324そして、今のアビのすけの様子…、アビのすけに本当に救われています…、と言っても、アビのすけを撫で撫でしている時には、頭の中にロシ子がいて、アビのすけにコロコロしてあげてる時には、頭の中には喜んでいたロシ子の事が浮かんでいて、アビのすけには本当に申し訳ないけど、もう暫く待ってよ、アビのすけ…。

とは言え、アビのすけがちょっと変な咳をしたり、いつもと違う行動をしてくれると、私は過度な位にビビっています…、アビのすけには、何としてでも長生きをして貰いたいし、また苦しんで死なれたら、私はもう立ち直れないよ…。

ロシ子が亡くなって暫くは、今までと違って私が寄って来たものだから、アビのすけも戸惑っていましたが、今では、かなりの時間、私と一緒に過ごしているし、私の太ももの上で気持ち良さそうに寝てる事も多くなってきました。

ロシ子は私にとって、この上ない永遠に一番の猫ちゃんだから、ロシ子にも天国からアビのすけの事を見守ってあげて欲しいし、あの世のロシ子の事は、私がこの世から見守り続けます。

でも、やっぱり、ロシ子がいないのは本当に寂しいし、ぽっかりと心に穴が開いてしまってるし、叶わない事だけど、ロシ子に本当に会いたいです…。


スポンサーリンク

12 thoughts on “今日は、ロシ子が亡くなってから1ヶ月の月命日でした。

  1. 奏-kana-

    パパさんこんにちは。
    大変ご無沙汰しております。
    うちのるーの腹違いのお姉さんのロシ子ちゃんが亡くなったこと、私も本当に悲しく思います。
    るーも喘息で、冬場はネブライザーが欠かせないし、今は腎臓も悪くて、毎日薬を飲み、週に三回点滴をしながら頑張っています。
    何度も危機があったので、何度も覚悟しました。パパさんの辛さが身に沁みます。
    これからは、今まで我慢してきたアビのすけ君を、めいっぱいかわいがってあげてくださいね。
    アビのすけ君の、これまた腹違いの弟のひぃも、相変わらず顔はアビのすけ君にそっくりです。ひぃはお客さんが苦手ですが。そして、同じような皮膚炎が、夏だけ、たまにできます。兄弟だな、やっぱり、と思います。
    可愛い、愛しい。どんな言葉を使っても足りません。
    そばにいる子を、大切に、大切にいつくしんで育てましょう。

    ロシ子ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      奏-kana-さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      るーちゃん、喘息の他に、腎臓も悪くなってしまったんですか…。
      可哀そうですね…。
      猫はしゃべれませんし、我慢をするので、普段と変わらない様子でも、着々と病気は進行していることがあります。
      我が家のロシ子がまさにそうで、表面的な咳や痰の絡みは、2年前とそれ程、変わりませんでした。
      半年ほど前のレントゲンでも、逆にちょっと良くなってるんじゃないのと先生から言われた程でしたが、コロナの影響で3ヶ月おきのレントゲンが撮れず、まさに、レントゲンを撮って肺の状況を確認する予約を取り、レントゲンを撮った段階で悪化していて、翌週に亡くなってしまいました。
      日々、毎日、接していると分かりにくいですが、思い返せば、最後の1ヶ月は調子が特に悪かったように思いますし、気付いてあげられず、後悔ばかりです。
      我が家にはアビのすけもいますが、元々、アビのすけは、ロシ子の遊び相手に迎えた子で、アビのすけは騒々しい子なので、アビのすけには申し訳なかったのですが、私の気持ちはロシ子ばかりでした。
      そんなロシ子がいなくなって、今でも本当に悲しくて、ロシ子に申し訳ない気持ちもあって、言葉に表せない気持ちです。
      多分、なさっておられるとは思いますが、るーちゃん、病気を持っているので、悪化していないかどうか、検査だけはしてあげて頂ければと思います。
      十分にかわいがっておられると思いますが、一層、大事にかわいがってあげて下さい。

      今は、アビのすけに救われています。
      アビのすけは遊びたい盛りなので、お友だちを迎えてあげようかとも思いましたが、愛情を分散させず、アビのすけだけを可愛がれよう、他の子は迎えずに、アビのすけと2人暮らしをする事に決めました。
      ロシ子の事は、本当に後悔が多いので、その気持ちがなくなることはないと思いますが、私の人生の最終段階で、私が死んだ後の引き取り手も考えた上で、最後、ロシ子に似たロシアンブルーの女の子と暮らしたいなと思っています。

      すいません。話が逸れましたが、我が家のアビのすけも、今も皮膚炎が何ヶ所もできていて、本当に心配しています。
      今までも心配はしていましたが、ロシ子が中心だったので、心配の度合いは少なかったですが、今は、ロシ子の事もあり、アビのすけには絶対に長生きして、悲惨な死に方だけはして欲しくないので、とても、とても、心配しています。
      アビのすけは頻尿の気もあるので、本当に心配しています。
      今は、私にべったりでいてくれるので、気が紛れて、本当に助かっています。
      これからは、アビのすけの事を溺愛して、全力で可愛がってあげようと思っています。

      ぜひ、猫ちゃんたちのこと、大事に、大事に、可愛がってあげてください。

      この度は、コメントを寄せて頂き、本当に有難うございます。

      返信
  2. ブルー

    ロシ子ちゃんの壮絶な最期を想像するだけど震えるほどです。目の当たりにされたパパさんにはとても辛い光景だったと思いますが、それでもロシ子ちゃんを看取ってあげられたことは良かったことだと思います。もし看取れてなかったら別の後悔でパパさんは今よりもっと辛い思いをされていると思います。苦しみの中でロシ子ちゃんが一人で逝かなくて本当に良かった、パパさんに看取られて、抱っこされて…きっとロシ子ちゃんは安心してると思います。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      ロシ子の最期は本当に可哀そうなものでしたが、今朝、ふと、私もロシ子の最期を看取れて良かったと思えました。
      もし、私の外出中に、ロシ子が苦しんだ表情を残しながら死んでしまっていたら、おっしゃる通り、私はもっと後悔していたと思います。
      先ほども、ランニングから帰って来てシャワーを浴びている時に、ふと、ロシ子が最後、酸素室から私に向かって出してくれって言ってる時の事が思い浮かび、お父さんの腕の中で死なせてって、ロシ子が言っていたのではないかという思うと、また涙が溢れてしまいました。
      ロシ子は本当に苦しみながら死んで行ったのですが、でも、おっしゃって頂く通り、私に抱っこされて死ねて、安心してくれたのではないかと思っています。
      今日は、3回くらい、涙が溢れてしまいました…、今も、このお返事を書きながら、ロシ子の事が頭に浮かんできて、涙が溢れてしまってます…、1ヶ月も経ってるのに、1日で4回もです…、情けないです…。
      本当に穏やかな子で、控えめな子で、私の事を大好きでいてくれて、かけがえのない子でした。

      ブルーさん、温かいお言葉、励ましのお言葉、本当に有難うございます。

      返信
  3. Yako.

    はじめまして
    ロシ子ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
    私はアビのすけ君のブログに度々訪問させていただいております。Yakoと申します。
    ロシ子ちゃんのことを今日知り驚き、はじめてコメントいたします。
    一か月ではまだまだ悲しみも癒えないことでしょうが、
    ゆっくりと折り合いをつけてゆく事ができますようにと願っております。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      Yako.さん、初めまして。この度は、ロシ子に温かい言葉をかけて頂き、有難うございます。

      ロシ子の事がショックで、アビのすけのブログはまったく更新できていません。
      ロシ子が亡くなった事を知って、お時間を割いていただき、わざわざコメントを下さり、感謝いたします。
      普段はかなりましになりましたが、ロシ子の写真を見ると、本当に可哀そうで、悲しみが溢れて来ます。
      ロシ子が我が家に来てくれてから7年半、ロシ子が本当にかわいくて、顔も性格もすべて理想で、常に私の生活の中心にいたので、本当に悲しくて仕方がありません。

      ロシ子の100カ日が開けたら、もう泣くのは止めて、気持ちを切り替えなければいけませんので、このロシ子のブログの中で、ロシ子アビのすけの事も報告しながら、ロシ子に語りかけながら、アビのすけの事も書いて行こうと思っています。
      今までずっと二番手で、ほったらかしにして来ましたが、そんな私に対して、アビのすけは傍にいてくれていますので、本当に助けられています。
      今まではロシ子ばかりで、アビのすけの事を真剣にかわいがった事がないので、これからは、ロシ子に許しを得ながら、アビのすけの事を全力で可愛がってあげようと思っています。

      Yako.さん、この度は、本当に有難うございます。感謝申します。

      返信
  4. ゆの

    主様お体大丈夫でしょうか?お酒を飲まないと寝られないと過去の記事にもありましたが、きっと私も同じ立場ならお酒に頼らざるを得ないだろうなと思いつつ、でもやはり誰かがその状態だと聞くと心配になります…ロシ子ちゃん、実際にお目にかかった事がないのでこうして写真で見てるとまだ主様の側に居るように感じます。主様は今はきっと誰にどんな慰めの言葉を貰っても愛する者を失った喪失感は計り知れないと思いますし、今はただただアビのすけ君の体調も悪化せず共に日々をゆっくり過ごして欲しいと願うばかりです。そして安楽死、難しい問題ですよね。賛否両論あるかと思いますがそれは日々お世話してきた飼い主さんが決めるのが1番ですよね。それがどんな結果でも愛猫の為だと思ってする事ならばそれが1番かと思います。私も愛猫が小さい頃から体が弱く日々通院と投薬なのでストレスかけてるだろうなと思いつつ、少しでも悪化を防ぐ為我慢してもらってます。しかしこれも飼い主のエゴだと言えばエゴなのかもしれませんが、寛げる我が家がある飼い猫の宿命なのかなとも思います。野良猫はどんなに痛みや苦しさがあれど誰にも看取られず旅立って行きますしね…それを思えば縁あってお家に来てくれた猫ちゃんが飼い主さんに手厚くお世話されるのは幸せな事なのかなと。と言ってもお世話した側はきっと後悔ばかりなんですけどね…そして主様がアビのすけ君を撫でててもロシ子ちゃんの事を考えてしまって申し訳無いとありましたが全然悪い事ではありませんよ。ロシ子ちゃんが旅立ってまだ日も浅いですし、沢山思い出して沢山泣いて良いと思います。それは決してアビのすけ君を大事にしてないなんて事にはならないですからね。語彙力がなく申し訳ありませんが、アビのすけ君にロシ子ちゃんとの思い出を話してあげながら過ごされても全然良いと思います。あんな事もあったね、こんな事もあったねって。そしてこうしてまたブログでロシ子ちゃんとの思い出を綴って下さい。勿論アビのすけ君との日々の話も聞かせて下さいね。ですが今はまだ日が浅いのでどうかブログも無理はせず、ゆっくりお過ごし下さい。長文失礼しました。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ゆのさん、コメントをくださいまして、有難うございます。

      はい、体は大丈夫ですが、心はなかなか回復しません。
      お酒は寝る30分前からしか飲まない様にしていますが、ロシ子の事を考えると、どんどんと量が増え、深酒になりつつありますので、朝も起きられなくなり、注意しなければと思っています。
      アビのすけは、ものすごく元気です。
      今まで、私の傍には常にロシ子がいて、アビのすけの事も可愛がってはいましたが、心はいつもロシ子にありました。
      今、アビのすけが我が家に来て5年も経って、初めて真剣に付き合い始めてる感じで、でも、アビのすけは本当に性格の良い子で、しかもおバカさんなので、いつも私を笑わせてくれています。

      おっしゃる通りで、世の中にはたくさん、悲しい死に方をしている人もいますし、苦しんで死んで行く猫もいますし、私たち人間は、殺された牛や豚、鳥たちの肉を食べて、その上で生活が成り立ってるんですもんね。
      しかし、牛や豚たちにも意思があると考えると、本当に、この世の中、何が正解なのか分からなくなってきます。

      まだまだ、頭の中にはロシ子がたくさんなので、私本位でアビのすけの事を可愛がってる状況ですが、時間が経つにつれて、ロシ子も私の心の生き続けてくれながら、アビのすけの事も心の底から可愛がれる日が来ると思っています。
      アビのすけは遊ぶのが大好きで、遊び相手になるお友だちをお迎えしてあげようとも考えましたが、ロシ子がいる頃は、ロシ子のストレスになるからと止めていました。
      今はお迎えできる状況にはなりましたが、やはり、誰も迎えず、アビのすけに100%の愛情を注いでいこうと思っています。

      お返事が支離滅裂になってしまいましたが、ゆのさん、温かいコメントを頂き、本当に有難うございます。深く感謝いたします。

      返信
  5. キティ

    ロシパパさん
    久しぶりに拝見したブログが悲しくて、すみません
    今日知りました
    我が家にもロシアンブルーの女の子がいるご縁から拝見しておりました

    自分、今月から新たな仕事開始して、なかなか余力なく、今朝拝見しました
    パパさん、お辛いですね
    私は、ロシ子ちゃんはパパさんやアビノスケくんと一緒に暮らせた事が、何よりも掛けがえのない日々だと思います

    楽しい思い出も辛い思い出も含めて、全てが宝ものだと思います
    どうかパパさん、心も身体も大切になさってください

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      キティさん、こんばんわ。コメントを下さいまして、有難うございます。

      前回、コメントを頂いた時は、ロシ子が酷い嘔吐をしてしまった時で、その時も心配して下さって、本当に有難うございます。
      思い返せば、その頃から、ロシ子の調子が一気に悪くなった感じで、それから3~4日後の6/24(水)には、片道10分ほどの動物病院への車中で酷い開口呼吸をしてしまい、一旦は収まったのですが、病院の受付待ちで20分ほど車を離れて戻ったら、またロシ子が酷い開口呼吸をしていて、慌てて診療前の動物病院にお願いをして、ロシ子を病院の酸素ハウスに入れてもらいました。
      帰りの車では、酸素ボンベをレンタルして戻って来たので、ロシ子は開口呼吸にならず、普通に帰って来れたので、私は安心して、落ち着いたのだとばかり思っていました。
      しかし、翌日の未明、ロシ子の酷い咳をして、朝方から本当に酷い状況になってしまい、濃度の高い酸素ハウス内でも酷い開口呼吸をし始め、全開で濃度を上げ、動物病院2件にも電話をして、安楽死の相談をしましたが、連れて行くにも呼吸が持たず、ロシ子が酸素ハウスから出たがったので、出したら死んでしまうのは明白でしたが、もう死なせてあげようと出してあげて、私の腕の中で呼吸ができなくなって絶命していきました。
      呼吸ができなくなるなんて、本当に悲惨でした。
      思い出すだけで、もう、私の心は張り裂けそうで、苦しんで死なせてしまった事に、ロシ子に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
      すいません。こんな事、書かないでも良いのに、ロシ子の事を考えると、本当に後悔ばかりで、すいません。
      一生、ロシ子の事を思って生きて行こうと思っています。

      キティさん、この度は、温かいお気持ちを有難うございました。お礼申します。

      返信
      1. キティ

        ロシパパさん
        おはようございます
        前回コメントさせて頂いた数日後に、まさかロシ子ちゃんが、旅立ってしまうなんて思いもしませんでした
        一番お辛いのは、パパさんなのに、6/24〜翌日未明の経緯を知り涙が出てが止まりませんでした

        ロシ子ちゃんのブログを拝見する事が、私の楽しみでもあり、時には体調はどうかなと心配でもありました
        パパさんがお忙しい中、献身的にロシ子ちゃんに尽くしているので、不調を抱えながらもロシ子ちゃんは幸せだなと思っておりました

        なので、こんなに早くロシ子ちゃんとのお別れが来てしまうとは私も悲しくてパパさんのお気持ちを思うと本当に胸が張り裂けそうになります

        パパさんはいつも一生懸命に尽くして来られましたよね
        他のもおっしゃっていましたが、ロシ子ちゃんはパパさんの温かい腕の中で最期を迎えて ひとりじゃなくて寂しい思いをせずに旅立ったと思います
         
        一ケ月が経過し、少しずつ前を向いているパパさんに辛い思いを思い出させてしまい、申し訳ありません

        健気に最期まで精一杯生きたロシ子ちゃんの事は、ずっと忘れません 
        ロシ子ちゃん、有難う 
        どうかパパさん、御自身を責めたり後悔したりせずにいらしてください

        少しずつ前を向いて、弟のアビのすけくんとの日常をお聞かせくださいね

        返信
        1. ロシ子パパ 投稿作成者

          キティさん、先日は、お返事を頂いており、有難うございます。

          毎日、ロシ子の写真を見ていますが、やっぱりロシ子はかわいいです。
          他に猫を飼った事はなく、アビのすけとしか比較はできませんが、ロシ子は本当に穏やかな子で、私の事を大好きでいてくれました。
          アビのすけも当然、可愛いのですが、アビのすけは人間が大好きで、遊ぶのが大好きで、誰にでも懐く愉快な男の子なのです。
          でも、ロシ子は繊細なロシアンブルーという猫種だからだと思いますが、本当に飼主に一途の子でした。
          手前味噌ですが、本当にかわいい顔をしていて、美人で、性格も良くて、こんなにかわいい子はいないと思っていました。
          ロシ子と一緒に生活をし始めた頃は、ここまでの気持ちになるとは思ってもいませんでした。
          私の人生の最晩年に、私が死んだ後の引き取り手も決めた上で、ロシ子の様なかわいいロシアンブルーの女の子とのんびりと暮らしたいな、などとも考えています。
          それまでは、アビのすけは長生きしてくれると思うので、全力でアビのすけをかわいがってあげようと思っています。

          キティさん、気を使わせてしまって申し訳ありません。
          そして、有難うございます。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です